8月10日放送 松田瑶平さん(大学生)

三重県に住む大学生の松田瑶平さんは、
パラリンピック正式種目の障害者スポーツの車いすテニスの練習に週4日も費やしています。
松田さんが車椅子の生活を送るようになったのは、いまから6年前。
野球に夢中だった中学生の時に交通事故に遭い、歩くことが出来なくなってしまいました。
何よりも大切だった野球が出来なくなったことで、これから自分が出来るスポーツを探していたところ、車椅子テニスに出会いました。
でも、実際に始めてみると、コートにボールさえ入りません。
自分がイメージしていた通りにはなかなかいきませんでしたが、練習を重ねることで、試合で勝つ喜びを覚えました。
そんな松田瑶平さんの「HOPE」希望とは・・・