新着ニュース

芳田司 柔道GS女子57kg級で3連覇を達成!

2017.12.2
柔道グランドスラム東京2017 - 芳田司 柔道GS女子57kg級で3連覇を達成!

 2日に東京体育館で開幕した柔道の国際大会、グランドスラム東京2017。女子57kg級に出場した芳田司(コマツ)が、同大会3連覇を果たした。

 

 2回戦から登場した芳田は、A・ストール(ドイツ)に内股で技あり。準々決勝では、バーグストラ(オランダ)に横四方固で一本勝ち。準決勝ではカラカス(HUN)を相手に内股で一本を獲得。開始26秒で勝利を収めた。 

 

 そして、迎えた決勝では、講道館杯で優勝した山本杏(パーク24)と対戦。接戦を繰り広げゴールデンスコアに突入したが、1分40秒に芳田が一本背負投で技ありを獲得し、見事に3連覇を達成した。試合後、芳田は「(3連覇について)あまりしすぎることなく、変に気負わずできたのがよかった」と分析し、「いつも足技と担ぎができたらとバリエーションを増やしていけたらと思っていました。今回は、これまでにない勝ち方ができたのでよかったです」と振り返った。

 

 一方の山本は「負けは負け。まだまだ弱いということで、これからもっと強くなれる証拠。この負けを忘れずに今後も頑張っていきたいです」とコメント。「自分の体に染み付いている技のタイミングなどは、これからも大事にしていきたいです」と語った。

 

 また、この階級では、3位決定戦に回った宇高菜絵(コマツ)、玉置桃(三井住友海上火災保険)が見事に勝利を収めたことで、日本人選手が表彰台を独占する形となった。

 

Photo:Itaru Chiba

ニュース一覧