indigo la Endの「夜漁り」がオープニングテーマ曲に決定!さらに!劇中の音楽もindigo la Endが担当!/ドラマ24特別編【40万キロかなたの恋】

2020.07.17
indigo la Endの「夜漁り」がオープニングテーマ曲に決定!さらに!劇中の音楽もindigo la Endが担当!/ドラマ24特別編【40万キロかなたの恋】
テレビ東京では7月24日(金)深夜0時12分より、千葉雄大主演のドラマ24特別編「40万キロかなたの恋」(全4話)を放送いたします。本作は、地球と約40万キロ離れた月周辺で、宇宙船にたった一人で長期滞在している孤独な宇宙飛行士の物語。煩わしい人間関係が大嫌いで、地球で人ごみにいるよりも、AIのユリ(人工知能)とともに宇宙でひとり暮らす生活に満足していた…。そんな偏屈な宇宙飛行士が、ある日、地球にいる元恋人とモニター越しに再会したことをきっかけに、生活が一変。まさかの人工知能も巻き込む三角関係に発展!?しかも、宇宙生活はトラブルの連続で…。果たして、どんな結末を迎えるのか!?宇宙一面倒臭い男の史上最長の超遠距離恋愛作品です。

そんな本作のOPテーマが、川谷絵音率いるバンド・indigo la End「夜漁り」(よあさり)に決定いたしました!「夜漁り」は、会いたくても会えない切ない気持ちを歌ったラブソング。宇宙と地球という超遠距離恋愛が繰り広げられる本作の世界観を盛り上げます。さらに、劇中の音楽もindigo la Endが担当することも決定!どうぞご期待ください!

<コメント>
40万キロ彼方がどのくらいの距離か想像もつきませんが、
想像できない場所に思いを馳せるということにすごくロマンを感じました。
「夜漁り」という曲がそのロマンに花を添えるような存在になってくれたら幸いです。(川谷絵音)

<indigo la Endプロフィール>
2010年2月川谷絵音を中心に結成。
2014年にメジャーデビュー。
同年8月にベース後鳥亮介が加入。2015年にドラム佐藤栄太郎が加入し、現在の体制となる。
歌とギターのツインメロディとそれを支えるリズム隊、川谷絵音が紡ぎ出す叙情的な歌詞、それらが絶妙なバランスで重なり合い、独自の色を持った音楽を産み出す。
2020年結成10周年を迎え、新たなファン層が拡大中。

<あらすじ>
宇宙飛行士の高村宗一(千葉雄大)は、人類が宇宙で快適に生活するためのサンプルデータをとるために、1年間も宇宙に滞在していた。極度な人間嫌いの彼は、煩わしい人間関係を逃れ、人工知能のユリ(声:吉岡里帆)とともに宇宙でひとり暮らす生活に満足していた。そんなある日、元恋人の鮎原咲子(門脇麦)から衛星回線で取材を受けることになる。画面上で久々の再会を果たし、ついついケンカになってしまうが、宗一は懐かしい気持ちを思い出す…。一方、AIのユリは宗一に抱いていた感情が人間の恋に近いのではと気づき、自分の存在意義に疑問を感じ始める。宇宙飛行士と地球の元恋人とAIの三角関係の行方は!?そして、人間嫌いの宇宙飛行士が出す答えとは!?

<番組概要>
【番組名】ドラマ24特別編「40万キロかなたの恋」
【放送日時】2020年7月24日(金)深夜0時12分スタート 毎週金曜深夜0時12分放送
【放送局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送
※テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜0時12分放送
【出演】千葉雄大・門脇麦・矢本悠馬・山田真歩・小松利昌・吉岡里帆(声)
【オープニングテーマ】indigo la End「夜漁り」(TACO RECORDS/Warner Music Japan)
【音楽】indigo la End
【監督】椿本慶次郎(ドラマ「ピーナッツバターサンドウィッチ」ほか)
【脚本】玉田真也(ドラマ「JOKER×FACE」、「伝説のお母さん」ほか)
【チーフプロデューサー】阿部真士(テレビ東京)
【プロデューサー】濱谷晃一(テレビ東京)櫻井雄一(ソケット)山邊博文(ソケット)
【制作】テレビ東京ソケット
【製作著作】「40万キロかなたの恋」製作委員会
【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/40mankiro/
【公式Twitter】@tx_40mankiro https://twitter.com/tx_40mankiro
【公式Instagram】tx_40mankirokanata

関連タグ