2012年8月15日

多摩南署たたき上げ刑事

近松丙吉 橋を渡る死者

キャスト

近松丙吉 ・・・ 伊東四朗
村越実 ・・・ 角野卓造
近松春子 ・・・ 市毛良枝
山形治 ・・・ 三浦浩一
坪内昇子 ・・・ 菊池麻衣子
槙野圭一郎 ・・・ 小木茂光
戸川純太 ・・・ 窪塚俊介
安部絵里子 ・・・ 吉田羊
西尾昭夫 ・・・ マギー
あらすじ

マンションの一室で、美術評論家の槙野(小木茂光)が刺殺体で発見された。さらに、同じマンションの屋上から、槙野の妻・さおり(寺田千穂)の遺体も発見される。警視庁捜査一課の管理官・山形(三浦浩一)は、槙野の女性関係に悩んださおりが槙野を殺害後に屋上で自殺したものと考え、裏付け捜査を命じる。しかし、多摩南署のたたき上げ刑事・近松丙吉(伊東四朗)は、さおりの手に血痕が付着していないことに違和感を覚え…。
あるマンションの一室で、美術評論家の槙野圭一郎(小木茂光)が刺殺体となって発見された。玄関には凶器となった包丁と、包丁を包んでいたとみられる朝顔の絵柄の便箋が落ちており、寝室には直前まで槙野が女性と一緒に過ごしていたと見られる痕跡が残されていた。槙野はこの部屋を仕事場として借りており、携帯には「さおり」という女性との通話記録が残っていることが判明する。その直後、早朝に屋上のドアを閉める大きな音がしたとの証言を聞き屋上へと向かった捜査陣は、首を吊って亡くなっている女性を発見する。それは、槙野の妻・さおり(寺田千穂)だった。
現場に居合わせた美術誌の編集者で、さおりの高校の同級生だった坪内昇子(菊池麻衣子)の証言から、さおりは槙野の派手な女性関係に悩み、心を病んでいたことが判明する。槙野の死は、思いつめたさおりによる無理心中だったのか…?それを裏付けるように、さおりが着ていた若草色のコートには槙野のものと見られる返り血が付着していた。警視庁捜査一課の管理官・山形(三浦浩一)は、さおりが夫を殺害後、屋上で自殺をしたものと考え、裏づけ捜査を命じる。しかし、多摩南署の刑事・近松(伊東四朗)は、さおりの手に返り血が一切付着していないことが気にかかっていた。
仮にさおりが手袋をはめて犯行に及んだのなら、なぜ階段を駆け上がる音や屋上のドアを閉める音には気を配らなかったのか?しかも、現場から手袋は見つからず、屋上に設置されていた水道にもさおりが血を洗い流したような血液反応は検出されなかった。そこで近松は、捜査会議でさおりの犯行と断定するのは早いのではないかと主張する。しかし、近松を目の敵にする管理官の山形から、近松の推理はチームワークを乱すだけだと厳しく咎められてしまう。
そこで近松は相棒の刑事・西尾(マギー)と地道な捜査に乗り出した。すると、槙野がある絵画を巡り巨額の金を手に入れていたことが判明し…。

スタッフ
【原作】夏樹静子「早朝の手紙」(『夜更けの祝電』所収)新潮文庫刊
【脚本】林誠人
【監督】白川士

エンディング曲

こころが
坂本冬美
EMIミュージック・ジャパン
http://fuyumi-fc.com/(PC/携帯)
『また君に恋してる』のヒット以降 演歌だけでなくJーPOPテイストの作品への挑戦を続けてきた坂本冬美。
新曲”こころが”は2012年最初のニュー・シングルとして3月30日にリリース。初のコラボレーションとなる“松尾潔”の手による美しく、せつ ないラブ・ソング。心に染みる名曲。

ページトップへ