2013年1月9日

嘘の証明2

犯罪心理分析官 梶原圭子

キャスト

梶原圭子 ・・・ 片平なぎさ
湯島恭太郎 ・・・ 内藤剛志
野寺弘樹 ・・・ 鈴木一真
梶原隆俊 ・・・ 田口浩正
富永弥生 ・・・ 菊池麻衣子
五十嵐章造 ・・・ 相島一之
平野璃子 ・・・ 末永遥
山村加奈 ・・・ 東風万智子
小山田郁夫 ・・・ 水橋研二
増田隆一 ・・・ 池内万作
増田公恵 ・・・ 濱田万葉
辻和昭 ・・・ 蛍雪次朗
田所幸作 ・・・ 吉満涼太
梓川清 ・・・ 笠原秀幸
富永勝 ・・・ 大橋てつじ
あらすじ

都内を中心に外食チェーンを展開する会社の社長・富永勝(大橋てつじ)が、副社長を務める妻の弥生(菊池麻衣子)とともに社長室にいたところ、突然目出し帽をかぶった男に押し入られ、刺殺された。男はその後弥生を脅して金庫から現金2千万円を奪い、弥生を切りつけ逃走。犯行の一部始終は、社内にある防犯カメラに記録されており、警視庁捜査一課の湯島(内藤剛志)はアメリカで心理学を学んだ犯罪心理分析官の梶原圭子(片平なぎさ)に捜査協力を求める。圭子は表情や動作、仕草、態度などから相手の嘘を見破るエキスパートなのだ。
早速、湯島から監視カメラの映像を見せられた圭子は、犯人の目的が強盗だったのかに疑問を抱く。犯人は部屋に入ってくるなり勝のもとに真っ直ぐ向かっており、最初から勝を殺害することが目的のように見えたのだ。それに対し、弥生を刺す直前の動作にはためらいが見られたため、犯人は被害者夫婦と顔見知りなのではないかと圭子は推測する。さらに、圭子にはもう一つ気になることがあった。刺される瞬間の弥生の表情には、恐怖や驚きとは別の表情が浮かんでいたのだ。弥生の浮かべた表情はいったい何を意味するのか…。湯島も、勝に2億円の保険金がかけられていたことなどから、2人の交友関係を洗い出すよう指示を出す。
その後、どうしても弥生の表情が気になった圭子は、部下の野寺(鈴木一真)を伴い弥生の病室を訪ねた。秘書の平野璃子(末永遥)に取り次いでもらい弥生と面会すると、弥生は圭子たちの前で涙を流しながら夫との思い出を語り始める。しかし圭子は、病室を出る際に弥生が一瞬見せた微表情に“喜び”が浮かんだのを目撃してしまう。さらに、弥生のもとに見舞いに来ていた主婦仲間に圭子が話を聞くと、その中の1人、増田公恵(濱田万葉)の微表情に“嫌悪感”が浮かんだ。夫を亡くし涙を流す姿とは別に、弥生には裏の顔があるのではないかと圭子は疑い始める。
その後、事件の1カ月前に会社をクビになった五十嵐章造(相島一之)が捜査線上に浮上してきた。しかし、圭子は湯島に弥生の過去を調べるよう願い出る。すると、衝撃的な弥生の過去が判明した。過去15年間、弥生と交際関係にあった男性3人が、いずれも不審死を遂げていたのだ!今回の事件も、弥生による自作自演なのか…!? 弥生に対する疑惑が一気に高まる中、事件は急展開を迎える。

スタッフ
【脚本】徳永友一
【監督】鈴木浩介

エンディング曲

Crying
スターダスト・レビュー
テイチクエンタテインメント
スターダスト・レビューオフィシャルサイト:http://www.s-d-r.jp/
デビュー30周年を経て放つ、スターダスト・レビュー、2012年3枚目となるニュー・シングル「Crying」。(2012年11月21日発売)
過去の思いを内に秘め、今と向き合う主人公の優しく切ない心情を見事に描き上げた極上のバラードとなっており、聴者に様々な“あの時”を思い起こさせ、感動を呼ぶことでしょう。

ページトップへ