2021年7月3日スタート 毎週土曜23時25分~!「女の戦争~バチェラー殺人事件~」第2報情報解禁!主題歌はCö shu Nie(コシュニエ)の「undress me」に決定!

2021.06.23
2021年7月3日スタート 毎週土曜23時25分~!「女の戦争~バチェラー殺人事件~」第2報情報解禁!主題歌はCö shu Nie(コシュニエ)の「undress me」に決定!

欲望にまみれた愛憎サスペンス【女の戦争~バチェラー殺人事件~】

Cö shu Nie(コシュニエ)の書き下ろし楽曲「undress me」

地上波ドラマ初主題歌決定!!

中毒性のあるが、本作をさらに刺激する!!

コシュニエ様宣材写真

次世代スター、人気YouTuber、サスペンスの常連が参戦!

を固める個性豊かなキャストも解禁

リリース掲載写真

(左から、松大航也、喜多乃愛、芹沢瞬、羽場裕一)

今年4月から新設された、テレビ東京土曜深夜ドラマ枠『サタドラ』。

7月からは、女性たちの欲望にまみれた愛憎サスペンスドラマ『女の戦争~バチェラー殺人事件~』を放送!

主演にミュージカル界の貴公子・古川雄大、また彼が演じる御曹司バチェラーを奪い合う7名の女性達(葵わかなトリンドル玲奈寺本莉緒尾碕真花北原里英成海璃子真飛聖)の出演は既報の通りですが、この度、このドラマの主題歌が、中毒性のあるサウンドと、透明感のある歌声によって、圧倒的世界観を構築する次世代アーティスト・Cö shu Nie(コシュニエ)の書き下ろし楽曲undress me」に決定人気アニメ「呪術廻戦」や「約束のネバーランド」、また映画「シライサン」などで楽曲を手掛け、年々注目を浴びていますが、今回が地上波ドラマ初の主題歌タイアップとなります。

Cö shu Nieの音楽が、本作にどのような化学反応を起こすのか、こうご期待です!

 

また脇を固める個性豊かなレギュラーキャストも解禁!

ドラマ内で展開する恋愛リアリティショー『ゲット・ザ・バチェラー』の番組MC ケリー豊田(けりー・とよた)役には、連続テレビ小説「エール」や現在放送中の「レンアイ漫画家」など、話題作に出演し、年々頭角を現している松大航也。本作がテレビ東京初出演となります。

AD楓(かえで)役には、2018年にデビューしてから4年間、多くの作品に出演し、女優として着実にキャリアを積んでいる次世代スター・喜多乃愛

AD斉藤(さいとう)役には、最近若者に大人気の、チャンネル登録者数22万人以上の人気YouTuber ・芹沢瞬

そして、古川演じる哲也の父・鳴戸英一郎(なると・えいいちろう)役には、多くの刑事ドラマで圧倒的な存在感を放ち、舞台、ドラマ、映画とマルチに活躍する実力派俳優・羽場裕一

 

今をときめく個性豊かな俳優陣によって、本作を彩ります。

一体誰が御曹司バチェラー・哲也に選ばれ、一体誰が哲也を殺すのか…。乞うご期待ください!

 

Cö shu Nie(コシュニエ)・コメント~

今回『女の戦争~バチェラー殺人事件~』の主題歌を担当させて頂くこととなりました、Cö shu Nie(コシュニエ)です。

この『undress me』という曲は、例えば、”ある人物が、どういう理由で愛する人の命を奪うだろう”と、心の機微をしたためたものです。作品のプロットを読ませて頂いて、登場人物達の欲望に忠実に猪突猛進するエネルギーに衝撃を受けました。これから毎週、愛すべき女達に振り回されながら放送を楽しみたいと思います!

主題歌解禁にあたって…主演・古川雄大&プロデューサーからもコメントが到着!

鳴戸哲也役:古川雄大

ドラマの撮影中に、今回の主題歌を一足お先に聴かせていただきました。

お洒落な旋律の中にあるキャッチーなメロディー、独特な世界観の中にあるストレートなフレーズ。とても感動しました。

ドラマの緊迫感や歪な愛が曲の中に凝集されていて、ドラマと楽曲が一つの作品として連なった完成形が、とても楽しみになりました!

プロデューサー:田中智子(テレビ東京)

人気アニメや映画主題歌で注目のコシュニエさんが素敵な主題歌を書き下ろしてくださいました。このドラマはコシュニエさんの曲の世界観と通じるものがあると思っていたのでコラボが実現し、とても嬉しいです!

ドラマは恐怖ありドロドロ女の戦いありのサスペンス愛憎コメディですが、その裏で現代女性の抱える二面性、心に仮面をかぶった姿を描いています。

今回コシュニエさんは、そんな葛藤する女ごころを見事に曲にして表現してくださいました。

素晴らしい主題歌と美しい女優陣の映像で、視聴者の皆さんを釘付けにしたいと思っています!ご期待ください!

 

さらに!追加キャストからのコメントも到着!

ケリー豊田役:松大航也

素敵な役をいただけたこと、すごく光栄に思っています。

台本を読んでいくと、出てくるキャラクターが、本当に個性が強くて、その中で繰り広げられる女性たちの戦いが、とても面白いです。

個性は強くても、本当に現実でこんな人いるなと思えたり、なかなか出会うことがないであろう職種の方々が争っていくところにも魅力を感じました。

僕はその中で、司会進行役をやらせていただいたのですが、そういう役をやらせていただくのが初めてで、喋りのトーン、滑舌、周りをどれだけ見られるか、など様々な課題を感じました。

共演者の方々は、皆さん初めましてでしたが、とても優しくて、素敵な方々ばかりです。

個性的なキャラクターや、そこで巻き起こる事件に目が離せなくなると思います!

放送まではまだありますが、楽しみにしていただけるととても嬉しいです。

AD楓役:喜多乃愛

今回出演させていただく事になり、とても光栄に思います!

目まぐるしく変わる展開に目が離せず、全話分の台本を一気読みしてしまいました。

まさに女の戦争!それを覗き見している感覚で、なんともいえない臨場感が最高でした。その中で、私が演じるAD楓は、テキトーで脱力系。この戦いに、コミカルさをプラス出来たらなと思っております!

皆様にお届けできる日が待ち遠しいです。ぜひ、お楽しみに!

AD斉藤役:芹沢瞬

いつもはYouTubeを中心に活動しているので、初めての地上波に緊張してるのですが、自分の力を精一杯出していきたいです!

共演者のみなさんはとても優しく、楽しい現場です!

台本を読んでみて、1話1話に色んな話の展開があって、1回見たら絶対最後まで見たくなる作品だなと思いました!

鳴戸英一郎役:羽場裕一

バチェラー(素敵な独身男性)のドラマへの出演と聞きまして美女に囲まれている私を想像しましたが、すぐにそれはないなと反省しました。

バチェラーのドラマ、しかもサスペンス。コメディも入った盛りだくさんの内容。

私が早く見たい!