テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2018年11月07日

“正義の味方が帰ってくる!”平成最後の年始めに、三匹のおっさんが大暴れ!!「三匹のおっさんリターンズスペシャル」(仮)


大ヒットシリーズ「三匹のおっさん」が2019年1月、スペシャルドラマで帰ってきます。

「三匹のおっさん」は、元悪ガキ3人で結成した私設自警団“三匹のおっさん”が町内の悪を成敗する痛快ドラマ。北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎の3人が演じる“おっさん”の、個性際立つコミカルな演技と絶妙なコンビネーションが話題の人気シリーズです。

2014年、2015年、2017年と3シーズンにわたって放送され、今年のお正月には新春スペシャルも放送し、幅広い世代から支持されています。まさに、家族三世代で楽しめるホームドラマの決定版。年始めにふさわしい賑やかなドラマを2019年もお届けします。

妻や嫁が働き始め、娘はすっかり社会の一員となり、女性が社会で活躍する時代だね、と圧倒されるおっさん達。しかし、妻達が働き始めた会社は、働く女性を応援すると見せかけ、詐欺まがいの行為を行っていた・・・女性の生き生き働きたいと願う気持ちを悪用するなんて許しちゃおけねぇ、と三匹のおっさんが立ち上がります!

卑劣な悪徳詐欺軍団におっさん達はどう挑むのか?毎回恒例の華麗なアクションも必見!今年も、更にパワーアップした三匹のおっさんにご期待下さい!

◆北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎のコメント
Q,1年ぶりの「三匹のおっさん」、久々の再結集となり撮影も始まりましたがいかがですか?

北大路:楽しいですね、三人が元気で会えるっていうのは我々の夢ですから!

泉 谷:“コウレイ”ですからね!“コウレイ”っていうのは高い年齢って意味じゃないですよ。毎年恒例の“恒例”!(3人爆笑)。この年齢でメインを張ってやるドラマってないですからね。倒れるわけにはいかないなっていう責任感を感じますね。

志 賀:やっぱり元気でいないと。こうやって三人そろって町内の為に働くという大目的があるからね。

Q,今回は、頑張る女性を巧妙に騙す悪徳詐欺と戦いますが、どのような思いで撮影に挑まれていますか?
北大路:「冗談じゃねぇ!!」と思うけど現実にはあるんだね、こういう事。

泉 谷:基本的に男はやきもち妬きだから、女性のやることを邪魔する人も中にはいるよね。女性が働く時代だからそれを目当てに悪いことをする奴らもいるんじゃないかな。これからますますそうなるだろうから、警告になればいいかなって思いますね。

北大路:人間は誰だって隙はあって、そこを上手くついてくるからね。やっぱりうっかり乗っちゃうんだよね。だからお互いに気を付けて、気が付いたら「やばいよ!」って声をかけあってっていう風にしないとね。

志 賀:男女とか関係なく、今はこういうはっきりした詐欺だけでなく、言葉でどれだけ人のことを傷つけているか、そういうのも嫌だなって思いますね。それに対応する為の一つの手助けになればいいかな。

Q,1月の放送ということで、昨年に引き続き「三匹のおっさん」が日本の年始めを彩ることになりますが、いかがですか?
北大路:年明けのめでたい時にドラマをやらせてもらうというのはありがたいですね。2019年は新しい元号が始まるから、けじめの年でも出発の年でもあっていろんな思いが沸きあがるんじゃないですかね。

泉 谷:お年寄りが、女性や子供と仲良くできるような橋渡しができるといいよね。いつまでも。

志 賀:だからちょっと、「世の悪は尽きまじ」みたいなとこはあるよね。

泉 谷:平成最後っていうと俺たち最後なのかなって気が一瞬しちゃったんだけど、そんなことないよね?(笑)元号変わってもやるよね?

北大路:三匹のおっさんが世の中からいなくなるっていうのはありえないね。次から次へと事件が起こるんだから。忙しいよ、これからも!

◆キャスト紹介
■清田清一(キヨ)・・・北大路欣也
ゲームセンターの嘱託社員。腕に覚えありの剣道の達人。

■立花重雄(シゲ)・・・泉谷しげる
居酒屋「酔いどれ鯨」元店主。武闘派の柔道家。

■有村則夫(ノリ)・・・志賀廣太郎
有村電業社長。冷静沈着な無敵の頭脳派。愛娘にはめっぽう弱い。

■清田芳江・・・中田喜子
清一の妻。息子の嫁・貴子とは嫁姑バトル継続中。


■清田健児・・・甲本雅裕
清一の息子。妻の貴子に頭が上がらず母・芳江との板挟み。


■清田祐希・・・大野拓朗
清一の孫。ノリの娘・早苗と恋人同士。旅行会社に就職して半年経つ。


■立花登美子・・・藤田弓子
重雄の妻。重雄とは年中喧嘩してるが一番の理解者。


■清田貴子・・・西田尚美
健児の妻。芳江と嫁姑バトル中。健児を尻に敷いている。


■有村早苗・・・三根梓
則夫の娘。早くに母を亡くし家事を全て切り盛りするしっかり者。ホテルに就職して半年経つ。


◆プロデューサー 山鹿達也(テレビ東京 制作局ドラマ制作部)のコメント
「三匹のおっさん」がまたまた帰ってきます!連続ドラマのシーズン1から5年目に突入し、北大路さん、泉谷さん、志賀さんの三匹は元気いっぱいで、和気あいあいの雰囲気で撮影は進んでいます。

平成最後の新春にパワーアップした三匹がより痛快により華麗にご町内の悪を成敗します。
本家!〝おっさんの愛(ラブ)”に溢れたエンターテインメントドラマです。ご家族揃って、キヨさん、シゲさん、ノリさんの活躍をお楽しみください。

◆企画・プロデューサー 井上竜太(ホリプロ)のコメント
今回のスペシャルは、三匹のおっさん史上、最も女性たちが活躍する、華やかな内容になっています。テーマは、”女性が生き生きと活躍する”。しかし、そんな女性たちを巧妙に騙す悪徳サギ集団が登場します。

北大路さんも「冗談じゃねぇ!!」と言うように、痛快に豪快に、悪と三匹が戦います!笑って、泣いて、そして元気が出るドラマを、今年もお届けします!

◆『三匹のおっさん』とは
原作は『図書館戦争』、『空飛ぶ広報室』など、次々に著作がドラマ化・映画化される人気作家・有川浩の小説。『三匹のおっさん』と、その続編『三匹のおっさん ふたたび』が刊行されている。

タイトルの通り主人公はおっさん3人。定年退職後、近所のゲームセンターに再就職した腕に覚えありの剣道の達人キヨ、こと清田清一。同じく武闘派の柔道家で、居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ、こと立花重雄。機械をいじらせたら無敵の頭脳派、愛娘にはめっぽう弱い機械工場経営ノリ、こと有村則夫。

かつての悪ガキ3人が私設自警団「三匹のおっさん」を結成し、詐欺や窃盗から社会問題まで、ご町内の悪を成敗するというストーリー。

パート1の最終回の視聴率12.6%、平均の視聴率も10.6%※と二桁越え。国際ドラマフェスティバル「東京ドラマアウォード2014」で特別賞を受賞した。さらに、2015年4月クール放送の第2弾も第1話の視聴率が11.0%と二桁を超えるなど、高視聴率を記録している。
※視聴率がデータで集計されている1989年以降のプライムタイム(時代劇を除く)のテレビ東京の連続ドラマでは最高の数値。

◆あらすじ
キヨ(北大路欣也)、ノリ(志賀廣太郎)、シゲ(泉谷しげる)の三匹は夜回り中、記憶喪失の女性・栗子を発見する。精神的ショックで過去を忘れてしまったとみられ、キヨ(北大路欣也)はしばらく栗子を自宅で預かることにする。

そんな中、三匹の地元・皐ケ丘では、化粧品のセールス販売会社「LADY DO」のカリスマ女社長・峰岸美鈴が、女性の社会進出を前面に掲げ、“フレンズ“と呼ばれる販売員を募っていた。シゲの妻・登美子(藤田弓子)とキヨの息子の妻・貴子(西田尚美)は説明や商品を気に入り、フレンズとして働き始める。

しかし、強引な飛び込み営業や毎日売り上げを発表して競争させるやり方に、二人は疲れを見せ始める。やがて、登美子がひったくりでバッグを盗まれる事件が発生。三匹はひったくり犯を捕まえようと作戦を練るのだった!一方、キヨの家に滞在中の栗子が芳江(中田喜子)と銀座に出かけたまま、行方不明となる。

芳江はデパートの化粧品売り場で栗子とはぐれたというが…。さらにキヨは「LADYDO」の社屋に乗り込んで苦情を申し立てる熟年女性・桑原菊枝から事情を聴き、会社の思わぬ実態を知ることに…。

“三匹のおっさん”が、時代のテーマ「女性の社会進出」を利用する悪を果敢に成敗する!「LADY DO」の思惑とは?謎の記憶喪失の女・栗子の正体とは?

◆番組概要
番組名:「三匹のおっさんリターンズスペシャル」(仮)
放送日時:2019年1月
原作:有川浩「三匹のおっさん」シリーズ(講談社)
脚本:鈴木聡
監督:白川士
音楽:平沢敦士
プロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)
企画・プロデューサー:井上竜太(ホリプロ)
出演:
北大路欣也 泉谷しげる 志賀廣太郎
大野拓朗 三根梓 ・ 西田尚美 甲本雅裕 ・ 藤田弓子 中田喜子 ほか
製 作:テレビ東京 ホリプロ

関連サイトはコチラ