2013年8月7日

密会の宿10

禁じられた愛 北鎌倉悲恋殺人

キャスト

桑野厚子 ・・・ 岡江久美子
久保隆 ・・・ 東幹久
番場周平 ・・・ 西岡德馬
松波映二 ・・・ 岩城滉一
稲場早苗 ・・・  高橋ひとみ
稲場比呂美 ・・・ 西原亜希
前園雄作 ・・・ 相島一之
稲場和人 ・・・ デビット伊東
飯倉晋平 ・・・ 高知東生
等々力麻里 ・・・ 山崎直子
蔵田ゆかり ・・・ 麻尋えりか
瀬川樹里 ・・・ Sharo
古谷勝江 ・・・ 松井紀美江
宮本千夏 ・・・ 松本眞佳
六波羅浩介 ・・・ 内浦純一
あらすじ

女将の桑野厚子(岡江久美子)が切り盛りする北鎌倉の旅館「くわの」は、いつからか「密会の宿」と呼ばれるようになっていた。

ある日、人気作家の稲場早苗(高橋ひとみ)が「くわの」へ宿泊に訪れる。自身が原作を書き、知人の前園(相島一之)が監督を務める映画の撮影が鎌倉で行われており、陣中見舞いに訪れたのだった。番頭の久保隆(東幹久)が「御二人様でのご予約では?」と尋ねると、早苗は後から来ると自信なさげに答える。
とその時、一組のカップル・飯倉(高知東生)と麻里(山崎直子)がチェックアウトするためロビーに現れる。二人は早苗の顔を見るなり驚きの表情を見せ、飯倉は早苗に真剣な顔で何かを頼み込んでいた。

翌日、結局連れの人は現れないまま、宿を出発することになった早苗はどこか寂しげだった。そこへ、酔っ払った松波(岩城滉一)と派手な女・ゆかり(麻尋えりか)が「くわの」にやってくる。二人の姿になぜかショックを受けた様子の早苗が厚子は気にかかり…。

その後、厚子は馴染みの甘味茶店「彩乃」で女主人の彩乃(清水めぐみ)と雑談をしていた。すると偶然客として来ていた早苗が、レモンスカッシュを飲むなり苦しみ出し倒れてしまう!
店に居合わせていた北鎌倉署の刑事・番場(西岡德馬)が診ると、早苗は既に死んでおり、口もとの匂いから青酸カリを飲んだようだと言う。

司法解剖の結果、早苗は2週間ほど前に胃の全摘手術が行われていたことが判明。青酸カリは、普通胃酸によって反応しそれが血液中のヘモグロビンにくっついて死に至るのだが、早苗は胃そのものがないため胃酸が出ず、レモンスカッシュの酸に反応したことが分かる。
そこで、どこで青酸カリを飲んだのかを捜査することに。前日滞在していた「くわの」にも捜査の手が及ぶ中、早苗を殺したのは自分で、円覚寺の山門近くのゴミ箱の中にあるミネラルウォーターの容器を調べれば分かる、という変声機を使った電話が刑事課に入る。早速ゴミ箱を調べるとミネラルウォーター入りのペットボトルが見つかった。

そんな中、早苗の娘・比呂美(西原亜希)と弟の和人(デビット伊東)が、早苗の遺体に対面するため警察にやってくるが…!

スタッフ

【原作】佐野洋 「密会の宿」シリーズ(徳間文庫刊)
【脚本】待田多香美
【監督】松本健

エンディング曲

栞(しおり)
ジャンク フジヤマ
ビクターエンタテインメント
ジャンク フジヤマオフィシャルサイト:http://junkfujiyama.com
超エネルギッシュな歌声とシティーポップサウンドで話題を呼ぶジャンク フジヤマ。
2012年6月にビクターエンターテインメントより『あの空の向こうがわへ』でメジャーデビュー。本エンディング曲『栞(しおり)』は4thシングル(両A面シングル)の2曲目に収録される、これまでのシティーサウンドとはひと味違う、ジャンクフジヤマの奇跡の歌声で奏でる壮大なバラード曲。

ページトップへ