11月23日放送 各務珠実さん(車いすラグビープレイヤー)

四肢に障がいのある車いすの選手が行う、車いすラグビー。
車いす同士で、相手の攻撃や防御を阻止する激しいタックルが印象的なスポーツです。
そのため、練習も普段から容赦ありません。
そんな男性的な競技を唯一の女性プレーヤーとして活躍するのが各務珠美さん。
普段は企業の事務として働いています。
日焼けした健康的な肌に、笑顔が似合う各務さんですが、9年前の大きな事故で車いす生活を余儀なくされました。
運動会のムカデ競争の練習中に転んでしまい、頸椎を脱臼骨折。
首に大きな負担がかかり神経が切断、両足に麻痺が残りました。
事故から3年後、リハビリ中に友達からチームに誘われ、車いすラグビーに出会います。
「人の手を借りずに自分の力で取り組みたい」そう思うと、まずは運転免許を取得。
初めての練習も介護なしで一人で参加し、いきなりタックルされ、手加減なしの歓迎に、びっくりしながらも楽しみを覚えます。
そんな各務さんのHOPE「希望」とは・・・