テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2019年10月31日

民放初!テレ東赤ちゃんプロジェクト始動!!「シナぷしゅ」

<テレ東の新たなチャレンジ「赤ちゃんプロジェクト」>
テレビ東京では、12月16日(月)~20日(金)あさ7時35分から、民放初の赤ちゃん向け番組「シナぷしゅ」を放送します。メインのターゲットは0~2歳の乳幼児。NHKはこの年代を対象とした番組(「いないいないばあっ!」)を制作していますが、民放としては初めての試み。他局が手を出してこなかった領域に挑みます。

「赤ちゃんにテレビは見せない方がいい」と一律に思われている傾向がある一方で、スマホでは玉石混交の動画を見せている現状…そこに疑問を持ったテレ東社員が「赤ちゃんにも良質な動画コンテンツを提供したい!」と、(ある意味、”視聴率を無視して”?)立ち上がりました!

子育て奮闘中の社員たちが集まって本プロジェクトを始動。制作局だけでなく、アナウンス部やビジネスセクションからパパママ社員がプロデューサーとして参加し、それぞれが「自分の子供に見せたい」と思えるコンテンツを開発します。そして、放送だけでなくYouTubeでの展開につなげていきます。

番組名の由来となっている「シナプス」とは、脳の神経細胞と神経細胞の間にあるつなぎ目のこと。脳の神経細胞は、成長にしたがって「増える」のではなく、シナプスによって「つながる」ことで発達します。

適切な刺激でシナプスをどんどん増やし、脳の発達につながる、そして赤ちゃんの世界が「ぷしゅ」っと広がり、パパママの肩の力が「ぷしゅ~」っと抜ける、そんな番組を目指します。

<~制作を手掛ける5人のプロデューサー陣~>


制作局 工藤里紗
慶應義塾大学環境情報学部卒。2003年入社。『インベスターZ』『アラサーちゃん無修正』『極嬢ヂカラ』など時代を切り取る話題の番組を多数手がける。映画『ぼくが命をいただいた3日間』では監督を務めた。

現在は『昼めし旅~あなたのご飯見せてください~』や『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~』などの演出・プロデューサーを務める。古典芸能からhiphopまで楽しむ硬軟mixヤンチャ小僧の母。


アニメ局 岡林曜子
上智大学外国語学部英語学科卒。2003年入社。報道局にて夕方ニュースディレクターと警視庁担当記者、秘書を経てコンテンツ事業局に所属。邦画・洋画の出資及び宣伝を担当。

2009年、アニメ局設立とともにアニメ局に所属。現在は主にテレビ東京で放送したアニメ番組等の海外展開業務とともに、フランスの人気ゲームから派生した海外アニメ『ラビッツ インベージョン』のプロデュース業及び国内事業展開も担当。2児の母。


総合編成局 アナウンス部 松丸友紀
青山学院大学文学部卒。2004年に入社後、バラエティ、音楽番組、スポーツ、報道と多くの番組で活躍。特に『ゴッドタン』ではそのキャラクターを大いに発揮し人気者に。
2017年に第一子を出産後、2018年10月に本格復帰。

現在は『よじごじDays』の3代目メインパーソナリティーを務めながら、引き続き『ゴッドタン』でも活躍中。海外アニメ『ラビッツ インベージョン』では声優にも挑戦している。1児の母。


制作局 高橋弘樹
早稲田大学政治経済学部卒。2005年に入社。ドキュメンタリー番組やバラエティ番組の制作に携わり、『吉木りさに怒られたい』『ジョージ・ポットマンの平成史』の演出や、『ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV』のプロデューサーを務めた。

現在は、『家、ついて行ってイイですか?』の演出・プロデュースを務めている。1児の父。


コンテンツ統括局 飯田佳奈子
東京大学文学部卒。2011年に入社。制作局、アニメ局を経て、2014年からは営業局に配属。『Youは何しに日本へ?』『開運!なんでも鑑定団』『出没!アド街ック天国』など人気番組のセールス促進を4年間担当。

2018年に第一子を出産後、2019年6月の会社復帰に際し、新しく発足したコンテンツ統括局に配属され、間もなく本企画を提案。
初めてのプロデューサー業を務める。1児の母。

<東京大学赤ちゃんラボ監修>
大ヒット絵本「もいもい」を手掛けたことでも知られる、東京大学赤ちゃんラボが番組を監修。

乳幼児の発達メカニズムやメディアの人間への影響を日々研究している開教授に赤ちゃんにどんな刺激が必要なのか、ご意見を伺いながら制作しているので、安心して赤ちゃんに見せることができます。

東京大学 開一夫教授


<番組構成>
赤ちゃんを飽きさせない2分程度のショートコンテンツで番組を構成。見ている赤ちゃんが一緒に体を動かして“参加”できるような作りにします。

<知育クイズ>
これなぁーんだ?色んな「形」が視点を変えると違った姿になるクイズコーナー
<スケッチモーション>
手でイラストが動き出す、ワクワクする動画。テーマは「探求心」「繋がり」
<スピードあそび>
音楽・乗り物・動物など様々なものを早送りorスロー化・逆回しして楽しむコーナー
<英語あそび>
英語の歌やフォニックスを通じて世界に触れるきっかけをつくる
<世界のことば>
フランス語やフィンランド語など普段はあまり出会わない言語を音として楽しむコーナー

<がっしゃん>
「連結」を「がっしゃん」という言葉に置き換え列車を入り口に、色んな「がっしゃん」を見つける
<どうぶつ落っちんぐ>
動物が画面上部から落ちてきて弦にあたると鳴き声をあげる音楽ゲーム
<手元動画>
幼児食をつくる様子をみせるレシピ動画や色を混ぜたり工作したりする手元の動画
<オリジナルストーリー>
感情豊かな主人公の冒険を通して赤ちゃんの身近に存在する自然の世界を描くアニメ
<シナぷしゅダンス>
規則正しい動きやヘンテコな動き、自由な動きを入れて番組の世界観を表したオリジナルダンス

<制作者コメント>

◆飯田佳奈子 (コンテンツ統括局 編成統括部)
昨年出産し子育てをする中で、テレビマンでありながら子供をテレビから遠ざけてしまうジレンマに悩みました。動画であふれかえった現代、子育ての場にも良質な動画があってしかるべきなのに、これまで民放では視聴率の対象外である0-2歳児向けのコンテンツを制作してきませんでした。

日本の未来を担う赤ちゃんに、テレビ局として、胸を張ってコンテンツを届けたい!と、職場復帰してすぐに書いた企画書が形になり嬉しいです。日本の総シナプスが増えるように、頑張ります!

◆工藤里紗 (制作局 CP制作チーム)
小2のやんちゃ小僧と遊びにケンカに恋愛に勉強にとドラマチックな生活を送っています(笑)
「多様性、色々あって色々いい」という時代の割りには、子育ての話になると、これが出来なきゃ!これはダメ!と「ママパパ総評論家」になりがちな不思議なニッポン。

子供への刺激や学びに正解はなく、番組も敢えてバラバラな、でも一つ一つに想いを込めたコンテンツをお届けします。
ながら見、ネットで部分見、好きな形で楽しんで頂けたら嬉しいです。

ちなみに、ほぼ手弁当番組の為、絶賛一緒に作ったり、盛り上げてくれる方のお声がけもお待ちしています(笑)

◆岡林曜子 (アニメ局 ビジネス促進部)
番組を見た赤ちゃんの顔が、“発見の喜び”と“探求心の芽生え”で「ぱあっ」と輝く瞬間が見たい。赤ちゃんの視野・世界・可能性を広げ、大人になって自分の人生を歩み出したときに、自ら考え、感じ、幸せを掴む力をつけてほしい、そんな思いを詰め込んだ番組です。

赤ちゃんのための番組だからこそ、普遍的なテーマをしっかりと描き、いのちや生き物への親近感の土台を作るコンテンツも盛り込みたいと思います。ぜひ親子でお楽しみください!

◆松丸友紀 (総合編成局 アナウンス部)
私自身、手探りで育児しながら日々奮闘している一児の母です。赤ちゃんはベッドがいいの?布団がいいの?そんな疑問から始まり、赤ちゃんにテレビやスマホの動画はみせていいのかといった悩みを夜な夜なネットで必死に検索している自分がいました。

そうです。お父さんお母さんは必死なのです!そんな張り詰めた空気をぷしゅ~と抜きながら、赤ちゃんにたくさんの楽しい刺激をお届けしてシナプスがぷしゅぷしゅと活性化するような番組作りができたらと思っています。皆さんと気持ちを共有できたら嬉しいです。

◆高橋弘樹 (制作局 CP制作チーム)
子どもが2歳なのですが、ふだん子育てにおいて、どんな局面でもいかに「子どもにウケるか(笑わせられるか)」を基準に行動しているので、そこで身につけたノウハウを、自分の担当するコーナーに詰め込めたらなと思っています。

ごねた時も、いやなことをしなきゃいけない時も、大抵笑わせてしまえば、あとは勢いでなんとかなると思います。「笑わせる育児」で、子どもの感情を豊かにし、好奇心をのばせるようにトライしてみたいです。

<番組概要>
タイトル:「シナぷしゅ」
放送日時:12月16日(月)~20日(金)あさ7時35分~8時00分(テレビ東京系列)
プロデューサー:飯田佳奈子、工藤里紗、岡林曜子、松丸友紀、高橋弘樹