新着ニュース

角田夏実「48キロ級で自分の名前を残したい」

2019.11.21
柔道グランドスラム大阪 - 角田夏実「48キロ級で自分の名前を残したい」

21日、柔道グランドスラム大阪(11月22日~24日/丸善インテックアリーナ大阪)女子日本代表48kg、52kg、57kg、63kg、70kg級が調整練習を公開した。

 

練習後、 女子52kg級から階級を下げ女子48kg級で出場する角田夏実(了徳寺大学職)が取材に応じた。

 

ー女子48kg級へ階級を下げてから初めての国際大会。今の気持ちは

 

いつもの試合と同じで楽しみ。48kg級の選手を一から研究しようと思うと頭の中がいっぱいで不安がすごく大きいがやれるだけのことはやってきた。明日はそれをどうだせるかだと思う。

 

ー階級を下げてまでグランドスラム大阪に出場する気持ちは

 

52kg級には阿部詩選手(日体大)、志々目愛選手(了徳寺大学職)がいて自分はどう頑張ってもというところがあった。体重を48kgに落とせるのであれば少しでも可能性を広げたいと思った。しっかり成績を残して48kg級でも自分の名前を残したい。

 

ー練習中、笑顔が見られた

 

不安やプレッシャーに押しつぶされないように笑顔で跳ね返している。プレッシャーをも楽しめるように表から自分の心を左右していけたらと思う。

 

ー階級を下げてまで東京オリンピックにこだわる気持ちは

 

柔道が好き。できるだけ長く柔道を続けることを考えた時、少しでも可能性があるのであればその可能性にかけたいと思った。

ニュース一覧