テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年09月20日

第1話の舞台は横浜中華街に決定!物語に“味”を添える豪華ゲストも発表「孤独のグルメ Season8」


テレビ東京では2019年10月4日(金)深夜0時12分(テレビ大阪は翌週月曜 深夜0時12分)より、松重豊主演の大人気シリーズ「孤独のグルメ Season8」を放送いたします。

累計発行部数97万部突破、原作・久住昌之、画・谷口ジローによる同名人気コミックをもとにドラマ化。輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重豊)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ「孤独のグルメ」。

前シーズンは東京・八丁堀の中華料理店で幕を閉じましたが、新シーズン第1話は横浜中華街と王道からスタート!香港、上海、台湾、北京…大小さまざまな店がひしめき合う中華街を歩き回り、やっとたどり着いた店で五郎が出会った絶品料理とは?

また、豪華ゲストも決定!松重豊演じる井之頭五郎の商談相手である占い師ワン役には俳優、バラエティの司会、声優などマルチで活躍する八嶋智人、占い館の店員役には日本でも人気の台湾の俳優フィガロ・ツェン、店のお母さん役には1977年デビュー以来、舞台やドラマ、バラエティで幅広く活躍中の榊原郁恵、そして店の常連客役には、横浜を本拠地とする横浜ベイスターズ(現:横浜 DeNA ベイスターズ)で投手として活躍し、“ハマの大魔神”の愛称で親しまれた佐々木主浩が扮し、物語に“味”を添えます。

佐々木のドラマ出演は 2003年のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」以来、なんと16年ぶり!もちろんテレビ東京ドラマ初出演となります。

さらに!原作漫画をコラージュしたポスタービジュアルも解禁!!
原作漫画の世界に入り込んだようなポスタービジュアルが完成!「それにしても腹が減った。」のセリフとともに、五郎が出会う絶品グルメの数々に、ぜひご注目ください!


<第1話あらすじ>



井之頭五郎(松重豊)は、横浜中華街の山下町公園のベンチで肉まんをほおばりながら、ムチャぶりされた案件の対応をしていた。どうにかパソコン作業を終え、商談先の占い師・ワン(八嶋智人)のもとへ向かった。

始めは自宅リビングのインテリアの相談だったのだが、自身のキャラに迷いがあるワンは、なぜか五郎に進路相談をし始めて…。

何とか商談を終え、腹が減り出した五郎は、一人でも入れる店はと小さな店が軒を連ねる路地を攻めていく。だが香港、上海、台湾、北京…バリエーションのあまりの多さに店が決められない。まさに“中華大迷宮”――めげそうになっていたその時、偶然“釜飯”なるものが目に飛び込んでくる。

「中華で釜飯!?」と気になった五郎は、この釜飯に賭けようと店内へ。出迎えてくれた店のお母さん(榊原郁恵)が先客に出した料理も、意外な組み合わせで、五郎の興味はどんどん加速していく。

<原作>
「孤独のグルメ」原作/久住昌之・画/谷口ジロー(週刊SPA!)
1994~96年にかけて『月刊PANJA』にて連載され、1997年に単行本化。
2008年~15年まで『週刊SPA!』にて不定期連載され、累計97万部を超えるロングセラーとなっている。

<番組概要>
タイトル:ドラマ24『孤独のグルメ Season8』
放送日時:2019年10月4日(金)スタート!毎週金曜 深夜0時12分~0時52分※テレビ大阪のみ翌週月曜 深夜0時12分~
主演:松重豊
出演:久住昌之 (第1話ゲスト) 八嶋智人 榊原郁恵 佐々木主浩 フィガロ・ツェン
(*)「榊」…正しくは“木へんに神”と表記します。
原作:『孤独のグルメ』作/久住昌之・画/谷口ジロー(週刊 SPA!)
脚本:田口佳宏 児玉頼子
音楽:久住昌之 ザ・スクリーントーンズ
演出:井川尊史 北畑龍一 北尾賢人
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:小松幸敏(テレビ東京) 吉見健士(共同テレビ) 菊池武博(共同テレビ)
アソシエイトプロデューサー:川村庄子(テレビ東京)

番組HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume8/
番組公式ツイッター:https://twitter.com/tx_kodokugurume
放送局:TX・TVO・TVA・TSC・TVh・TVQ

≪配信情報≫
「孤独のグルメ Season8」は毎週地上波放送終了後、動画配信サービス『ひかりTV』『Paravi』で配信いたします。
初回配信日:2019年10月4日(金)深夜0:52~ ※第2話以降は放送終了直後から配信

【ひかりTV】URL:https://www.hikaritv.net/
【Paravi(パラビ)】URL:https://www.paravi.jp

関連サイトはコチラ