新着ニュース

小川雄勢「父は五輪銀メダリスト。偉大な存在からの言葉を胸に目指すは優勝」

2017.11.30
柔道グランドスラム東京2017 - 小川雄勢「父は五輪銀メダリスト。偉大な存在からの言葉を胸に目指すは優勝」

【男子100kg超級 小川雄勢】

「積み上げてきたものが全部崩れてしまうんじゃないか。」今年彼の中では葛藤が繰り返されていた。思うような成績が出せなかったこの一年間。それまでの実績から注目されるがゆえ、相手には研究され尽くされていた。

 

そんな中でも「自分の弱い部分を認めることができなかった。」現実から目をそらし続けた。それまで積み重ねてきたものへの自負。しかし今年6月の全日本学生優勝大会。団体戦の準決勝、さらに決勝戦で黒星。「みんなの足を引っ張って申し訳ない気持ちが大きくて…。」

 

「負けている場合じゃない。」この日以来くすぶっていたものが吹っ切れた21歳は、11月の講道館杯で初優勝。長いトンネルを抜け、復調のきっかけをつかんだ。五輪に出ることの大変さは誰よりも分かっている。92年バルセロナ五輪銀メダリストの父・直也さんは多くは語らないものの、その背中で勝負の厳しさを示してきたという。

 

「まずは目の前の相手に集中。一戦一戦が大事。」“偉大な存在”からの言葉を胸に、まずはグランドスラム東京での優勝。その先に夢の五輪金メダルが見えてくる。

 

名前:小川雄勢(オガワ ユウセイ)

階級:男子100kg超級

身長:190cm

得意技:内股

 

 

【柔道グランドスラム東京】

世界中の猛者が集まる柔道の国際大会「柔道グランドスラム東京」。オリンピック金メダリストも出場するこの大会は、ワールドツアーの一つとしてオリンピックの代表選考に大きく影響する重要な大会。

 

特に今年8月の世界選手権で金メダルを獲得した7人は、グランドスラム東京で金メダルを獲得すれば、来年の世界選手権代表に内定!すなわち2020年東京オリンピック代表の座を大きく手繰り寄せる大一番に。

 

一番手がこのまま突き進むのか!?はたまたその勢いに「待った」をかけるのか!?ニューヒーローの誕生にも注目が集まる!

ニュース一覧