プロフィール / PROFILE

栗城 史多(くりき のぶかず)

1982年北海道生まれ。

高校卒業しても夢も目標もなく、ただ都会にあこがれ東京へ向かうも、挫折。
1年間のフリーター・ニート生活を送る。
上京から1年後には北海道へ戻り、大学に進学。
あることがきっかけで山岳部へ入門する。

登山を開始し2年が経過した2004年6月(22歳)、初の海外旅行で北米大陸最高峰の「マッキンリー」の単独登頂に成功。

2005年1月南米最高峰「アコンカグア」(ポーランド氷河)に単独登頂してから、登山を通して地球を感じてみたいと思い、7大陸最高峰のうち6大陸を単独で登ってきた。

2007年からは、ヒマラヤ8000m峰を目指すようになり、2007年5月、ヒマラヤ初遠征で世界第6位高峰「チョ・オユー」の単独・無酸素登頂を果たす。 その時から動画配信を行い、「冒険の共有」を目指すようになる。

2008年10月には、世界第8位高峰「マナスル」(8163m)にて、
日本人として初となる単独・無酸素登頂と、山頂からのスキー滑降に成功。

2009年5月世界第7位高峰「ダウラギリ」(8167m)の単独・無酸素登頂に成功し、インターネットライブ中継も行う。

2010年5月世界第10位高峰「アンナプルナ」(8091m)の単独・無酸素登頂を目指すも、凍傷と体調不良により山頂手前400mで登頂断念。

2010年 秋 7000m地点からの中継に成功するが、異常気象が続き、高所順応ができず7750m地点で下山。

2011年 春 シシャパンマ南西壁に単独・無酸素で挑戦。標高差2000m近くの氷壁(Corredor Girone couloir)を登り、稜線に出たが、体調不良で7600m地点で下山。
その後、別のルートから挑戦するが再度下山となった。

座右の銘 「全てに感謝」
使命は「人々に感動してもらう冒険を行い、一歩踏み出す勇気を伝える」

ページトップ