テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年04月26日

石坂浩二 3年ぶり出演決定!!平成最後のお宝鑑定スペシャル「開運!なんでも鑑定団」


テレビ東京では4月30日(火)夜6時55分から「開運!なんでも鑑定団 平成最後のお宝鑑定スペシャル」を放送します。
そして、平成最後の放送に、石坂浩二が特別ゲストとして出演することが決定致しました。
石坂は、1994年4月の番組開始から2016年3月までの22年間、番組にMCとして出演。今回は、2016年3月29日以来、約3年ぶりの出演となります。

約5年間タッグを組んでいたメインMCの今田耕司は、石坂との共演について「ほんま3年ぶり。懐かしい感じ。石坂さんが来ると、石坂さんの時の鑑定団の空気になるのも懐かしかった。」
意外にもこの3年間、他番組での共演も無く「お元気そうなのに一番安心した。」との感想を語りました。

また今回は、平成最後のお宝&依頼人が続々登場!過去最高額の5億円(2005年9月・柿右衛門様式の壺)を上回る鑑定額は出るのか!?ご注目ください。

さらに、過去25年の放送から「おもしろ依頼人」が再登場するほか、平成の名品・珍品も一挙公開。
今田が「鑑定団の全てがわかるくらいの歴史が詰まっているのでぜひ見てほしい」と自信を示す、見どころ満載の内容です!お楽しみに!


【今田耕司コメント】
Q:石坂浩二との3年ぶり共演について
A:3年ぶり!?相変わらずお元気で。お元気そうなのに一番安心した。

Q:石坂とは「鑑定団」卒業以来、初めての共演か
A:初めて初めて。他のバラエティーでも共演していなかった。ほんま3年ぶり。懐かしい感じ。
空気感ふくめ、石坂さんが来ると石坂さんの時の鑑定団の空気になるのも懐かしかった。

Q:今回の3時間スペシャルの見どころは
A:鑑定団の全てが分かるくらいの歴史が詰まっているのでぜひ見てほしい。今後の鑑定団がより楽しめると思うので。

Q:令和の鑑定団をどんな番組にしたいか
A:いつつけてもちゃんとやっている、みたいな。そういう良い意味でのスタンダードであり続けたい。
鑑定団を見て色んなところで始まって、終わって…。でも鑑定団は残っていて。その歴史を感じることができました。
作り手の皆さん、ディレクター・美術・照明・カメラなど。お宝に対する愛情があり、どうレイアウトすれば、どうすれば一番お宝の魅力が視聴者に伝わるか、そういう愛情を感じる。毎回、感心する。

<番組プロデューサー・コメント>
テレビ東京の平成最後のゴールデンタイムは「開運!なんでも鑑定団」が担当させて頂く事になりました。
番組も丁度、丸25年が経ち、この4月で26年目に突入したという節目です。
今回は゛平成最後のお宝“鑑定ということで、新たな依頼人&鑑定品が多数、登場しますが、それだけでなく、過去25年間の名品や珍品、鑑定士の心に残った「逸品」、番組の歴史なども改めてご紹介させて頂きます。

このように番組の歴史にも一部、触れていく中で、やはり、番組にとって「石坂浩二さんは欠かせない存在」と考え、特別ゲストとして出演をオファーしたところ、お忙しい中、ご快諾頂き、ご出演頂くことになりました。
3年ぶりのご出演で石坂さんは何を語るのか?
平成最後の夜、是非ともご注目頂ければと思います。
(テレビ東京制作局 内田久善)

<放送概要>
【番組名】開運!なんでも鑑定団
【放送日時】4月30日(火)夜6:55~9:48

【出演者】
司会:今田耕司、福澤朗
アシスタント:片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト:石坂浩二

鑑定士軍団:
中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役)
阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)
大熊敏之(日本大学芸術学部教授)、
額賀大輔(「ヌカガファインアート」代表取締役)

【番組内容】
平成最後のお宝鑑定、3時間スペシャル!
番組開始以来25年間に登場した歴史的名品・珍品を平成史と共に振り返る。懐かしの爆笑シーンも一挙大公開!
そして鑑定士が「私の心に残る逸品」を発表!選りすぐりのお宝に今田も驚嘆。更に番組史を塗り替えるとんでもないお宝がスタジオに登場!

客不足に悩む栃木県のレジャー施設から依頼が舞い込んだ!「前経営陣が買い集めたお宝があるのだが価値が全く分からない。これがもし良いものならPRの目玉にしたい!」。
そこで常務が社運をかけて登場!果たして結果は?

その他、過去に2度番組に登場し5,000万円、1,200万円と高額を叩き出した骨董収集家やコレクションに埋もれて暮らす汚部屋女子などおもしろ依頼人が登場!



関連サイトはコチラ