11月9日放送 佐藤仙務さん(株)仙拓 代表取締役 

約10万人に1人の難病と言われる脊髄性筋萎縮症の佐藤仙務さん。
全身の筋肉が徐々に委縮し、自分で身体を動かくす事が出来なくなってしまう病を抱えています。
現在、左手の親指が数ミリ、右手の親指が1センチほどしか動きません。
わずかに動くその指でパソコンを起用に操作。
自らウェブサイトの制作会社を立ち上げ、社長も務めいています。
「障害者が働ける場所が無い状態の中、重度の障害者はさらに働く場所がないので、だったら自分たちで会社を興して仕事をしよう」と、18歳の時に、同じ病気の幼馴染みと会社を設立しました。
佐藤さんは顧客の窓口となる営業面を担っています。
一流企業の経営者から障害者雇用についての相談が来るほど、注目される存在になっています。
「子どものころから入院を繰り返しの生活で、自分はこのまま終わってしまうのでは・・・佐藤仙務という人間がこの世にいるってことを知ってもらいたい」
そんな佐藤さんのHOPE「希望とは」・