2週にわたって壮絶な「男女の愛憎劇」をお送りします!第4話・第5話のゲスト出演者解禁!ドラマBiz「ハラスメントゲーム」

2018.10.29
2週にわたって壮絶な「男女の愛憎劇」をお送りします!第4話・第5話のゲスト出演者解禁!ドラマBiz「ハラスメントゲーム」
テレビ東京で毎週月曜夜10時~放送中の、唐沢寿明主演のテレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz「ハラスメントゲーム」は、主演の唐沢が、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」のコンプライアンス室長・秋津渉役を演じ、様々なハラスメントに真っ向から挑みます。

レギュラーキャスト陣には、広瀬アリス古川雄輝市川由衣滝藤賢一石野真子佐野史郎髙嶋政宏を迎え、毎話様々な豪華ゲストが登場する中、この度第四話・第五話の実力派ゲストが決定致しました。

第四話で、マルオーホールディングス本社・女性初の店舗開発部長・貴島秀美役を演じるのは、凛とした表情と変わらぬ美貌、そして女優として確かな演技力を持つ、黒谷友香。貴島と同期入社で店舗開発部次長の岩熊義雄役を演じるのは、個性的なキャラクターで印象を残す実力派俳優、山中崇

第五話で広報課課長・結城三郎役を演じるのは、数々の映画やドラマで抜群の演技力を見せつける、八嶋智人。広報課社員で結城の部下・関根かすみ役を、女優・タレントとしても活躍し益々魅力が増している、岡本玲が演じます。

今回の実力派ゲスト陣は、ハラスメント問題とどう絡んでいくのか!本日、夜10時より第3話が放送致します!ぜひご期待ください!

<プロデューサー・コメント>
■テレビ東京制作局ドラマ制作部 田淵俊彦プロデューサー コメント
ジェンダー問題・・・私たちは小さい頃から「男のくせに泣くな!」とか「女の子なんだからおとなしくしなさい」とか言われてきた。しかし、今はこういった発言も禁句である。「ハラスメントゲーム」4話・5話ではこのジェンダー問題に注目してみた。

4話は「女の出世VS男の嫉妬」と題して「モラハラ」を取り上げる。そして5話は「社内恋愛のススメ」というテーマで「飲みハラ」を取り上げる。どちらも「異性間の問題」に焦点を当てた、まさに「今」話題のドラマである。

そして毎回のゲスト出演者は、「エッジの効いたカップリング」にこだわったキャスティングを心掛けた。
4話は同期の男女ということで、黒谷友香さん山中崇さんという心の内面を表現するのがうまい俳優さんにお願いした。

本来であれば「出世」は男の生きざまの一つであっただろうし、「嫉妬」は女性のイメージだったかもしれないからだ。結果、その感情のクロスを表現したかった。様々な思惑と策略が渦巻くとてもスリリングなドラマに仕上がった。

5話は上司と部下の男女ということで、八嶋智人さんと岡本玲さんというとても多彩な表現力を誇るお二人にお願いした。シリアスな人間ドラマの中にコミカルさやおかしみを織り込みたかったからだ。セクハラを恐れ、社内恋愛がやりにくい時代の今、好きになってしまった男女の感情の行き場はどこにあるのか。

さらにそれが上司と部下の関係だとどうなるのか。脚本家の井上由美子さんとはそんな話の発端からストーリーを編み出していった。
秋の夜長に、「男と女の愛憎劇」を2週続けて楽しみにご覧頂きたい。

ハラスメント、それはあなたの会社の
“アキレス腱”だ!


「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」…連日、テレビやネットで取り上げられる「ハラスメント」事件。会社で働く人だけでなく、全ての人が悩み苦しんでいるタイムリーかつセンシティブなテーマを真っ向から描いてゆく。

唐沢演じる主人公・秋津(あきつ)渉(わたる)は、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山支店長。ある事情から左遷され、家族で地方に移り住んでいた。しかし、ある日、コンプライアンス室長として本社に呼び戻される。そこには、社長や取締役たちのある思惑が隠されていた……。

社内に起こる様々なハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決してゆく主人公と仲間たちの活躍はまさに痛快!一話完結シリーズとして描いていきます。

人間の業や欲が産み出す、様々なハラスメントに真っ向から挑む、
痛快ヒューマンエンターテインメントに是非ご期待ください!


本日、夜10時からは第3話放送!
ご期待ください!


<内容紹介>
■第3話(今夜10時から)
「イクメンパパの裏の顔」 ゲスト:斎藤工


高村真琴(広瀬アリス)の先輩で商品開発部の徳永悠馬(斎藤工)が、パタニティーハラスメントを受けていると訴えてきた。育児のために労働時間を短縮できるイクメン時短を利用しているが、そのことで嫌がらせを受けているという。

だが部長も他の部員も徳永の融通の利かない態度に不満を漏らし、同情する者はいなかった。そこで秋津渉(唐沢寿明)は異動を薦めようとするが、次第にこれがただのパタハラではないことに気づき…。


■第4話(11月5日(月)放送)
「女の出世VS男の嫉妬」 ゲスト:黒谷友香 山中崇


高村真琴(広瀬アリス)も憧れる女性初の店舗開発部長・貴島秀美(黒谷友香)が、部下からモラルハラスメントを受けていた。無視、情報隠し…そんなモラハラの中心人物が秀美の同期で次長の岩熊義雄(山中崇)。

実は脇田治夫(髙嶋政宏)に目をかけられ部長候補と言われていたが、丸尾隆文(滝藤賢一)のひと声で秀美が部長に。原因は嫉妬なのか?真相を確かめるため、秋津渉(唐沢寿明)はある方法で岩熊に接触を試みるが…

■第5話(11月12日(月)放送)
ゲスト:八嶋智人 岡本玲


秋津渉(唐沢寿明)のもとに水谷逸郎(佐野史郎)から突然連絡が。飲み会で泣き出し、それ以来出社していない広報課・関根かすみ(岡本玲)の問題を解決して欲しいという。かすみ曰く原因はアルハラ。定期的な飲み会への出席を強要されたと主張する。

主催者である課長・結城三郎(八嶋智人)への指導を条件に出社を約束するが、事情を知りショックを受ける結城。親睦を図ろうとしただけなのにと、やりきれない表情を浮かべるが…。

【原作情報】
井上由美子『ハラスメントゲーム』
(河出書房新社より10月6日(土)発売 本体:1500円(税別)

『白い巨塔』(CX)、『14才の母』(NTV)、『マチベン』シリーズ(NHK)『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(CX)、『緊急取調室』シリーズ(EX)『BG~身辺警備人~』(EX)など、長年多数の話題作を書いてきた人気脚本家・井上由美子による書下ろし長編小説『ハラスメントゲーム』。

今話題のコンプライアンス室を舞台に、数々のハラスメント問題と会社の謎に挑んでいくスリリングなエンタメ企業小説で、人間ドラマに定評のある著者ならではの魅力的な登場人物たちの描き方も秀逸で、一気読み必須の面白さ。本書は井上由美子の待望の小説家デビュー作となります。


≪「ハラスメントゲーム」番組概要≫
【番組名】テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz「ハラスメントゲーム」
【放送日時】毎週月曜夜10時~
【放送局】テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
BSテレ東 毎週金曜夜9時~
【出演】唐沢寿明 広瀬アリス 古川雄輝 市川由衣 / 滝藤賢一 / 石野真子 佐野史郎 髙嶋政宏
【原作】井上由美子「ハラスメントゲーム」(河出書房新社 刊)
【脚本】井上由美子
【監督】西浦正記 関野宗紀 楢木野礼
【チーフプロデューサー】稲田秀樹(テレビ東京)
【プロデューサー】田淵俊彦(テレビ東京) 山鹿達也(テレビ東京) 田辺勇人(テレビ東京) 浅野澄美(FCC)
【制作協力】FCC
【製作著作】テレビ東京

【番組HP】http://www.tv-tokyo.co.jp/harassmentgame/
【番組Twitter】@Biz_txdorama
【番組Instagram】@harassmentgame_makoto
(高村真琴役・広瀬アリスによる公式Instagramを開設!)

「ハラスメントゲーム」は地上波放送終了後、BSテレ東での放送、定額制動画配信サービス『Paravi』での配信をいたします。

【「Paravi(パラビ)」とは】URL:https://www.paravi.jp
「Paravi(パラビ)」は、メディアグループ6社(テレビ東京HD、日本経済新聞社、TBS HD、WOWOW、電通、博報堂DYメディアパートナーズ)の共同出資により発足した(株)プレミアム・プラットフォーム・ジャパンがお届けする動画配信サービスです。「Paraviオリジナル」のプレミアムな新作から不朽の名作・傑作まで、こだわりのコンテンツを取り揃えました。人気ドラマ・バラエティ・アニメやオリジナルコンテンツなどが月額925円(税抜)【税込999円】でお楽しみいただけます。
※登録月は無料