5月23日放送 奥田良子さん(フルート奏者)

音楽大学でフルートを学び、将来を期待され、演奏家としての階段を着実に上っていく中、21歳の時、厚生省指定難病「クローン病」を発症した奥田さん。フルートの演奏家になる夢を目指す途中、自分に訪れた不幸を受け入れられず、演奏活動を断念し、未来が見えない不安に苦しみ、自分の殻に閉じこもり、ひきこもりの日々が続きました。
自分の病気を理解してもらうことが同病の人の生きる道に繋がると信じて、プロベーシストの夫・勝彦さんと音楽ユニットでは、全国各地をまわる中、一人では生きていけないこと、挫折と乗り越えた先にあるものを、フルート演奏を通して多くの人に伝えています。