「住みたい街=吉祥寺」に幻想を抱く人々…リアルな情報満載の新感覚・街ブラお引越しドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」

2016.09.06
「住みたい街=吉祥寺」に幻想を抱く人々…リアルな情報満載の新感覚・街ブラお引越しドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」

10月14日(金)より、リアルな情報満載の新感覚・街ブラお引越しドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」を深夜0時52分から放送いたします。

原作は、発行部数100万部を突破し映像化もされた大ヒット作「いつかティファニーで朝食を」を生み出し、女性から圧倒的人気を誇る漫画家・マキヒロチの描く同名コミック。

「住みたい街№1=吉祥寺」を舞台に、さまざまな悩みを抱えた登場人物の「引っ越し」を通して、東京にある街の知られざる魅力を描きます。


主人公である、「重田不動産」を切り盛りする巨漢の双子姉妹“重田ツインズ”を演じるのは、カナダ・ファンタジア国際映画祭で最優秀女優賞も受賞した「森三中」の大島美幸と、昨年の「M-1グランプリ」決勝進出をきっかけに大ブレークを果たし、今もっとも勢いに乗る若手コンビ「メイプル超合金」の安藤なつ。

女芸人の中で女優としてもその高い演技力を評価される二人が、不動産屋に来店する客たちを翻弄しながら、彼女たちの成長をあたたかく見守っていきます。また、街の魅力をリアルに伝えるためにドラマで内見する部屋は、実際に存在する家。“重田ツインズ”と訪れる街の店も、もちろん実在のお店。そして、ツインズと不動産屋の客が街角で触れ合うのも、実際にその街に暮らす人々!

重田不動産にやってくる客が抱えているのは、仕事や恋といった我々も日々悩んでいる出来事ばかり。そんな少し人生に疲れた人々を、重田姉妹はその体同様大きなハートとユーモアで受けとめます。彼女たちが案内する名前すら知らなかった街や人とのふれあいを通じ、人々の悩みは徐々にリセットされていく…。そして新たな街で、新たな人生の第一歩を踏み出すのです。

ランキングに縛られない、人に寄り添った街選びと悩み多き人々の背中をそっと後押しする、ありきたりな街ブラ番組や不動産紹介番組とは一線を画した、全く新しいお引越ドラマです。他、共演者、各回ゲストついては、近日中に発表させていただきます。


【重田富子役・大島美幸(森三中)コメント】

前から安藤なつちゃんを見て、他人とは思えませんでした。
まさか双子の役をいただけるとは!秋の夜長にみなさまにホッとしていただけるようなドラマになるよう、なつちゃん、スタッフさんと力を合わせて頑張りたいと思います!
個人的にはいろいろな街の美味しいグルメをいただくのが楽しみです!


【重田都子役・安藤なつ(メイプル超合金)コメント】

どうも、双子の妹「富子」と正反対で陰担当の姉「都子」です。
自分の感情をうまく表に出せませんが情に熱いタイプではあります。今回「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」がドラマ化するにあたり、メイプル超合金の安藤なつさんというかたが私の役をやられるそうです。見た目、性格が似ているそうなのできっちり頑張っていただきたいです。
それでは安藤なつさん、一言どうぞ。
「大先輩の森三中大島さんの胸を借り、一生懸命頑張ります。」


【プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京)コメント】

皆さんは悩み、傷ついたとき、自分と決別し人生をリセットしたいと思ったことはありませんか。この作品の舞台となる重田不動産を訪れる客は、みんな我々と同じような悩みを抱える女性たちです。彼女たちの言動をさりげなく観察し、重田姉妹は新たな人生を歩むのを後押しする街を紹介します。

その姿はさながら、悩める人々を導く天使のよう。太った対照的な双子の真剣なやりとりははたから見ているとどこか可笑しく、安らぎを覚えます。

悩める客たちは姉妹に知らない街を案内され、今までに自分が会ったことのない人、食、空気にふれることで、自分でも忘れていた心の奥底にある正直な気持ちに自然と向き合っていきます。

そんな彼女達もまた迷っています。人に家を紹介しながら自分達の今後の人生にかんしては決めかねている。『銀河鉄道999』の車掌さんのようにも見えます。

そんな彼女たちも様々な悩みを抱えるお客さんたちと出会いを通じて少しずつ色々なことに気づいていきます。みんな、悩んでいるんです。

原作『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』は様々な街の魅力をポップに紹介しながら実は見知らぬ土地の人々とのふれあいやその土地に根付くストーリーを通じ、「生きるってまんざらでもないかもしれない」と我々に思わせてくれる、本当に奥の深いかけがえのない作品です。

その作品の楽しさや原作者の想いを、映像という違うメディアでどう表現するか。わくわくするとともに、身が引き締まる思いです。でも僕はこの番組をご覧になったすべての女性が、「フッと気持ちが軽くなった」、「自分も知らない街に行ってみようかな…」と思っていただける作品にしたいと思っています。そして番組が終わってもどこかで、「映像の中の重田姉妹にもたまには会いたいな」と少しでも思っていただけたらいいなと思っています。


「人には人の数だけ生活の仕方がある」(原作 第3巻より)


【あらすじ】

“住みたい街ナンバーワン”に何度も輝いた人気の街、吉祥寺。

そんな吉祥寺に古くから居を構える1軒の不動産屋、重田不動産。「住みたい街=吉祥寺」に幻想を抱く人々が、今日もこの不動産屋を訪れる。だが、家賃は高い、狭い、駅から遠いなど、条件に見合う物件は吉祥寺になかなかない…。はたして吉祥寺だけがそんなにいい街なのだろうか?

東京に数多ある街、ランキングには決して載ることのない、住みたい街がきっとどこかにあるはず。そして、重田不動産を営む双子の重田姉妹(ツインズ)は、なぜか吉祥寺以外の街ばかり提案する。いぶかしむ客たち…。しかし、重田ツインズに案内されながら、いつしか、吉祥寺から離れたその街に魅かれ、自分だけの帰ってきたい街をみつけ、引越しを決めるのだった…。

悩める人々の背中をそっと後押しする唯一無二の不動産屋「重田不動産」の物語が始まります。


【番組概要】
番組名:「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」
放送日:2016年10月14日スタート 毎週金曜深夜0時52分~1時23分
出演:大島美幸(森三中)、安藤なつ(メイプル超合金) 他
原作:「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」作・マキヒロチ(講談社)
脚本:山田あかね(映画「すべては海にある」「犬に名前をつける日」原作・脚本・演出、テレビ「すいか(NTV)」「時効警察(EX)」 他)
監督:菅井祐介(「植物男子ベランダー」演出)、望月一扶(「植物男子ベランダー」シリーズ 脚本・演出、「星新一ショートショート」演出*※国際エミー賞受賞) 、ペヤンヌマキ(NHK「祝女」、舞台「お母さんが一緒」*岸田國士戯曲賞ノミネート)
制作:テレビ東京/テレコムスタッフ
製作著作:「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」製作委員会
同時放送:テレビ東京、テレビ大阪
番組公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/kichijoji/

関連タグ