3月1日放送 森川靖子さん(喫茶店オーナー)

名古屋市の住宅街で喫茶店を営む森川靖子さん。
ダウン症の森川さんは、中学生のころから喫茶店を開くことが夢でした。
学校を卒業後、看護助手として福祉施設で10年間働きましたが、お母さんが、森川さんの夢の実現のためにとサポートをして、去年6月にお店をオープンしました。
喫茶店「やっちゃんち」の朝は毎日の朝礼から始まり、森川さん自らオーダーをとって、飲み物を作り、お会計と全てを一人でこなします。
現在ではメニュー開発にも積極的に取り組んで、常連のお客さんも増えました。
そんな森川靖子さんの「HOPE」希望とは・・・