テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年04月26日

究極のKY刑事を演じる小泉孝太郎とベテラン女刑事を演じる松下由樹の“迷コンビ”が送る大人気シリーズ、ついにシーズン4突入!7月クール放送決定!「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」


テレビ東京では、2019年7月クール、金曜8時のドラマ枠で『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』を放送することを決定しました。
本作は、警察小説・時代小説を多く生み出した作家・富樫倫太郎の『生活安全課0係』シリーズ(祥伝社刊)をドラマ化したものです。

2016年1月クール、2017年7月クール、2018年7月クールと放送された人気シリーズ金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~」。
主演・小泉孝太郎演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹扮する“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(とらみ)の“迷コンビ”がこの夏パワーアップして帰ってきます。

ついに金曜8時のドラマ枠初のシーズン4です
前作から引き続き、毒舌の事務員・本条靖子役に安達祐実、カレーライスと犬をこよなく愛する巡査・桜庭勇作役に木下隆行、岩手訛りが抜けない、ゆとり世代の巡査・太田文平役に戸塚純貴、ゼロ係メンバーが事件解決に向け奮闘します。

さらに杉並中央署のアイドル・地域課の鮫島弥生役の岸明日香、ゼロ係に振り回される杉並中央署・谷本敬三役の石丸謙二郎、居酒屋「春吉」の店主・国仲春吉役の加藤茶、昨シーズンより登場したムードメーカーだが酒乱の係長・横山建夫役の片岡鶴太郎も引き続き登場します!

新元号になって初めての夏。あの迷コンビがさらにパワーアップして帰ってきた!
相変わらず管轄外の事件に首をつっこむ冬彦とそれに付き合わされる寅三やゼロ係メンバー。
仕事は些細な通報や苦情、クレーム処理など雑用ばかり。しかしなぜか、いつものごとくゼロ係は難事件に巻き込まれていく。

その一つが”平成のヴァンパイア”の異名を持つ殺人鬼による、ある事件。
今シーズンは新たに寅三の天敵となる女性管理官(キャスト未発表)と正義感あふれる刑事部長(キャスト未発表)も登場。
事件は徐々に警察内部を揺るがす事件へと発展していく。「警察とは?正義とは何か?」役立たずの集まりゼロ係が真っ向から挑む!

【キャスト紹介】


小早川冬彦(小泉孝太郎)
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室 警視

国家公務員試験一種をトップ合格した上級キャリアだが、出世には興味がなく、市民に手を差し伸べられる現場勤務を希望する。
頭脳明晰で、プロファイリングを得意としており、ありとあらゆる統計が頭の中にある。また相手の表情やしぐさの変化から、嘘を見抜いたり、心情を読み取ったりすることが出来る。
だが一方で、相手の気持ちや状況を考えずに事実をそのまま発言するので、周りからは究極のKYと呆れられている。

小泉孝太郎のコメント
ゼロ係シリーズ、4作目ということで、今年の夏も“なんでも相談室”の仲間達と過ごせる喜びを噛み締めています。
本枠、そして自分にとっても連ドラのシリーズ4作目は初の事で、テレビ東京金曜8時のドラマを観て下さっている視聴者の皆様に、ゼロ係を受け入れて下さったことが、何よりも嬉しいです。

変人である冬彦と、なんでも相談室の愉快な仲間たちとの事件の捜査、会話のやり取りがこのドラマの大きな醍醐味であると思っているので、冬彦と新鮮な気持ちでもう一度向き合いたいと思っています。
トラミ先輩(松下由樹演じる寺田寅三)の「タメ口」や、新たな敵の登場が冬彦とトラミ先輩との関係性にどう影響してくるのかが非常に楽しみです。

自分にとって令和になり最初の連ドラ作品がゼロ係‼
初心にかえって、冬彦を炸裂させようと思っております。


寺田寅三(松下由樹)
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室 巡査長

男の子が生まれると思い込み、祝杯をあげ酔った父親が役場へ出生届を提出したことから「寅三(とらみ)」という有り得ない名を授かった。
冬彦とは対照的なノンキャリアの現場の叩きあげ。古いタイプの刑事。
刑事としては優秀だが、男まさりで、口が悪い。少々乱暴な捜査方法と、異議があれば上司にもたてを突くところが難点で、『なんでも相談室』に飛ばされてきた。

松下由樹のコメント
シーズン4決定!すごく嬉しいです。同じ人物を長く演じられる喜びとゼロ係メンバーに会える楽しみでいっぱいです。
冬彦と寅三の迷コンビぶりも面白くしていきたいです!また、寅三と同じタイプの女性管理官の登場は新鮮です。
冬彦に手を焼いているのに、更に天敵‼︎女性陣がどんな活躍をするのか楽しみです。

そして、この夏もお馴染みの「タメ口」が炸裂しそうです。イチゴ野郎、スイカ野郎、トウガラシ野郎…さて今回は“何野郎”でしょう。
チームワーク良く、一人一人の個性が発揮するゼロ係に期待してください。


本条靖子(安達祐実)
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室 事務職

口から出る全てが毒舌の事務員。事務員なのに一番偉そうで、ズケズケと自分の思ったことをいうため、トラブルに巻き込まれることが多々あるが、本人は全く気にしていない。
寅三とは全く意見が合わず絶えずいがみ合っている。
『なんでも相談室』の仕事に興味はないが、困ったときは頼りになる姉御肌気質という面もある。

安達祐実のコメント
シーズン4決定については、スタッフ&キャストみんなで楽しんで頑張って作ってきた作品が、視聴者の皆様に喜んでいただけたという事だと思います。とても嬉しいです。
私自身、今回はどんな事件が起こるのか…ドキドキしています。

きっとまたビックリするような、そしてホッコリ、クスッとできる作品になるはず。
女性同士のバチバチしたバトルもヒートアップしていくと思います!
それぞれのキャラクターの楽しさやチームワークはそのままに、また新しいゼロ係をお見せできるよう、頑張ります!
シーズン4もお楽しみに!


桜庭勇作(木下隆行)
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室 巡査長

カレーライスと犬をこよなく愛する、ぽっちゃり男。
仕事に対する意欲や興味がなく、八王子西署の地域課所属の交番勤務だったが、「全く使えない」という理由で『なんでも相談室』に飛ばされてきた。
いまだに階級は巡査のまま。独身。
何の取り柄もないようにみえるが、実は犬とコミュニケーションがとれるらしい??

木下隆行のコメント
『令和』令=0 和=0、「ゼロ係」!まさにゼロ係元年の気持ちで挑みます!
桜庭勇作はシリーズを重ねるごとにカレーライス愛・どうぶつ愛・さらに弥生ちゃん愛も増しているように、何事にも欲が強く本気なんです!
シーズン4での欲が楽しみです。そして、カレーも楽しみ!
相談室になんでも相談しにきてください。たまには僕も相談させてくださいね^_^


太田文平(戸塚純貴)
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室 巡査長

岩手訛りが抜けない、ゆとり世代の超マイペース人間。
元警視庁サイバー課の刑事だったが、自分を嫌う上司のパソコンにハッキングをかけ、不倫の証拠を掴んだ結果、吹き溜まりの『なんでも相談室』に飛ばされてきた。
地道な捜査や体力勝負は苦手だが、PCやモバイルを用いた捜査では急に本領を発揮しだす。また、“超音波”という特技も。

戸塚純貴のコメント
いつも応援してくださり誠にありがとうございます!またまた帰ってきた警視庁ゼロ係、熱い夏がやってきます!
なんとシーズ4…期待してくださる方々の為に、パワーアップした姿をお見せすることを約束します!!
チームワークに関してはもう出来上がっていると思うので、スタートから文平を全開で取り組みたいと思います!
あれから1年、一体どんな変化があるのか、皆さま、是非、お楽しみに!


鮫嶋弥生(岸明日香)
杉並中央署 地域課 巡査

いつも笑顔の杉並署のアイドル的存在の婦人警官。ゼロ係にトラブル案件を持ってくることが多いが捜査の役には全く立たない。
桜庭から好意を持たれ、いつもうまくかわすずる賢さも愛嬌。

岸明日香のコメント
早くもシーズン4!こんなに早くまた皆さんに会えるとは思っていなかったので、驚きと嬉しさでいっぱいです!
またあの掛け合いに参加できるということがすごく楽しみです!
演じる弥生ちゃんは世渡り上手ですが、捜査ではあまり役に立ちません(笑)

ずる賢さはシーズン1からどんどんパワーアップしていますが、今回はゴマすり以外のスキルもアップしているはず!!笑
シーズン4ということで、ゼロ係も確実にパワーアップしています。
そして、1から見ていない方でもすぐに入っていける親しみやすさと面白さがあります。皆さん、是非ご覧ください!


谷本敬三(石丸謙二郎)
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室 副署長⇒署長

杉並中央署の副署長を務めていた。怒ると顔を真っ赤にするので通称「だるま」。
下には厳しく、上にはすこぶる調子が良い、頼りがいのない上司。出世欲が強く、早く署長の席に座れる日を心待ちにしていた。
『なんでも相談室』のメンバーを毛嫌いし、相談室を解体することをいつも目論んでいる。そしてついにシーズン4では署長に昇進!

石丸謙二郎のコメント
毎回毎回、クビ覚悟でのぞむ試練の刑事ドラマは、撮影が新鮮で魅力にあふれており、仲間なのか敵なのか不可思議な出演者たちとの邂逅が待ち遠しい気持ちでいっぱいです。
私の演じる谷本は、シーズン1の副署長から、いったん課長まで降格し、再び副署長に昇格、そして、このたびシーズン4で署長へと上り詰めたという、まれにみる乱高下の激しい立身出世の見本です。

ただし、この先の身分がどうなるかは、すべてゼロ係のどうしようもない奴ら次第でもあります。この夏、署長として最強最低の戦いに挑みます。
年を重ねるごとにグレードアップしているゼロ係。なぜ、あの最低の奴らが魅力にあふれているのか、とくとご覧ください。


国仲春吉(加藤茶)
焼き鳥「春吉」 店主

寅三の行きつけの店だったが、いまは『なんでも相談室』の行きつけに。料理の腕が適当なため、店はいつも空いている。
毎回出す料理をことごとく冬彦にダメだしされ、毎回傷ついてしまう。どこで収集してくるのか、杉並中央署管内の情報に詳しい地獄耳の持ち主。
だが、自分にとってマズイ事には耳が遠くなる。

加藤茶のコメント
皆様の応援のおかげでシーズン4の放送が決定し感謝の思いでいっぱいです。
毎回楽しく撮影をしていた『警視庁ゼロ係』の皆さんにまた会えることが楽しみです。
温かい雰囲気の居酒屋になれば良いなと思っています。今年も春吉が作る料理を楽しみにしていて下さい。
皆様に愛される作品になる様にシーズン4も春吉、頑張ります。


横山建夫(片岡鶴太郎)
杉並中央署 生活安全課 なんでも相談室 係長

「なんでも相談室」の新係長。
酒で問題を起こして警視庁第一方面から第十方面までの102の警察署を渡り歩き、最後にたどり着いたのが杉並中央署だった。
通販好きで、職場を届け先にしており、通販で購入した物が、事件解決のヒントになることも。

片岡鶴太郎のコメント
私は、シーズン3から加入させて頂いたのですが、シーズン4に繋がり、事のほか喜んでおります。
シーズン3で終わったら全て私の責任になっておりましたから、首が繋がりました。シーズン4は益々頑張ります。
ひたすら飛びまくります。『とびます‼とびます‼』
出演者、制作陣、一丸となって撮影して参ります。どうぞ御楽しみにして下さいませ。

【プロデューサー 松本拓(テレビ東京ドラマ制作局)のコメント】
この度、4回目の「警視庁ゼロ係」を迎えられること、大変嬉しく思っております。
シリーズを重ねる度に視聴者の皆様の期待を裏切れないというプレッシャーを感じつつ、「変えるべき要素」と「変えるべきでない要素」を模索しておりますが、ゼロ係の持ち味はなんといっても「シリアスな事件」と「ゼロ係のコミカルさ」の融合。

ここに更なる磨きをかけ、制作に臨んでいきたいと思います。前シーズン以上に、様々な「仕掛け」をドラマの中に散りばめました。
今年も「金曜の8時が待ち遠しい」と視聴者の皆様に思って頂けるよう、全身全霊で臨んで参ります。よろしくお願いいたします。

【イントロダクション】
杉並中央署では、副署長だった谷本敬三(石丸謙二郎)が念願叶って署長に就任した。
そこで乗り出したのが目の上のたんこぶだった生活安全課なんでも相談室、通称「ゼロ係」をオリンピック補助班の特別警備と称してお台場の何もない造成地に追いやること。

そこに設置された狭いプレハブ小屋での勤務に係長の横山建夫(片岡鶴太郎)、寺田寅三(松下由樹)、本条靖子(安達祐実)、桜庭勇作(木下隆行)、太田文平(戸塚純貴)は不満を隠しきれなかった。
しかし、警視でありながらゼロ係に配属されている小早川冬彦(小泉孝太郎)だけは大喜び。
なぜなら大好きなあるモノの栽培を気兼ねなくできるからだ。

ところが…その造成地の一角で見ず知らずの主婦と会社員が拉致られ拳銃で殺し合いをするという異常な殺人事件が起きた!
さっそく事件に首を突っ込む冬彦と付き合わされる寅三。事件はいずれ広がりを見せ、冬彦にとって最大の敵となる“平成のヴァンパイア”との異名を持つ死刑囚の存在へとつながっていく。

シリーズ初の女性管理官、正義感溢れる警視庁刑事部長など新たな登場人物も加わる中、事件は警察組織を巻き込み謎は深まっていく。
“役立たず”“ゼロはいくつかけてもゼロ”、そんなゼロ係の彼らが事件の真相に、そして「警察とは?正義とは何か?」に真っ向から挑む!


【番組概要】
番組名:金曜8時のドラマ
「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」
放送日時:2018年7月スタート 毎週金曜夜8時~8時54分

出演:小泉孝太郎 松下由樹 安達祐実 木下隆行 戸塚純貴
・岸明日香 / 石丸謙二郎 加藤茶 片岡鶴太郎ほか

原作:富樫倫太郎『生活安全課0係』シリーズ(祥伝社刊)
脚本:吉本昌弘 船橋勧 田中眞一
監督:倉貫健二郎(スパークル)竹村謙太郎(スパークル)岡野宏信(スパークル)

チーフプロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)
プロデューサー
松本拓(テレビ東京)、加藤章一(スパークル)
松本桂子(スパークル)、松本明子(スパークル)
製作:テレビ東京 スパークル

関連サイトはコチラ