《BSテレ東》栄光の昭和歌謡【森進一デビュー55周年出会いの歌人生】

《BSテレ東》栄光の昭和歌謡【森進一デビュー55周年出会いの歌人生】

過去の出来事や出会い、そして明日について何を思うのか
これからを赤裸々に語る“人間、森進一”に迫る!

BSテレ東では、12月5日(日)よる7時から「栄光の昭和歌謡森進一デビュー55周年出会いの歌人生」を放送します。
デビュー55周年。歌謡曲の黄金期と言われる昭和歌謡を彩り、今もステージに立つ森進一。
今年、74歳。数え切れないヒット曲を持つが、その歌人生は波瀾万丈であった。それでも森進一は言う。
「昔があるから今がある」と。今回、2時間半におよぶロングインタビューを実施。これまでの出来事やゆかりの人との出会い、これからを赤裸々に語る“人間、森進一”に迫る。
さらに、猪俣公章(作曲家)、古賀政男、美空ひばり、岡本おさみ(作詞家)、阿久悠(作詞家)との秘話を語る。
森進一の独自の人生論や考え思いを、そのヒット曲と共に紹介する。どうぞお見逃しなく!

紹介予定曲

女のためいき命かれても盛り場ブルース年上の女花と蝶おふくろさん港町ブルース波止場女のブルース襟裳岬冬の旅人生の並木路哀愁波止場新宿・みなと町うさぎ東京物語北の螢冬のリヴィエラあるがままに生きる昭和・平成・令和を生きる

ほか

森進一(歌手)インタビュー

Q:デビューしたときの心境は?
A:マスコミで”一発屋”とか”ゲテモノ”とか書かれて・・・そんなに長くは続かないなと思っていた・・・

Q:子供時代は苦労されましたか?
A:(母が離婚して)長男がやっぱり家族を支えていくのが当たり前だと思って、もう夢とか希望とかね、持てる状況じゃなかったです。

Q:お母様を亡くされたときは?
A:僕の今までやってきたことは何だったんだろうって思いました。
弟と妹をどうしようかって。でも、自分がしっかりしなきゃしょうがない。手探りの人生でしたね。

橋本かおり統括プロデューサー(BSテレ東制作局)コメント

森進一の歌は、メッセージだ…
編集を終えてみると、全ての歌が、彼の人生と重なります。
紆余曲折、波瀾万丈の出来事があったにもかかわらず、森さん作詞の歌にあるように、"あるがままに生きる"の歌人生55年を生きられた気がします。
今だから語る、さまざまな思いを番組では話していただきました。子供の頃の苦労、最愛の母の死、独立の話、子供の育て方…そして、今思うこと…。
2時間たっぷりと森進一さんの歌人生お楽しみください。

番組概要

【番組名】「栄光の昭和歌謡 森進一デビュー55周年 出会いの歌人生」
【放送日時】2021年12月5日(日)夜7時~8時55分放送
【放送局】BSテレ東(BS7ch)/BSテレ東4K(4K⑦ch)全国無料放送
【インタビュー出演】森進一
【番組HP】https://www.bs-tvtokyo.co.jp/morishinichi_55anniversary/