2012年8月29日

山村美紗サスペンス

不倫調査員・片山由美 黒の環状線

キャスト

片山由美 ・・・ 池上季実子
片山俊介 ・・・ 神田正輝
田中千沙子 ・・・ 菊池麻衣子
日野夏彦 ・・・ 金子昇
岡島乃梨子 ・・・ 山村紅葉
大門吾郎 ・・・ 志垣太郎
霧生亜紀 ・・・ 原久美子
藤堂宗治 ・・・ 森次晃嗣
亀田浩二 ・・・ 池田努
沢口信夫 ・・・ 小林健
あらすじ

京南大学病院の主任教授・藤堂宗治(森次晃嗣)が、京都市内のマンションの一室で遺体となって発見された。死因は毒物の入った飲み物を飲んだことによるものだったが、遺体発見当時、部屋は密室だったことから、京都中央警察署の刑事・片山俊介(神田正輝)たちは、自殺と他殺の両面で捜査を開始する。
一方、岡島探偵事務所で調査員として働く俊介の妻・片山由美(池上季実子)のもとには、田中千沙子(菊池麻衣子)が相談に来ていた。3ヵ月後に結婚する予定の婚約者・日野夏彦(金子昇)の素行調査を依頼しに来たのだ。夏彦は北辰製薬の営業マンで、半月前に1年間の横浜への長期出張を終えて京都に帰ってきたものの、最近様子がおかしいのだという。話を聞いた由美は依頼を引き受けたものの、千沙子が他にも何か隠している様子であることが気にかかる…。
その後、夏彦の素行調査を開始した由美と所長の岡島乃梨子(山村紅葉)は、夏彦がホテルのティールームで霧生亜紀(原久美子)と密会しているところを目撃してしまう。2人がホテルから出てきた後、亜紀を追いかけた由美は、新幹線に乗りそのまま東京まで来てしまう。亜紀は銀座のクラブの雇われママだった。亜紀の尾行を続けていた由美だったが、銀座の路上で亜紀が老婦人とぶつかっても謝りもしないところを目撃し、思わず亜紀と大喧嘩をして帰って来てしまう。
その翌日、千沙子が事務所にやって来て、調査を打ち切りたいと言い出したことから、夏彦の調査は打ち切られることとなってしまった。しかし、その数日後に東京で亜紀が何者かによって殺害されてしまう。しかも、警視庁から、3日前に銀座で亜紀と激しく口論していた京都弁の女性として、由美の似顔絵が俊介のいる京都中央警察署に送られてきてしまった。それをきっかけに、俊介が追いかけている藤堂の密室不審死事件と亜紀の殺害事件に意外な繋がりがあることが判明するが…。

スタッフ
【原作】山村美紗「黒の環状線」(徳間文庫刊)
【脚本】深沢正樹
【監督】長尾啓司

エンディング曲

こころが
坂本冬美
EMIミュージック・ジャパン
http://fuyumi-fc.com/(PC/携帯)
『また君に恋してる』のヒット以降 演歌だけでなくJーPOPテイストの作品への挑戦を続けてきた坂本冬美。
新曲”こころが”は2012年最初のニュー・シングルとして3月30日にリリース。初のコラボレーションとなる“松尾潔”の手による美しく、せつ ないラブ・ソング。心に染みる名曲。

ページトップへ