新着ニュース

“覚醒した女王”新井千鶴が東京五輪の座を一気に手繰り寄せる

2017.11.30
柔道グランドスラム東京2017 - “覚醒した女王”新井千鶴が東京五輪の座を一気に手繰り寄せる

【女子70kg級 新井千鶴】

この夏悲願である世界女王に。さかのぼること2年前の夏。世界選手権では日本女子で唯一メダルを持ち帰ることができず大きな屈辱を味わった。負の連鎖はつづき、昨年のリオオリンピックでも代表落ち…。

 

不遇の2年間の中で「とことん自分を見つめなおした。」25歳は苦しみぬいた末、この夏長いトンネルを抜け出した。長年のライバルでリオオリンピック金メダリストの田知本遥がこの秋引退。

 

「もっと強い柔道をして一歩一歩オリンピックをめざしたい」と70kg級の第一人者として“覚醒した女王”が東京オリンピック代表の座を一気に手繰り寄せる。

 

名前:新井千鶴(アライ チヅル)

階級:女子70kg級

身長:170cm

得意技:内股

 

 

【柔道グランドスラム東京】

世界中の猛者が集まる柔道の国際大会「柔道グランドスラム東京」。オリンピック金メダリストも出場するこの大会は、ワールドツアーの一つとしてオリンピックの代表選考に大きく影響する重要な大会。

 

特に今年8月の世界選手権で金メダルを獲得した7人は、グランドスラム東京で金メダルを獲得すれば、来年の世界選手権代表に内定!すなわち2020年東京オリンピック代表の座を大きく手繰り寄せる大一番に。

 

一番手がこのまま突き進むのか!?はたまたその勢いに「待った」をかけるのか!?ニューヒーローの誕生にも注目が集まる!

ニュース一覧