2012年1月4日

森村誠一サスペンス

刑事の証明 ―大都会の死角―

キャスト

広瀬和宏(警視庁捜査一課 三係班長 警部) ・・・ 村上弘明
那須恵一(警視庁捜査一課 管理官 警視) ・・・ 加藤剛
相羽葉子(警視庁捜査一課 巡査長) ・・・ 高橋かおり
渋沢武(警視庁捜査一課 警部補) ・・・ 綿引勝彦
野々村肇(警視庁捜査一課 巡査部長) ・・・ 島英臣
今井直紀(警視庁捜査一課 巡査部長) ・・・ 河内浩
菊池誠一郎(警視庁捜査一課 巡査長) ・・・ 志村史人
佐野雄二(警視庁捜査一課 巡査長) ・・・ 頼三四郎
北前友美(出版社編集者) ・・・ 佐藤藍子
豊崎寿々(クラブのホステス) ・・・ 小澤英恵
七条孝文(元中学の理科教師) ・・・ 中野誠也
北前真司(友美の兄) ・・・ 脇田康弘
豊崎俊也(寿々の兄) ・・・ 松本博之
七条由香(孝文の娘) ・・・ 小澤木の実
立野恭一(旅行代理店社員) ・・・ 谷部央年
あらすじ

中野のとあるアパートで七条由香(小澤木の実)の遺体が発見され、間もなく隣人の司法試験受験生・北前真司(脇田康弘)が殺人容疑で逮捕された。警察は、自室で売春をしていた由香の部屋に、以前から好意を寄せていた真司が押し入ったものの、由香から抵抗され殺害したものと考えていた。
それから半月後、調布市内の河原で豊崎俊也(松本博之)が何者かに刺殺された。事件の捜査を担当する警視庁捜査一課三係班長の広瀬(村上弘明)は、スナックでホステスとして働く俊也の妹・寿々(小澤英恵)から、俊也が最近借金に追われていたようで、よく自分の部屋に逃げて来ていたとの証言を得る。そこで借金を巡るトラブルとにらみ、俊也がボーイとして働いていた銀座のクラブ「花壇」などを中心に捜査を開始。ところが、数日経っても有力な情報を得られないでいた。
 そんな中、北前真司の妹・友美(佐藤藍子)が、知人を通じて広瀬に真司の無実を訴えてきた。事件翌日は友美の誕生日で一緒に祝う約束をしていたこと、弱い立場の人を救いたいと弁護士を目指していた真司だけに、容疑をかけられ絶望して自白したのではないかと聞かされた広瀬は、この事件のことが気にかかり、捜査を担当する捜査一課の大森(加藤佳男)のもとへとやって来る。しかし、大森は室内から真司の指紋や足跡痕が幾つも発見されていること、殺害された時間帯に真司にアリバイがないことなどから、真司が犯人であると断定していた。広瀬は大森の強硬な捜査手法に疑問を感じるが…。
 別班の捜査に横やりを入れた広瀬の独自捜査は、警察組織を否定するものとして、やがて問題となる。管理官の那須恵一(加藤剛)は広瀬の捜査を叱責しつつも「真実に蓋をしてはならない」と力強い言葉を残す。
 やがて広瀬は事件の鑑識を担当した石上(蔵本康文)から気になることを聞かされる。由香の部屋からは北前真司の毛髪以外に、事件当夜に由香がとっていた客のものと見られる毛髪とベニヤ板の木屑が多数発見されていたというのだ…。事件当夜に由香がとっていた客とは一体誰なのか?手掛かりを得るため由香の部屋を訪ねた広瀬は、偶然由香の父・七条孝文(中野誠也)と出会い、部屋へとあげてもらうことになる。
由香の部屋へあがった広瀬は、そこであることに気付く。ベニヤ板で出来た天井の中央に小さな穴が空いていたのだ。穴の周囲に木屑が残っていることに気付いた広瀬は、天井裏へ。すると、一番端の201号室にも同じ穴が空いているのを発見する。不審に思い201号室を訪ねると、そこにはなんと殺害された豊崎俊也の妹・寿々が住んでいた…! やがて、俊也が事件当夜も寿々の部屋に居たことを掴んだ広瀬は、由香の部屋を覗いていた俊也が真犯人を目撃した可能性に気付く。俊也が目撃した真犯人は一体誰なのか?広瀬たちは必死の捜査にあたる中である男の存在に辿りつく。しかし、その男は大勢の人間が目撃している前で謎の死を遂げ…。

スタッフ
(原作)森村誠一「ガラスの密室」(講談社文庫刊)
(脚本)土屋保文
(監督)吉川一義

エンディング曲

ジャスト・ア・キス~幸せの予感
レディ・アンテベラム
EMIミュージック・ジャパン
http://emij.jp/ladya/(PC/携帯)
2006年に米ナッシュビルでヒラリー・スコット、チャールズ・ケリー、
デイヴ・ヘイウッドの3人で結成。第53回(2011年)グラミー賞で最多である全5部門を受賞。
現在まで3枚のアルバムを発表し、2作連続で全米アルバム・チャート初登場1位を記録。
現在のアメリカを代表するグループの1つである。「ジャスト・ア・キス~幸せの予感」を収録した最新アルバム『夢の貴婦人』(原題:OWN THE NIGHT)発売中。

ページトップへ