正義の味方か、悪魔の手先か…テレビ東京×Netflixが贈る仁義なきフィルムノワール『スモーキング』4月19日(木)スタート!

2018.03.26
    正義の味方か、悪魔の手先か…テレビ東京×Netflixが贈る仁義なきフィルムノワール『スモーキング』4月19日(木)スタート!
    2017年4月からOA中の木曜深夜ドラマ枠「木ドラ 25」。米大手動画配信サービス Netflixと強力タッグを組み、「100万円の女たち」をはじめ革新的な連続ドラマを発信してきました。

    第5弾となる 4月期の放送作品は「スモーキング」。
    原作は、2013年ヤングマガジン第1号からシリーズ連載となった「D.B.S ダーティー・ビジネス・シークレット」でデビューした岩城宏士の「スモーキング」。

    暗殺した人間の刺青をあざやかな手さばきで剝ぎ、依頼者にホルマリン漬けにして届ける剝ぎ師の佐辺。
    相手を瞬時につぶす怪力の持ち主で元地下格闘家、潰師のゴロ。
    重火器から廃棄弁当まであらゆるものを調達する物足師の八丁、薬品調合のエキスパート、薬罪師のヒフミンの4人からなる暗殺集団“スモーキング”が、公園でホームレスに身をやつしながら、法や国家権力では裁けない人間の皮をかぶった悪魔、外道を容赦なく葬り去る物語です。

    Netflix では、2018年7月27日に全世界全話一挙配信予定です。(※先行配信はありません。)
    BSジャパンでの放送も決定しています。

    それぞれに心に傷を負った4人のアウトロー。
    彼らが“殺し屋一家”という煙のようにはかない疑似家族を形成し、悪を裁く営みを通じてそれぞれのトラウマを克服していく物語。

    スモーキング4人衆
    【役柄&コメント紹介】


    ■佐辺重蔵(通称:佐辺ジィ)役 石橋凌
    ターゲットの体から入墨の皮を剝がす“剝ぎ師(はぎし)”。
    メス1本で綺麗に切り取る技術を持つ。

    依頼を受けた際には、ターゲットを殺した証拠としてこの世にふたつとない“入れ墨の皮”を剝ぎ、 ホルマリン漬けにして届けるのが“スモーキング”の流儀。

    “スモーキング”のリーダーであると同時に他の3人を誘い、この集団を結成した張本人。彼の過去、そして目的とは…?

    《石橋凌 コメント》
    これは闇の世界に生きる男たちの話である。女・子供には絶対に手を出さない、バイオレンス溢れる究極のハード・ボイルド、ジャポネ・ノワールだ。

    正義の怖さ、痛さ、非情さが、観てる人々の勇気・力・未来へと繋がっていくことを願いつつ、我々スモーキングは、悪党どもの化けの皮を静かに一枚、又、確実に一枚、剝ぎ取り、葬り去ってゆく。

    どうぞ、ご期待下さい。

    ≪石橋凌≫
    1956年7月20日生まれ、福岡県出身。1978年、伝説的ロックバンド A.R.B.のヴォーカリストとしてデビュー。2006年に解散し、2011年からソロで音楽活動を再開。並行して、俳優としても映画やドラマに数多く出演。三池崇史監督や北野武監督作品、ハリウッド作品にも出演している。アメリカの映画俳優組合、SAG(Screen Actors’ Guild)の正式メンバーでもある。テレビ東京では今作が初主演となる。

    八丁役 金子ノブアキ
    重火器から廃棄弁当まであらゆるものを調達する達人、“物足師(ぶったし)”。
    元カタギ。ある理由があって“スモーキング”に参加。

    《金子ノブアキ コメント》
    素晴らしい現場に呼んで頂けて本当に嬉しいです。
    登場人物達のチーム感を大切に、物語の厚みを増す戦力になるべく尽くします。宜しくお願いします!

    ≪金子ノブアキ≫
    1981年東京生まれ。ミュージシャン、俳優。RIZEのドラマーで現在はソロ活動も行う。
    主な出演作:「新宿スワン」シリーズ、「白ゆき姫殺人事件」、「東京無国籍女」など。
    齊藤工が監督を務めた映画「blank13」の音楽監督の他、舞台音楽、アートの個展内音楽の制作など、ドラマーの枠を超えてジャンルレスに活躍中。

    ■ゴロ役 丸山智己
    素手で悪党たちを潰しまくる“潰師(つぶし)”。
    地下格闘技の元チャンピオン。
    元アウトローで闇の過去を持つ。

    《丸山智己 コメント》
    このとんでもなくエッジの利いた作品に参加できること、凌さん率いるこのメンバーで一緒にやれることが最高に嬉しいです。強面でよかった。テレ東深夜&Netflix だからこそできる凄みのある作品になることでしょう!ワクワクしかありません!

    ≪丸山智己≫
    1975年3月27日生まれ、長野県出身。モデルとして雑誌やショーで活躍後、2005年映画「NANA」のヤス役で一躍注目を集める。それ以降映画やドラマ、CM でも活躍している。現在、フジテレビ ONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作の連続ドラマ「記憶」が放送中。

    ■ヒフミン役 吉村界人
    薬罪師(やくざいし)。暗殺のための劇薬から治療のための生薬までありとあらゆる薬を作る。
    幼少時に負った壮絶なトラウマから言葉を発することができない。

    《吉村界人 コメント》
    出演が決まった時、純粋に嬉しかったです。楽な芝居なんて一つとしてないですが、今作の自分の役は、一筋縄ではいかないことに緊張もしています。先輩俳優たちの中で恐れることなく、与えられた持ち場を全うすると共にこのヒフミンという役を愛し、自分という人間を証明したいです。

    とにかく真剣にこの激しく孤独な世界に飛び込みたいと思います。

    ≪吉村界人≫
    1993年2月2日生まれ、東京都出身。2014年、「ポルトレ -PORTRAIT-」で映画主演デビュー。以降、数々の映画やTVドラマ、CM等に出演。また、独特な雰囲気と圧倒的な存在感でファッション業界でも注目を集めている。今年は映画「サラバ静寂」、「悪魔」、ドラマ「配信ボーイ 〜ボクが YouTuber になった理由〜」(dTV にて 3月24日から 7日間連続配信)において立て続けに主演を務め、5月からは映画「モリのいる場所」の公開を控えている。

    【ストーリー】
    “剝ぎ師”の佐辺ジィ、“潰師”のゴロ、“物足師”の八丁、“薬罪師”のヒフミン。
    この 4 人の暗殺集団“スモーキング”は、公園でホームレスに身をやつしながら、法や国家権力では裁けない人間の皮をかぶった悪魔、外道を容赦なく始末している。
    “スモーキング”の流儀はターゲットにされた者の入れ墨を依頼人の元に届けること。
    それぞれに心に傷を負った 4 人のアウトローが“殺し屋”という煙のようにはかない疑似家族を形成し、悪を裁く営みを通じてそれぞれのトラウマを克服していく物語である。

    【番組概要】
    番組名:木ドラ 25「スモーキング」
    放送日時:2018年4月19日スタート
    毎週木曜深夜1時~1時30分
    BS ジャパン放送日時:2018年4月24日スタート
    毎週火曜深夜 0時~0時30分
    Netflix 配信:2018年7月27日全世界全話一挙配信予定
    出演:石橋凌、金子ノブアキ、丸山智己、吉村界人
    原作/岩城宏士「スモーキング」(講談社ヤンマガ KC 刊)
    脚本:
    根本ノンジ (「銀と金」「居酒屋ふじ」)
    粟島瑞丸 (「居酒屋ふじ」「オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~」)
    守口悠介 (「代償」「相棒シリーズ」)
    監督:
    権野元 (「相棒シリーズ」「デットストックー未知への挑戦ー」)
    元木隆史 (「ガチバンシリーズ」「闇金ドッグスシリーズ」)
    チーフプロデューサー:大和健太郎
    プロデューサー:五箇公貴、向井達矢、平体雄二
    共同プロデューサー:坂本和隆
    コンテンツプロデューサー:鎌仲佑允
    In association with Netflix
    制作:テレビ東京/ラインバック
    製作著作:「スモーキング」製作委員会
    【番組公式 HP】http://www.tv-tokyo.co.jp/smoking/
    【Twitter】@tx_smoking https://twitter.com/tx_smoking

    関連タグ