原作者・真山仁が裁判長役で出演!テレビドラマ初挑戦!「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」

2016.09.09
原作者・真山仁が裁判長役で出演!テレビドラマ初挑戦!「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」

テレビ東京で、2016年10月5日(水)夜9時から放送いたします、ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」。

玉木宏演じる主人公の気鋭の検事・冨永真一を法廷で見守る裁判長役で、原作者の真山仁が出演することが決定いたしました。真山仁がテレビドラマに出演するのは初となります。

冨永が、東京地検特捜部に抜擢されるきっかけとなった、世間が注目する幼児誘拐事件裁判の裁判長という不可欠なシーンでの登場です。どうぞお見逃しなく。


◆真山仁 コメント

自分のミスで流れを止めてはならないと、ドラマに入ろうと必死でした。しかも、緊迫した裁判のクライマックス。台詞は一言なのですが、そこまでが辛くて・・・。その一方で、裁判官の気分を体感できたことで、裁判官を主人公にして小説が書けるかもなどと不遜なことも思っておりました。

◆プロデューサー 田淵俊彦(テレビ東京 編成局 ドラマ制作部)コメント
真山さんの原作はとにかくスケールがでかい。それだけになかなかドラマ化するのが困難と言われている。もともと真山作品のファンであった私も、この原作『売国』を読んだ時はぶったまげた。しかし、今回はその定説に挑戦した。真山作品がテレビドラマ化されるのは民放初の試みだ。原作者からすれば、「本当にこの大切な原作をちゃんと映像化してくれるのだろうか・・・」という不安もあったに違いない。何度も真山さんとのブレーンストーミングやディスカッションを重ねることで、ドラマ化の許諾を頂くことが出来た。いわば、私たちに下駄を預けてくれたわけだ。

そして最終的にドラマへの出演依頼も快諾して頂いた。これは私たちを信頼し、このドラマの出来を信用してくださったことの表れだと私は感じた。一段と気が引き締まる思いがした。

その思いに応えるべく、原作に恥じない映像化を全うする・・・そういう気概と覚悟でスタッフ一同、臨んだ。その結果を視聴者の方々、真山さんの愛読者の方々にテレビを通して確認してほしい。自信をもってお送りする。

【番組概要】
番組名:六本木3丁目移転プロジェクト ドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」
原作:真山仁『売国』 (文春文庫刊)
放送日:2016年10月5日(水)夜9時~夜11時08分
主演:玉木宏
監督:若松節朗 (映画「沈まぬ太陽」、「救命病棟24時」、「やまとなでしこ」)
脚本:金子ありさ (「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」、「花燃ゆ」)
プロデューサー:田淵俊彦(テレビ東京) 藤尾隆(テレパック) 石井満梨奈(テレパック)
制作協力:テレパック
製作著作:テレビ東京
同時放送:テレビ大阪・テレビ愛知・テレビせとうち・テレビ北海道・TVQ九州放送(予定)
番組公式HP:http://www.tv-tokyo.co.jp/kyoaku/