異なる戦争体験を持った3人の激動の人生を、名曲とともに振り返る「武田鉄矢の昭和は輝いていた」【女性歌手列伝~命懸けの歌人生~】二葉あき子 渡辺はま子 菊池章子3時間スペシャル

異なる戦争体験を持った3人の激動の人生を、名曲とともに振り返る「武田鉄矢の昭和は輝いていた」【女性歌手列伝~命懸けの歌人生~】二葉あき子 渡辺はま子 菊池章子3時間スペシャル

BSテレ東では、5月28日(金)よる7時から「武田鉄矢の昭和は輝いていた 女性歌手列伝~命懸けの歌人生~ 3時間スペシャル」を放送します!今回は、戦前・戦後の歌謡界を牽引した3人の歌姫に注目。その歌姫とは、二葉あき子、渡辺はま子、菊池章子。戦争によって人生に大きな変化が訪れた3人の歌手人生に迫る。

原爆や戦争犠牲者の鎮魂を祈り、歌い続けた「二葉あき子」。昭和20年8月6日、広島に原子爆弾が投下されたその瞬間、街を襲った原爆の閃光の中、奇跡的にも生き延びたあき子。生死を分けた、ほんのわずかな偶然とは――。代表曲「夜のプラットホーム」「フランチェスカの鐘」「水色のワルツ」に込められた想いを本人のインタビュー映像と貴重な歌唱映像で紐解いていく。

そして、「歌」で命を救ったチャイナメロディーの女王「渡辺はま子」。戦時中に従軍歌手として戦地へ赴き、多くの兵士の前で歌った。そんなはま子が囚われの元日本兵を救った「モンテンルパの奇跡」とは――?代表曲「あゝモンテンルパの夜は更けて」「愛国の花」「蘇州夜曲」にスポットを当てながら、「渡辺はま子」をテーマにした舞台で、はま子役を演じた女優の伍代路子をゲストに迎え、はま子を突き動かした心情について語ってもらう。また、元日本兵の貴重な詩集を公開。詩に込められた想いとは?

そして、代表曲「星の流れに」「岸壁の母」「湖畔の乙女」「春の舞妓」などで女性たちの深い哀しみや、やり場の無い怒りを代弁した「菊池章子」。悲劇の裏にあった、女性の嘆き、恨み、絶望。戦争の傷跡を歌い続けた、菊池章子が生涯紡いだメッセージとは?

異なる戦争体験を持った3人の激動の人生を、名曲とともに振り返る3時間スペシャル!どうぞお楽しみに

 

【出演者 収録を終えてのコメント】

■五大路子(女優)

昭和歌謡の魅力がたっぷり詰まった収録で、時間があっという間に過ぎてしまいました。激動の戦前・戦後を駆け抜けた3名の女性歌手、その壮絶な人生から沢山のことを学びました。まさに「昭和は輝いていた」今もなお記憶が鮮明に蘇ります。後世にも語り継ぎたい大切な歌が出てきます。是非、本編をお楽しみ頂ければ幸いです。

五大路子

■石原詢子(歌手)

曲が生まれるには、その背景に様々なエピソードがあるということを今日改めて実感いたしました。また、武田さんが御三方に対しておっしゃった“命がけで歌う”という言葉に感銘を受けました。私も御三方に近づけるよう、素晴らしい名曲を歌い継ぎながら、さらに日々精進したいと思います。

石原絢子

■林家たけ平(落語家)
昭和歌謡が大好きな方、それから、歴史に興味のある方は、必見の内容です!!人々の命を歌で繋いだ、女性歌手三人の魂の叫びは、聴く人達の心に染み入ります。本物の歌謡曲を、とくと、ご堪能ください!

「女性歌手列伝」とかけて「深い穴」ととく、その心は「はまったら、抜け出せません~!」お楽しみに~!

お後がよろしいようで…。

林家たけ平

 

統括プロデューサー・橋本かおり(BSテレ東 制作局)コメント

ゲストの五大さんがおっしゃっていますが、まさにこの3人の歌には“心”がこもっています。

3人の歌人生を紐解いていくにつれ、彼女たちが全身全霊で、歌っていたことに感動します。

原爆投下時トンネルの中にいて助かった、その後の自分の使命が歌を歌うこと・・・と活動した二葉あき子さん、見事に庶民の心をつかんでいます。そして渡辺はま子さんが フィリピンに囚われている元日本兵たちを慰問し、釈放までこぎつけた歌となった「モンテンルパの歌」はあらためて心を打ちます。さらに、「星の流れに」や「岸壁の母」で戦後の女たちを表現した菊池章子さんの歌には 現在にも通じる心があります。この3人の命がけの歌人生をたっぷり3時間味わってください。

 

番組概要

【番組名】「武田鉄矢の昭和は輝いていた 女性歌手列伝~命懸けの歌人生~3時間スペシャル」

【放送日時】 2021年5月28日(金)夜7時~9時49分

【放送局】 BSテレ東(BS⑦ch)/BSテレ東4K(4K⑦ch)
【司会】武田鉄矢、福田典子(テレビ東京アナウンサー)
【ゲスト】五大路子、石原詢子、林家たけ平

【番組HP】 https://www.bs-tvtokyo.co.jp/showa/