太川陽介&蛭子能収が再びゆったり房総旅へ!今度はマドンナ・さとう珠緒も登場!?「いい旅・夢気分スペシャル」

2017.03.25
    太川陽介&蛭子能収が再びゆったり房総旅へ!今度はマドンナ・さとう珠緒も登場!?「いい旅・夢気分スペシャル」
    前回(2017年1月28日放送)で、「路線バス乗り継ぎ」ではなく、ゆったり温泉三昧の「いい旅」を楽しんだ太川陽介&蛭子能収の2人が、このほど再び「いい旅・夢気分スペシャル」(4月1日・土曜 夜6時30分 テレビ東京ほか)に登場することが決定!
    今度は春の房総半島を巡ります。

    さらに今回は、2013年に「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で、山形県の米沢から青森県の大間崎を目指して一緒に旅をした、マドンナ・さとう珠緒も飛び入り参加!
    3人で路線バス旅も振り返りながら、花摘みやイチゴ狩りなど、この時期、魅力が満載な房総半島をご紹介します!

    【番組内容】
    今回は、夫婦・友人、名コンビなど、今までお世話になった方への孝行旅行をテーマに送る「いい旅・夢気分スペシャル」。
    25回の旅で苦楽を共にした「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の卒業から3か月。
    前回、箱根~伊豆のゆったり温泉旅を満喫した、太川陽介&蛭子能収が再び「いい旅」を求めて、春の房総半島へ。
    内房総の姉ヶ崎を出発して、バスで五井駅へ。さらにローカル線の小湊鐵道に乗り換えて終点を目指します。

    鉄道に乗り換えると聞くと、「えっ、鉄道?」と聞き返す蛭子。
    すかさず太川が「バスで行きたい?乗り継ごうか?」と提案すると、慌てて「鉄道で行きましょう。バス旅は忘れましょう。」と制止し、「鉄道の旅だよ、これからは。」(蛭子)と自分に言い聞かせるような一幕も。
    五井駅を出発して途中乗車してきたのは、路線バスの旅 第15弾で共に旅をしたマドンナ・さとう珠緒!
    3人での旅はおよそ4年ぶり、ということで思い出話に花を咲かせます。
    終点で下車して向かったのは、さとう珠緒たっての希望で、千葉の神秘的なスポットとして話題の「濃溝の滝」。
    遊歩道を歩いた先に見えてきた自然が織りなす絶景とは!?

    そして、春の房総と言えば「花摘み」!
    色とりどりの花が咲き乱れる花畑で、「私をイメージしたかわいいお花を摘んでください!」という、さとう珠緒のオーダーに、2人が真剣勝負!
    果たして結果は!?さらに今の時期ならではのイチゴ狩りも満喫します。

    夜は、宿の露天風呂で癒されながら「(バス旅が)始まった頃は2人とも腰に湿布貼って寝ていたよね。」(太川)と思い出話が尽きない2人の旅。
    今回も絶景と美味と温泉を心ゆくまで楽しみながら、春の房総の魅力をたっぷりお伝えします。
    そのほか、青山学院大学陸上部・原晋監督夫妻の箱根路の旅、遼河はるひと高橋真麻の熱海~修善寺の旅、新田恵利と生稲晃子の日光の旅もご紹介します。

    【番組概要】
    タイトル:土曜スペシャル「いい旅・夢気分スペシャル」
    放送日時:4月1日(土)夜6時30分~8時54分
    放送局:テレビ東京、テレビ愛知、テレビせとうち
    旅人・旅先:
    太川陽介&蛭子能収&さとう珠緒(房総半島)
    青山学院大学 陸上競技部監督 原晋夫妻(小田原~箱根湯本~強羅~芦ノ湖)
    遼河はるひ&高橋真麻(熱海~修善寺)
    新田恵利&生稲晃子(日光)
    ナレーター:宮崎美子

    番組内容:
    <小田原~箱根湯本~強羅~芦ノ湖>を巡る旅は…
    「東京箱根間往復大学駅伝競走」で3連覇中の青山学院大学陸上部・原晋監督は、奥様への感謝と慰労の気持ちを込めて、夫婦水入らずで春の箱根路の旅へ。
    小田原城からスタートし、箱根湯本から路線バスで向かったのは、駅伝で馴染みの深いルート。
    思い出の地を通りながら今だから話すことのできるエピソードとは!?

    そして強羅で昨年12月にオープンしたばかりの宿で日本の旬を愉しむ料理に舌鼓を打つ。
    翌日は、大涌谷を観光し、遊覧船で芦ノ湖へ。湖畔でこの春おススメのスイーツを楽しみながら、旅を振り返る。

    ■「土曜スペシャル」番組公式HP

    http://www.tv-tokyo.co.jp/sat/