テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2018年11月09日

太川・蛭子の名コンビが「ローカル路線バス」で旅した地を紅葉のピークに再訪!そして小泉孝太郎・武豊の迷コンビが誕生!?「いい旅・夢気分 紅葉めざして乗り継ぎ旅スペシャル」




紅葉・グルメ・温泉といえば「いい旅・夢気分」スペシャル!

にっぽん全国、その季節に「一番行きたい名所」「一番見たい絶景」「一番食べたい料理」を求めて、旅人が各地を訪れる、旅番組の中でも老舗といえる本番組の秋のスペシャル。
鉄道と路線バスを乗り継ぎながら、絶景の紅葉を目指し、旅をします。


人生観が変わるほどの美しき日本に出会うことで、これまで気づかなかった日本の素晴らしさを新発見!再発見!いま、最もおすすめの旅をご紹介。絶景の紅葉と旬の料理、一度は泊まりたい極上宿をご紹介しながら、親しい間柄だからこそ聞ける本音など、出演者の素顔も垣間みることのできる旅。

今まさに旬を迎える『絶景の紅葉』全3コースをスペシャルな旅人たちが巡ります。「路線バスの旅」の達人はもちろんのこと、4000勝を達成したばかりの騎手・武豊も約30年ぶりにバスと電車を利用して群“馬”県へ…!ソチオリンピック出場の村上佳菜子もぶらり一人旅!

【番組内容】
①「青森県・八戸~奥入瀬~弘前」
旅人:太川陽介・蛭子能収・釈由美子

青森の八戸駅から青森の旅をするのはバス旅の名コンビ「太川&蛭子」。今回もバスを乗り継いで青森の絶景紅葉を巡ります。ピークを迎える奥入瀬渓流は2013年の「ローカル路線バスの旅」で通過し、ゴールできずに終わった心残りの地。今回はゆっくりと歩きながら紅葉を愛でます。


十和田湖ではボートでしか行かれない神秘のスポットや青森のB級グルメに舌鼓。そして一度は泊まりたい湯宿「千年の秘湯・蔦温泉」に宿泊。空気に触れていない“源泉湧き流し”の湯を堪能します。翌朝、宿の裏にある「蔦沼」の深紅にそまる紅葉を満喫。

更なる絶景の紅葉を目指し、弘前を目指しますが…酸ヶ湯温泉でまさかの降雪!バスが30分遅れのトラブル。果たして路線バスで、最終目的地の弘前城まで到着し、紅葉を拝むことはできるのか?太川&蛭子の名コンビの名調子の掛け合いにも注目です!


②「群馬県・高崎~榛名湖~伊香保温泉~水上」
旅人:武豊・小泉孝太郎



今年9月29日に前人未到の4000勝を挙げた武豊 騎手。そのお祝いにと俳優・小泉孝太郎が旅で武豊騎手をおもてなし。旅の起点は群“馬”県の高崎駅から。まずは路線バスで榛名湖方面へと向かいます。「いい旅・夢気分」初登場の武騎手にとっては路線バスに乗るのも中学校以来とか!?

なれない公共交通機関の乗り継ぎに悪戦苦闘の二人の珍道中!榛名神社では益々の発展を祈願し、紅葉も満喫。参道のお茶屋さんで梅の餡(あん)の入った紅白の“みそぎ饅頭”や、偶然出会ったお母さんが営む絶品のおそばを堪能します。

また、榛名湖では奇跡の出会いと榛名山の絶景紅葉が待ち受けます。伊香保温泉では400年以上の歴史を刻む湯の町の石段街をぶらり散策し、射的など温泉地ならではの娯楽も体験!?絶景の紅葉露天風呂に癒やされます。そしてJR上越線に乗り込んだ二人は今宵の宿のある水上駅へ。

その宿とは「山人料理と田舎宿『尚文』」。山の恵みを知り尽くした料理長が腕を振るう“山人料理”を満喫します。旅の宴に二人も饒舌に・・・この二人ならではの秘話が続々!さらに小泉孝太郎曰く「家宝にします!」という武騎手からのお礼の贈り物とは?

翌朝、バスで絶景の紅葉温泉を求めて更に山奥へ。巨石をつかった「宝川温泉」の大露天風呂はなんと470畳。手つかずの大自然と紅葉温泉を堪能します。

③「長野県・松本~上高地~白骨温泉~岐阜県・奥飛騨」
旅人:村上佳菜子


信州松本から上高地を目指し、旅をするのは「自然大好き!」というソチオリンピック出場、村上佳菜子。上高地の紅葉映える「大正池」や「田代池」など数々の絶景に感動。黄金色に輝く紅葉はこの地ならではの絶景!名所・河童橋では上高地スイーツを満喫!一人旅ならではの自由な時間を楽しみます。

そして泊まるのは名湯「白骨温泉」の「白船グランドホテル」。異なる2種類の源泉は共にかけ流し。日ごろの疲れを癒やしてくれます。そして旅の楽しみ、夕食のおもてなしは地元の“ブランド牛の陶板焼き”や“りんごのグラタン”など、郷土の味覚と旬を堪能します。2日目、バスで岐阜県に入り、平湯温泉で乗り換え。“平湯大滝”の絶景紅葉を満喫、最終目的地の「新穂高ロープウェイ」へ。そこで見た絶景の紅葉とは!?

【小泉孝太郎コメント】
豊さんの4000勝のお祝い旅、という形でおもてなしさせて頂いたのですが、改めて豊さんと出会えた喜びを感じる旅でした。榛名湖の紅葉など、景色はもちろんですが、久しぶりのバスの乗り継ぎだったり、奇跡の出会いなど予期せぬことがいろいろ起こりましたね。

また、今回の旅で一生の宝物も頂く事も出来ましたし、そういったことも含め、とても楽しい非常に濃い旅でした。


【武豊コメント】
今回、路線バスや電車の乗り継ぎ旅など、普段味わえない経験がすごくできたし、とても凝縮した旅でした。まったく何も考えずに来て、これだけ楽しめるってありがたいです。

絶景の紅葉温泉も秘湯感があってすごいなと感じましたし、紅葉の色というか、景色がすごく目に焼き付いています。いろんな人に出会えたし、本当に楽しかった、いい旅でした。

【太川陽介コメント】
前の路線バス(乗り継ぎの旅)で行ったときは観光なんかする余裕なかったから、ゆるーく、ちゃんと観光しながら路線バスに乗れるのはいいですね。

【蛭子能収コメント】
前回覚えてないけど、行っているのね(笑)今回は覚えてられるかな。

【木村健作プロデューサーコメント】
今回は、歴史ある旅番組「いい旅・夢気分」に「乗り継ぎ旅」の要素が増えました。普段、旅行に行くと大半の人が経験するであろう時刻表や地図とのにらみ合い。

この旅での当たり前の要素を今回プラスすることで旅情感がいつにも増して、タイトルに恥じない”ますますいい旅”となりました。
もちろんキレイな紅葉や燃ゆる秋の大自然の美しい映像も見ごたえがあり、まさに「静」と「動」がうまく融合した2時間半。ご期待ください。

【番組概要】
タイトル:土曜スペシャル「いい旅・夢気分紅葉めざして乗り継ぎ旅スペシャル」
放送日時:11月10日(土)夜6時30分~8時54分
放送局:テレビ東京、テレビ愛知 他
旅人:太川陽介 蛭子能収 釈由美子
武豊 小泉孝太郎
村上佳菜子
ナレーター:宮崎美子

【テレビ東京担当者】
担当プロデューサー:木村健作
【テレビ東京制作担当者】
担当プロデューサー:佐藤竜太

関連サイトはコチラ