テレ東からのお知らせ Information from TV TOKYO

ナナナ
link_url

2020年05月21日

オリラジ藤森慎吾がドラマ初主演!ヤフーやLINE、メルカリ…IT起業家たちの挑戦の物語/Paraviオリジナルドラマ「ネット興亡記」


テレビ東京では2020年5月27日(水)深夜0時58分からのドラマパラビ枠でParaviオリジナルドラマ「ネット興亡記」(全5回)を放送することが決定しました。

1990年代、日本での本格的なインターネットの普及と共に次々と現れたIT起業家たち。
ある者は時代の寵児となり、ある者は時代のはざまに消えていった。

もの凄いスピードで激変を続けるインターネットの世界で、日本のIT起業家たちには知られざる挑戦と苦悩の歴史があった。
そんなIT起業家たちの壮絶な物語を描いた「ネット興亡記」は、日経電子版の人気企画。

度々、Twitterのトレンドに急上昇ワードとして登場するなど、ネット上のみならず、ビジネスパーソンを中心に熱烈なファンを獲得しています。

2018年7月に⼀度連載を終了しましたが、その後も話題となり、外伝、完結編を含めると全52回の長期連載企画となりました。
今回は、その人気連載企画の中から厳選した回を連続ドラマ化。

その連載企画の担当記者役として、オリエンタルラジオ・藤森慎吾が決定。今回がドラマ初主演となります。
最近では、バラエティだけでなく、ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(EX)や、『インハンド』(TBS)、そして映画『七つの会議』など、役者としても存在感を発揮し、その演技が話題になるなど注目を集めています。

バラエティで見せる“チャラ男”を封印し、今回初めて演じる新聞記者を、藤森がどのように表現するのか注目です!
また、このドラマは動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で第1話から第4話までを独占配信中!第5話は5月27日(水)深夜0時より配信スタート!

<藤森慎吾 コメント>
Q.このドラマのオファーが来た時の感想は?
主演です!というマネージャーの言葉からすぐさまドッキリ企画の何かだ、と思いました。現実にあって良かったです。ありがたい。本当に。。

Q.役作りについて
日経新聞の記者さんって聞いてお堅い感じなのだろうな~、と思っていましたが、実際にご本人にお会いした時とても柔和で笑顔が素敵な方だったので、あまりカッチリしなくてもいいのかなぁ~と思いました。でも、取材に関しては誰にも負けない情熱を持っている。そんな男を演じてみようと思いました。

Q.視聴者のみなさまへ見どころを教えてください
スマホ、インターネット、当たり前にそれは存在しているけれど、それがどうやって日本に持ち込まれ、普及していったかはほとんどの人が知らない。決して当たり前ではなかった当時の男たちの壮絶な戦いを刮目せよ!


<原作:杉本貴司記者 コメント>
インターネット産業の創世記を彩る起業家たちの物語。そこには知られざる苦難や葛藤がありました。
彼らはそれをどう乗り越えてきたのか。経営者は孤独ですが、彼らには必ず志をともにする仲間や先達がいました。

あたかも幕末の志士たちが志をたたかわせて、新しい時代を目指したように。日経電子版「ネット興亡記」ではそんな物語を描いてきました。
そして、主人公の杉山記者を演じる藤森慎吾さん。撮影現場ではバラエティー番組などで僕たちがよく知る「チャラ男」とはひと味違う藤森さんがいました。乞うご期待です!

<チーフプロデューサー:鈴木宏昭 コメント>
「ネット興亡記」の魅力は、インターネット創世記に新しいビジネスに挑戦した起業家たちの物語を、人を視点に生き生きと描いていることです。

思わず「へえ、知らなかった」というエピソードが散りばめられ、私たちが使っているヤフーやLINE、メルカリなどが登場した裏側に、開発にかけた熱い思いや起業家たちの意外な交流が存在していたことを知ることができます。
今回のドラマ化では、起業家本人の証言も交えながら、記事とは違う新しい「ネット興亡記」をお届けします。

<内容紹介・各話あらすじ>


産業革命以来の大変革を起こしたインターネット。
日本でも、そんなインターネットに魅了された若き起業家たちが、ヤフーやLINE、メルカリなどを生み出した。

しかし、これまでの道のりには、ネットバブルの崩壊やライブドア事件など数々の荒波と決して諦めない起業家たちの挑戦の物語があった。
新聞記者の杉山(藤森慎吾)は、IT起業家たちは⼀体何を考え感じていたのか真実を知りたいと取材を始め、知られざる彼らの野望や苦悩を明らかにしていく。

<第1話 ネットバブルの攻防>
インタビュー出演:藤田晋(サイバーエージェント社長)、宇野康秀(USEN-NEXT HOLDINGS社長)
あらすじ:2000年、サイバーエージェントを最年少上場させ、頂点にいた26歳の藤田晋を待っていたのはネットバブルの崩壊と買収の危機だった。


<第2話 インターネットの夜明け>
インタビュー出演:鈴木幸一(IIJ会長)
あらすじ:「50歳手前で自己破産か……」。1992年、日本初のインターネット接続事業を始めた鈴木幸一だったが、かたくなに登録を拒む国の壁が立ちはだかっていた。


<第3話 メルカリの野望>
インタビュー出演:山田進太郎(メルカリ社長)
あらすじ:「オーラ無し」「目立たない存在」―メルカリ創業者、山田進太郎が世界一周の旅を終えてたどり着いたヒントとは。
そして、知られざる盟友との別れ。


<第4話 逆襲のLINE>
インタビュー出演:出澤剛(LINE社長)、舛田淳(LINE CSMO)
あらすじ:利用者8300万人。SNSの巨人LINEのヒットの突破口を開いたのは、2000年代に事件を起こした、あのライブドアの残党たちだった。


<第5話 孫正義とYahoo!>
あらすじ:LINEとの電撃的な経営統合で日本初のITジャイアントを目指すヤフーは、起業家・孫正義の事業拡大の土台となった。孫が見据えるその先とは。


<番組概要>
【番組名】Paraviオリジナルドラマ「ネット興亡記」
【放送局】テレビ東京、テレビ大阪
【放送日時】2020年5月27日(水)スタート 毎週水曜深夜0時58分~1時28分(全5回)
【配信】
動画配信サービス「Paravi」で第1話から第4話までを独占配信中
第5話は5月27日(水)深夜0時より配信スタート

【原作】「ネット興亡記」(杉本貴司/日本経済新聞社)
【主演】藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
【チーフプロデューサ】鈴木宏昭
【プロデューサ】大和健太郎、小板橋太郎、清水啓太郎、清水昇
【監督】吉見拓真
【脚本】横幕智裕
【企画】⽥村勇気
【製作著作】「ネット興亡記」製作委員会
【制作】Paravi/松竹撮影所
【制作協⼒】テレビ東京

【公式HP】
Paraviオリジナルドラマ「ネット興亡記」テレビ東京公式サイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/netkoubouki/
Paraviオリジナルドラマ「ネット興亡記」公式サイト
https://www.paravi.jp/static/netkoubouki
「ネット興亡記」公式サイト
https://www.nikkei.com/article/DGXZZO57158230U0A320C2000000/

関連サイトはコチラ