ドラマスペシャル「最上の命医2016」(主演・斎藤工)前作から引き続き池内博之、泉谷しげる出演決定!放送は2月10日(水)夜9時に決定!

2016.01.18
ドラマスペシャル「最上の命医2016」(主演・斎藤工)前作から引き続き池内博之、泉谷しげる出演決定!放送は2月10日(水)夜9時に決定!
テレビ東京系で2011年1月クールに放送しました連続ドラマ「最上の命医」の特別編、ドラマスペシャル「最上の命医2016」に、前作から引き続き、桐生危(あやめ)役の池内博之、神道護役の泉谷しげるの出演が決定しました。
池内博之演じる桐生危は、前作で西條命(斎藤工)が勤務した平聖中央病院の小児外科医で、命の良き理解者であり、ライバル。5年ぶりに再会する二人の関係にも注目です。
一方、泉谷しげる演じる神道護は、先天的な心臓疾患を抱えて生まれた命を、神業ともいえる手術で救った、命のいのちの恩人。命が医師として目標に掲げる存在でもあります。師として、また親代わりとして、命に語る温かい言葉にもご注目ください。
また、今作の放送が、2月10日(水)夜9時~11時08分に決定しました。
ご紹介のほど、何卒よろしくお願いいたします。

また、続編放送を希望する多くの声が寄せられ、続編放送決定の際には、斎藤工が感謝の気持ちを表すべく、<西條命/斎藤工>としてメッセージを掲載した、前作の公式掲示板には、その一報を受けて、喜びの声がたくさん届いていますことを、ご報告させていただきます。
連続ドラマ「最上の命医」HP掲示板(http://www.tv-tokyo.co.jp/meii/bbs/

「最上の命医」は、“無限の樹形図”=子供のいのちを救うことはたくさんの未来を救うこと…そんな信念を持つ若き小児外科医・西條命が、子供たちを救うために挑む姿とその奇跡を描く、本格医療ドラマです。是非ご期待ください。


<今回発表の人物紹介>
桐生危(あやめ)(平聖中央病院・小児外科部長)…池内博之
命と同じく、アメリカで医師免許を取得した優秀な医者。
皮肉屋で偽悪的な言葉を吐くが、患者に対する思いやり、
医療への情熱と正義感は命にも負けない。
命の良き理解者であり、ライバル。

神道護(神道医院・命の恩人)…泉谷しげる
かつては大学病院の優秀な小児外科医。
先天的な心臓疾患を抱えて生まれた命を、神業ともいえる手術で救った。
今は町の開業医で、幼子を抱える地域の母親たちに頼られている。

<プロデューサーコメント テレビ東京ドラマ制作部 浅野太>
池内さんと泉谷さんが、再びこのドラマの“屋台骨”となり深みを与えてくれました。“消えかけた小さな生命”に命がけで向き合うことをテーマにしたこの作品とって、欠かせない2人が桐生危と神道護です。小児外科医としての“覚悟”と“技術”を持ち合わせた、命の同志とも言える2人が、死の淵から生還して再び“生命の現場”に立つ命に、今度はどんな言葉をかけるのか? ぜひ注目してください。

<発表済みの人物紹介>
西條命(みこと)(小児外科医)…斎藤工
アメリカで医師免許を取り、MSA(最優秀若手医師賞)を受賞した
小児外科医。
5年前に肝臓癌からの多発的転移で手の施しようのない状態に陥るが、
アメリカで最先端医療の治験者となり、奇跡的に生命をつなぐ事ができた。
再発の可能性を抱えながら、日本に帰国する。
患者を救うためならリスクを顧みず困難な手術に挑むが、
いつも飄々として優しく天真爛漫。

織田玲子(慶良総合病院・小児科医)…斉藤由貴
慶良総合病院の小児科医。
3年前のある出来事がきっかけで、外科から小児科へ異動してきた
過去がある。
極端にリスクを嫌い、業務を機械的にこなす日々を送っている。

三好政安(慶良総合病院・小児科医)…上地雄輔
慶良総合病院の小児科医。
多忙なうえに、訴訟などの問題が起きやすい小児科の仕事に疲弊している。
医者の家系で、出世第一主義。

美咲しおり(慶良総合病院・研修医)…南沢奈央
慶良総合病院の研修医。真面目でしっかり者。
小児科医を夢見て医者を志したが、あまりの激務に心が折れがち。

北条千影(慶良総合病院・院長)…船越英一郎
慶良総合病院の院長。命を小児科の臨時職員に採用した張本人。
堅実な病院運営を信念としている。

<あらすじ>
 西條命(斎藤工)は、アメリカの最優秀若手医師賞を受賞するほどの技術を持ち、患者を救うためにはリスクを顧みず困難な手術に挑む天才小児外科医。5年前に肝臓癌からの多発的転移で手の施しようのない状態に陥るが、アメリカで最先端医療の治験者となり、奇跡的に生命をつなぐ事ができた。
5年ぶりに帰国した命は、空港からリムジンバスで移動中、車の衝突事故に遭遇。救出活動中に知り合った小児科医・三好政安(上地雄輔)が勤務する慶良総合病院が、小児科医不足であることを知り、臨時職員として働くことに。ある日、政安がぜんそくと診断した女児・杉田沙紀(足立雅)と出会う。一向に咳が止まらず、母親の恵理子(阿南敦子)は不安を感じていた。症状に違和感を覚えた命は、胸の音からぜんそくとは違う症状に気づき、腫瘍を発見する。だが政安には「人の患者に口出しするな」と一蹴され、様子を見ていた小児科医の織田玲子(斉藤由貴)からは、おせっかいは止めるよう忠告される。玲子はある事件で外科から小児科へ異動していた過去があり、極端にリスクを嫌うようになっていた。
 沙紀は手術をすることになり、執刀医の三好永逸(大河内浩)は生まれつきの腫瘍と見立てた手術を行なう。急用で沙紀に付き添えなくなった恵理子の思いを聞いた命は、手術に立ち会うことにするが、実はこの腫瘍にある疑念を抱いていて…。
 一方、心の傷を抱えながら医師を続けてきた玲子は、海外赴任する恋人の武井剛司(飯田基祐)からプロポーズを受け、心が揺れる。医師を続けるか、それとも…。
ある日、政安の甥・久輔(須田瑛斗)の肝臓から、寄生虫の多嚢胞エキノコックスが見つかる。しかも嚢胞が多すぎて手の施しようがない状態…。政安は命とともに奔走。世界でも前例がないある治療法を思いつき、院長の北条千影(船越英一郎)に許可を求めるが…。
子供のいのちを救うことは、たくさんの未来を救うこと…。“無限の樹形図”への想いを胸に、命は小さな生命に次々と“奇跡”を起こしていく…!

【番組概要】
タイトル:ドラマスペシャル「最上の命医2016」
放送日時:2016年2月10日(水)夜9時~11時08分 テレビ東京系列で放送
(テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送)
出演者:斎藤工 斉藤由貴 上地雄輔 南沢奈央
池内博之 泉谷しげる 船越英一郎
原作:「最上の命医」「最上の明医 ~ザ・キング・オブ・ニート~」
入江謙三 橋口たかし
(小学館・週刊少年サンデーコミックス)
脚本:岩村匡子
音楽:遠藤浩二
監督:麻生 学
チーフプロデューサー:中川順平(テレビ東京)
プロデューサー:浅野 太(テレビ東京) 佐藤 毅(東宝映画) 神戸 明(東宝映画)
制作協力:東宝映画
製作:テレビ東京 東宝株式会社
「最上の命医2016」番組HP: http://www.tv-tokyo.co.jp/meii2016/
「最上の命医」番組HP: http://www.tv-tokyo.co.jp/meii/