1月4日放送 水野青衣さん(織物アーティスト)

愛知県に住む、織物アーティスト、水野青衣(みずのせい)さん。
機織りを始めたのは16歳の時。
お母さんと一緒に教室を訪れ、一目でその魅力に魅せられました。
ダウン症の青衣さん。
その誰にも真似できない作風は 〝さをり織り〟と呼ばれてます。
人それぞれの個性、差を、好きな色と糸で表現、織り込んでいくのです。
気分が乗れば1日に10メートル以上 織り上がることも。
青衣さんが織り、お母さんとそのお姉さんが服やバックに加工していきます。
その作品も増えてきて、個展が2年おきに開かれています。
今回の個展には、もうひとつ嬉しいことがありました。
今年90歳を迎えたおばあちゃんの絵手紙展を、一緒に開くことができたのです。
青衣さん念願の、共同展覧会が実現できました。
そんな水野青衣さんのHOPE「希望」とは・・・