テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2018年12月07日

エンディングテーマが 超特急「ソレイユ」に決定!高田漣の書き下ろし楽曲!「フルーツ宅配便」


テレビ東京で1月11日(金)からスタートする、ドラマ24「フルーツ宅配便」(毎週金曜深夜0時12分)。原作は、ビッグコミックオリジナルで連載中の漫画家・鈴木良雄による同名作品。子どもの学費を稼ぐシングルマザー、整形したい若者、詐欺で借金を背負ったOL…などなど、デリヘルで働くワケあり女子の人間模様を、デリヘルの店長になったごく普通の男・咲田真一の目線を通して描きます。

主演の濱田岳をはじめ、仲里依紗、前野朋哉、原扶貴子、荒川良々、松尾スズキら脇をかためる豪華出演者陣がすでに発表されている中、エンディングテーマと劇伴音楽が決定したのでお知らせします。

エンディングテーマは、6人組メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急の「ソレイユ」に決定!これまでに発売した15枚のCDが連続してオリコンウィークリーチャートTOP10入りを果たし、ライブではエンタテインメント性の高いパフォーマンスで数多くの観客を魅了する超特急が、「フルーツ宅配便」のエンディングを彩ります!

そして、この「ソレイユ」の楽曲制作を手がけたのは高田漣! 2017年にはオリジナルアルバム「ナイトライダーズ・ブルース」で第59回日本レコード大賞 優秀アルバム賞を受賞した実力派ソングライターの高田が、このドラマのために書き下ろした楽曲です。

また、高田は劇中の劇伴音楽も担当することが決定!一体どんな音楽がドラマ「フルーツ宅配便」から聴こえてくるのかは…どうぞ放送をお楽しみに!

超特急&高田漣からコメントが到着!
■超特急 リョウガ
「フルーツ宅配便」、とても面白い内容でして、そんな素晴らしい作品のエンディングを超特急が担当させていただけるだなんて感激でございます…。
しかもッ、高田漣さんという僕達が手を伸ばしても届くはずがない存在である方に曲を書いていただき光栄極まりない….
僕たちのエンディングで少しでも「フルーツ宅配便」を盛り上げていけたらなと思います!

■高田漣
光があたるところにはかならず影がうまれる。「フルーツ宅配便」の音楽を作るにあたっては、この光と影を強く意識して作りました。明るいのに切なくて、心をかきむしられるように悲しくて、でもホッコリするような音楽。

エンディングテーマの「ソレイユ」は、作った当初からドラマを観終えた後に、ポジティブな気持ちになれるような、そんな太陽のような声を欲していました。
ですから、この歌が超特急のタカシくんに歌われるのは必然だったのかもしれません。超特急のファンの方はもちろんのこと、多くの音楽ファンの方々に、この歌が末永く親しまれる事を望みます。

■プロデューサー・濱谷晃一
ドラマ「フルーツ宅配便」は決してハッピーエンドばかりではありません。
むしろビターかも…。
けれど、過酷な境遇でも力強く生きる女性たちの人間賛歌になればと思っています。

エンディングテーマ「ソレイユ」は、そんなドラマのエンドにピッタリの素敵な楽曲です。
誰かにとってその女性はサンシャインであり…、誰かにとってその女性は町で一番の美女である…。
小さな希望を感じられる、温かい読後感を「ソレイユ」が引き立ててくれると思います。

【プロフィール】
■超特急
史上初!!
メインダンサー&バックボーカルグループ、超特急。


メインダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、バックボーカルのタカシ(7号車)からなる6人組。
2011年12月25日に結成、2012年6月10日にCDデビュー。これまで発売したアルバム&シングル合わせた15作品がオリコンウィークリーチャート連続TOP10入りを果たしている。

エンタテインメント性の高さと魅せるパフォーマンスで会場全体を超特急ワールドに染め上げる彼らのライブチケットは毎回秒速で完売!今最もアツく面白いグループと話題になっている。
2019年には全33公演10万人動員のホールツアーを開催する。

■高田漣
音楽家、プロデューサー、作曲家、編曲家、マルチ弦楽器奏者、執筆家。
1973年、日本を代表するフォークシンガー・高田渡の長男として生まれる。少年時代はサッカーに熱中し、14歳からギターを始める。

2002年、アルバム「LULLABY」でソロ・デビュー。
現在まで6枚のオリジナル・アルバムをリリース。
自身の活動と並行して、他アーティストのアレンジ及びプロデュース、映画、ドラマ、舞台、CM音楽を多数担当。
2015年、父・高田渡の没後10年を機にトリビュート・アルバム「コーヒーブルース~高田渡を歌う~」をリリース。2017年10月には4年ぶりとなるオリジナル・アルバム「ナイトライダーズ・ブルース」をリリースし、第59回日本レコード大賞 優秀アルバム賞を受賞。
http://www.rentakada.com


【あらすじ】
東京で勤めていた会社が倒産し、社宅も追い出され、仕方なく地方都市の故郷へ戻ってきた主人公・咲田真一(濱田岳)。昔よく通っていたラーメン屋で、強面で謎の多い男・ミスジ(松尾スズキ)と再会。

ミスジは咲田に自分の仕事を手伝うように勧め…流されるままに引き受けてしまう咲田だが、その仕事とはミスジがオーナーを務めるデリヘル「フルーツ宅配便」の雇われ店長だった。ひょんなことからデリヘルの店長になってしまった咲田の運命は!?
デリヘルに集まる女性たちの人生とは…

原作:鈴木良雄
『フルーツ宅配便』
〈小学館「ビッグコミックオリジナル」連載〉

第21回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品


デリヘルから日本の“絶望”が見えてくる。
現代社会で行き場のない貧困女子が流れ着く場所、デリバリー・ヘルス―――

もし、離婚して養育費を受け取れなかったら…
もし、親の介護で、今の仕事を辞めたら…
誰もが陥るかもしれない人生の困難、誰の手も届かない絶望と孤独が、ここにある。

【番組概要】
番組名:ドラマ24「フルーツ宅配便」
放送日時:2019年1月11日(金)スタート
放送時間:毎週金曜深夜0時12分
放送局:テレビ東京系
(テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送)
※テレビ大阪のみ、翌週月曜 0時12分放送

原作:鈴木良雄「フルーツ宅配便」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)
主演:濱田岳
出演:仲里依紗 前野朋哉 原扶貴子 荒川良々 松尾スズキ
音楽:高田漣
脚本:根本ノンジ
監督:白石和彌 沖田修一 是安祐
エンディングテーマ:超特急「ソレイユ」(SDR)
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)、木下真梨子(テレビ東京)、赤城聡(フラミンゴ)、
押田興将(オフィス・シロウズ)
制作:テレビ東京 オフィス・シロウズ
製作著作:「フルーツ宅配便」製作委員会
公式HP:/fruits/

関連サイトはコチラ