寺島進VS檀れい!奥多摩を舞台にした義理と人情とサスペンスの人気シリーズ“駐在さん”がスペシャルドラマで帰ってきた!!隠された“親子の秘密”と空から降ってきた“白骨の謎”に挑む!

寺島進VS檀れい!奥多摩を舞台にした義理と人情とサスペンスの人気シリーズ“駐在さん”がスペシャルドラマで帰ってきた!!隠された“親子の秘密”と空から降ってきた“白骨の謎”に挑む!

テレビ東京では5月24日(月)よる8時から、「駐在刑事SP2021」を放送します。本作は、これまでにスペシャルドラマとして5本、2018年10月、2020年1月に連続ドラマとして金曜8時のドラマ枠で放送された人気シリーズで、主演は寺島進。かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事、そして今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史を演じます。引き続き、北村有起哉、佐藤寛太、鈴之助、市毛良枝といった豪華レギュラーキャストも出演し、今回、檀れいがゲストとして出演することが決定しました。

今回のスペシャルドラマでもシリーズの世界観を踏襲し、『奥多摩・水根の人々の人情とユーモアあふれるエピソード』と『捜査一課が追うシリアスな殺人事件』を組み合わせた物語が展開します。今回、江波は奥多摩の住人である高校生、沢井真紀(小林星蘭)から、自分は両親の子ではないと相談を受ける。真紀の父・啓太郎(お宮の松)を問い詰めると17年前、若宮沙雪(檀れい)から産まれて間もない真紀を託されたことを告白。江波は真紀と共に沙雪に会いに行き…。これまで明かされてこなかった『親子の秘密』と空から降ってきた白骨遺体の謎とは!?今回も、主人公の江波と捜査一課・管理官の加倉井とのバトルは健在。お互いの正義をぶつけあい、捜査に奔走します。

犯人を捕まえる為だけではなく、目の前にいる人々に寄り添うヒューマンサスペンスドラマとなっております!

是非ご期待ください!

「駐在刑事SP2021」

「駐在刑事SP2021」

キャストコメント 

■寺島進(江波敦史 役)

[役紹介]

奥多摩・水根に駐在する警察官。住民からは“駐在さん”と呼ばれ親しまれている。元・警視庁捜査一課刑事。

[コメント]­­

コロナ禍ということもあり、久しぶりになってしまったのですが、キャスト・スタッフの駐在ファミリーの皆様に再び再会することができて本当に嬉しく思いますし、感謝しています。奥多摩はやはりホームグラウンドだなと思いました。今回のゲストの檀れいさんは本当に美しいですし、完璧ですね。台本のセリフ以上にお芝居も膨らむので、魅力的な女優さんに引き受けていただいてありがとうございます!という感じです。真紀を演じている星蘭ちゃんは2014年の第1弾から出演してくれていて、今回はすごく難しい役どころだと思うのですが、監督とセッションをして、そして表現をしているところを見ると素晴らしい女優さんだなと成長ぶりに嬉しくなりました。作中には江波が嬉しくなるようなセリフもありました(笑)。今回のスペシャルドラマは美しい自然はもちろんなのですが、海も出てきます。母なる海のように今回は“母と子”の縁が描かれています。グッと熱くなるものがあると思いますので是非楽しみにしていてください!

■檀れい(若宮沙雪 役)

[役紹介]

名高い広告写真家。真紀から本当の母親ではないかと尋ねられるが…。

[コメント]

何シーズンも続いている作品のスペシャルドラマのお話をいただいて、どんなお話になっているのだろうと台本を読んだのですが、

私が演じる若宮沙雪は重い十字架を背負った影のある女性でした。どのように演じようかすごく難しさを感じました。沢井真紀ちゃん役の小林星蘭ちゃんとは10年以上ぶりに共演をさせていただくのですが、星蘭ちゃんが初めて出演したドラマで私は母親の役を演じていて、5歳の時の星蘭ちゃんを知っているので、今回久しぶりに共演できてすごく嬉しかったです。星蘭ちゃんがずっと頑張ってきていたのを陰ながら見ていましたので、成長した星蘭ちゃんにお会いできるのがすごく楽しみでした。

奥多摩で撮影をしたことがなかったのですが、なんて美しい場所なんだろうと思いました。緑に囲まれていて、空は青く澄んでいて気持ち良い景色の中で撮影させていただきました。奥多摩にはドラマの世界観が広がっているんだなと思いましたし、そこに寺島さん演じる江波さんが本当に存在しているかの様でした。江波さんは奥多摩に住む人たちを温かく見守っていらっしゃっていてすごくほのぼのとしました。江波さんみたいな方がどの街にもいてくれたら平和な世の中になるんじゃないかなと演じながら思いました(笑)。この春も駐在さんが事件解決の為に頑張ります!そこで私が演じる沙雪がどう絡んでいくのか…真紀ちゃんとの関係は果たしてどうなるのか…ご注目いただきながら、春の奥多摩の景色も楽しんでいただけたらと思います。

■北村有起哉(加倉井国広 役)

[役紹介]

警視庁捜査一課・管理官。警察官として「組織」を重要視しているため、「人」を大切にする江波とは対立している。

[コメント]

今回のスペシャルドラマ化を聞いて、実力派のゲストの方々が集っていただき嬉しく思います。一緒にお芝居をするのが今から楽しみです。犯人が誰なのかと思わせながらも、一つ一つのシーンが色んな風合いを持っているので、最後まであっという間の展開でした。実は、僕の周りの人から「あの奥多摩の刑事のドラマこんどはいつやるの?」とよく聞かれます。2014年から始まったこのドラマですが、観てくれた方々に確実に印象を残すことができた賜物なのかもしれません。そんな待ちわびてくださっている方々もはじめて観るかたにも、心にじんわり残るいいドラマだったなぁと思ってもらえるように僕自身も張り切って楽しく取り組ませていただきます。

■小林星蘭(沢井真紀 役)

[役紹介]

水根ストアの長女で高校1年生。父親・啓太郎を手伝い、妹・ふたばと弟・宗助の母親代わりでもある

 [コメント]

いただいた台本を読み始めた時から、「えっ?ちょっと待って?」と驚いて衝撃を受けました。今まで撮影してきていて、真紀達の母親ってどんな人なんだろうと話していたのですが、まさかその話題が本当にドラマで描いていただけるとは思っていなかったので驚きと嬉しさがありました!と同時に今までで1番真紀ちゃんがストーリーに関わってくるので、どういう風に演じようか緊張と難しさを感じました。久しぶりの奥多摩でまだ寒い!と思ったのですが、キャスト・スタッフの皆さんは変わらず暖かかったです(笑)。寺島さんはいつも私のことを気にかけてくれていて、毎シーン緊張している私をほぐそうといろいろと話しかけていただいています。私も真紀ちゃんと同じ年で普通では経験することが無い状況を真紀ちゃんはどう思っているのだろう?と台本をすごく読み込んで、周りの環境をしっかりと考えて演じているのですが、壁にぶつかっています。でも、その壁を乗り越えたいと思っています。いつも賑やかな沢井家がまさかの展開に!?駐在さんの活躍もたくさんあります!皆さんの知らなかった真紀ちゃんが見られると思いますのでお楽しみに!

スタッフコメント

■プロデューサーコメント(制作局ドラマ室:プロデューサー阿部真士)

約1年半ぶりに「駐在刑事」が帰ってきます!久しぶりに訪れた奥多摩はやはり美しく、自然の力強さを感じました。訪れた人だけでなく、テレビ画面を通してでも癒しを与えてくれるはずです。2014年から単発シリーズとして始まった「駐在刑事」は、これまでにもレギュラー登場人物の知られざる一面や家族を描いてきました。今回、第1作目から出演している小林星蘭さん(=沢井真紀)を中心とした話を組み立てられないかと、制作チームで試行錯誤し、“駐在ファン”にも、初めて見る視聴者の方にも満足いただけるストーリーを作ることが出来ました。撮影当時8歳だった星蘭ちゃんが、今回のゲストの檀れいさんと真剣にお芝居でぶつかります。ミステリーとしてもヒューマンドラマとしても楽しめますので、ぜひご期待ください。

★イントロダクション★

奥多摩のキャンプ場に複数の白骨が落下した。捜査を進めると山の崖下から17年前行方不明になっていた会社社長の白骨遺体が見つかった。なぜ空から骨が降ってきたのか…水根駐在の江波敦史(寺島進)は原因を探る。一方、奥多摩の住人・沢井真紀(小林星蘭)から自分は両親の子ではないと相談を受ける。父の啓太郎(お宮の松)は17年前、若宮沙雪(檀れい)から真紀を託されたことを告白。江波は真紀と共に沙雪に会いに行く。

「駐在刑事SP2021」

(番組概要)

【番組名】 月曜プレミア8「駐在刑事SP2021」

【放送日時】 2021年5月24日 (月) 夜8時~9時54分

【放送局】 テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送

【出演】 

寺島進 檀れい 北村有起哉  佐藤寛太 中島ひろ子 木下ほうか 小林星蘭 徳井優 梨本謙次郎 市毛良枝

【原作】 笹本稜平「駐在刑事」「駐在刑事 尾根を渡る風」(共に講談社文庫)

【監督】 小林義則

【脚本】 田子明弘

【チーフプロデューサー】 濱谷晃一

【プロデューサー】 阿部真士 元村次宏

【製作】 テレビ東京/BSテレ東/東通企画

【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/premiere8_drama/