テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年02月13日

声優界の大スターたちが奇跡の大集結!!新録吹替版!「ウォンテッド」


BSテレ東とBSテレ東4Kでは、3月6日(水)夜8時から放送の「シネマクラッシュ」にて、2008年に公開された大ヒットアクション映画「ウォンテッド」(ティムール・ベクマンベトフ監督)を、豪華声優陣による新録吹替版(二か国語)で放送します。

今回の新録では、ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)を内田夕夜さん、フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)を藤本喜久子さん、スローン(モーガン・フリーマン)を坂口芳貞さんが担当。

その他、「ロッキー」やテレビのナレーションで声を聴かない日はない羽佐間道夫さん、アーノルド・シュワルツェネッガーでおなじみの玄田哲章さん、さらに森田順平さん、三木眞一郎さんなど、吹き替えファンならあっと驚く声優界のレジェンド、スターが一堂に会して収録を行いました。

2008年の劇場公開以来、11年ぶりの新録で生まれ変わった「ウォンテッド」をBSテレ東でぜひお楽しみください!!

【内田夕夜さん:ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ)役 コメント】
ウェスリー・ギブソンを演じて、第1シーンとラストシーンで、こんなに違っているキャラクターも珍しいと思いました。どんどん「世界に一つだけのウェスリー」に変わって行くのが、演じていて楽しかったです。さらに、叫ぶシーンが多いので、収録の最後まで声を枯らさないように気を付けていました。それを見越して、収録順を考えて下さったスタッフさんに深く感謝!

みどころは、多彩なキャラクター達と、仕掛けられたストーリー、迫力とお洒落な映像、引き込まれる音楽です。ちょっと観たら、ずっと観たくなる作品です。

吹き替え的には、ある先輩が冗談で「死ぬ前に集まれて良かった」と仰っていましたが、こんなに多くの諸先輩方とご一緒出来た作品は近年稀ですので、そちらの方でもお楽しみ頂ければと思います。よろしくお願いします。


【藤本喜久子さん:フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)役 コメント】
フォックスの魅力は、一言で言うと「クールビューティ」。アンジェリーナ・ジョリーは「チェンジリング」という映画を観た時から、とても気になる女優さんで、いつか彼女の吹き替えができたら嬉しいなあと思っておりましたので、今回はとても楽しんで演じさせて頂きました。

強靭なフォックスの核の部分には、過去に受けた哀しみや苦しみや怒りがあり、そこを乗り越えての今の彼女だということを常に意識しながら演じました。一番好きで、特に注意深く演じたのは、ウェスリーに「別の人生を考えたことがあるか」と尋ねられ、「ないわ」という一言の表現です。

この一言に、いろんな彼女の背景が想像できるようなニュアンスで発したいと考えていたので、あえてできるだけ削ぎ落として発したつもりですが、いかに思惑通りに表現できているか放送が気になるところではあります。

冴えない日常を送っていた主人公がどんどん変わっていく様は、爽快です。アクションもちょっとコメディタッチなので、アクションシーンで結構笑ってしまったのは私だけかしら?観ているうちにどんどん主人公のウェスリーを応援したくなってしまいます。ぜひお楽しみください。


【坂口芳貞さん:スローン(モーガン・フリーマン)役 コメント】
スローンという人は、大学教授のような、物静かな態度の裏に、無慈悲な暗殺者が潜んでいる底知れなさに、意外と体力を使いました!!

今回、スローンを演じるのは2回目なのですが、拳銃の弾道を何とか曲線にしようと頑張りましたが・・・どうだったでしょうか?

「ウォンテッド」は、派手でリアルなアクション・クラッシュが、現代社会の無味乾燥に裏打ちされて効果的!後半に向かって続くドンデン返しと皮肉の効いたエンディングをお見逃しなく!!


【プロデューサーコメント】
2014年8月に地上波のゴールデンタイムでの初放送以来、未放送だった大ヒットアクションとして注目、18年度の目玉として放送を計画していました。が、この11月にテレビ東京の午後のロードショーでオンエア。

負けてはいられないと更なるグレードアップ目指し、日本語吹替版製作を決意しました。その結果は…名だたる声優さん方という援軍を得て、新次元アクションにミラクルも加わった極上の仕上がりに大満足!もしかしたら平成最後の放送局製作の日本語吹替版?TVならではのエンターテイメント感を是非お楽しみ下さい。
BSテレ東 編成部 夏目健太郎

【出演者】
ウェスリー・ギブソン(ジェームズ・マカヴォイ):【声】内田夕夜
フォックス(アンジェリーナ・ジョリー):【声】藤本喜久子
スローン(モーガン・フリーマン):【声】坂口芳貞
クロス(トーマス・クレッチマン):【声】森田順平
ペクワースキー(テレンス・スタンプ):【声】羽佐間道夫
ミスターX(デヴィッド・オハラ):【声】玄田哲章
リペアマン(マーク・ウォーレン):【声】三木眞一郎
ブッチャー(ダト・バフタゼ):【声】田中美央
エクスタミネーター(コンスタンチン・ハベンスキー):【声】牛山茂
ガンスミス(コモン):【声】多田野曜平

≪番組概要≫
【番組名】シネマクラッシュ「ウォンテッド」2019年新録吹替版(二か国語)
【放送局】BSテレ東(BS7ch、全国無料放送)
BSテレ東4K(4K7ch、全国無料放送)
【放送日時】3月6日(水)夜8時~9時54分
【監督】ティムール・ベクマンベトフ
【出演者】ジェームズ・マカヴォイ、
アンジェリーナ・ジョリー、
モーガン・フリーマンほか

協力:吹替え専門サイト ふきカエル大作戦!!

【あらすじ】
会計事務所に勤めるウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、仕事もプライベートも冴えず、緊張による動悸を押さえるため薬を飲み気を静めていた。

ある日、いつものようにドラッグストアに行くと、ウェスリーの前に見知らぬ美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)が現れる。すると突然、銃撃戦が。フォックスは外へ逃げたウェスリーを車で拾い、カーチェイスと銃撃戦を繰り広げる。

ウェスリーは気を失い目を覚ますと、ボス格のスローン(モーガン・フリーマン)から、大昔から続く“フラタニティ”と呼ばれる暗殺組織が世界の秩序を守るため今も戦い続けているという話を聞く。ウェスリーを捨てた父親もその一員で、先日敵に殺されたという。

スローンはウェスリーに一員になるよう迫り、ウェスリーは彼らの元で訓練を始める事にする。次第に才能を開花させていくウェスリーだったが…。

◎BSテレ東京 3月映画放送予定◎

【シネマスペシャル】
3/5(火)夜7時~夜9時54分 殿、利息でござる。

【水曜映画館】
3/13(水)夜5時58分~夜6時55分 沈黙の宿命
3/20(水)夜5時58分~夜7時30分 ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン
3/27(水)夜5時58分~夜7時50分 カオス

【シネマクラッシュ】
3/13(水)夜6時55分~夜9時54分 遠すぎた橋
3/20(水)夜7時30分~夜9時54分 ゲノムハザード ある天才科学者の5日間
3/27(水)夜7時50分~夜9時54分 レッドブル