10月5日放送 磯崎晃宏さん(ミュージシャン)

神奈川県厚木市にある福祉施設。
ここで一心不乱に画を描き続けているのが、磯崎晃宏さん。
知的障害を抱えながらも、作品作りは欠かせない日課です。
施設の中はもちろん、周辺の道路にも磯崎さんが描いた「とびだしちゅうい」など交通安全を呼びかけるイラストが看板となって立てかけられています。
そんな磯崎さんにはもう一つの顔が。
さまざまな障害を持った人たちを含む大所帯のロックバンド、「サルサガムテープ」のメンバーとしての顔です。
磯崎さんは、このバンドの結成当時からのオリジナルメンバーでパーカッションを担当しています。
その活動は今年で20年を迎えます。
バンドのCDジャケットも磯崎さんが手がけたもの。
画と音楽に囲まれながら毎日を過ごす磯崎さんの「HOPE 」希望とは。