2013年8月21日

多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉11

雨に迷う死者

キャスト

近松丙吉 ・・・ 伊東四朗
村越実 ・・・ 角野卓造
中石俊哉 ・・・ 益岡徹
中石雅代 ・・・ 国生さゆり
近松春子 ・・・ 市毛良枝
山形治 ・・・ 三浦浩一
中石暁 ・・・ 柄本時生
西尾昭夫 ・・・ マギー
浅田勝行 ・・・ 乃木涼介
家梨 ・・・ 石井愃一
法村典夫 ・・・ 重松収
角本寿子 ・・・ 小柳友貴美
滝本芳子 ・・・ 小宮久美子
池田光男 ・・・ 杉崎真宏
滝本あやめ ・・・ 石原あつ美
あらすじ

ある雨の夜、神社の境内で近所に住む滝本あやめ(石原あつ美)が遺体となって発見される。現場に急行した多摩南署のたたき上げ刑事・近松丙吉(伊東四朗)は、遺体の下の土がぬかるんでいたことから、雨が降り出してから殺害されたとして犯行時刻を絞り込む。
その後、警視庁と多摩南署による合同捜査会議では、近松の上司・村越(角野卓造)が、検視の結果正面から両手で首を絞められたことによる窒息死であると報告。また現場から、被害者の靴跡以外に27cmの長靴の跡が発見され、状況から犯人のものであると分析される。さらにあやめが事件直前に銀行で30万円下ろしていたことや、所持していたバッグが見つからないこと、着衣に乱れがないことなどから、警視庁捜査一課管理官の山形(三浦浩一)は強盗殺人とみて捜査を進めると指示。
しかし近松は、被害者のカーディガンのボタンはきちんと留められていたのに下に着ていたブラウスのボタンの一番上がちぎられていたことや、犯人は雨が降る前から長靴を履いていたのか?と疑問を抱く。

あやめの母・芳子(小宮久美子)や同僚の証言から、近松は下ろしたお金は付き合っている男性とハワイに行く旅費だったと推測。そんな中、あやめが銀行の近くで白いスポーツカーに乗るのを見たという証言が取れる。車の持ち主はあやめが勤める建材メーカーの専務・浅田(乃木涼介)で、問い詰めるとあやめとは遊びのつもりで交際していたと白状する。事件当日は、「会わせたい人がいる」と言うあやめを車に乗せ彼女のマンションに向かったところ、その人物があやめの母親と判明、母親の前で結婚の約束をして欲しいとせがまれて神社で口論になり、母親には会わずに帰ったという。

犯行現場近くの住民に聞き込みをすることにした近松は中石(益岡徹)家へ。中石や妻の雅代(国生さゆり)、息子の暁(柄本時生)に話を聞くが、皆、雨が降り出してから外出をしていないので外の様子はわからないという。
しかしそこで近松は気になるものを見つける。

その後、現場に残された長靴の足跡と、中石が捨てた長靴が一致。だが、中石とあやめには接点が全くなく、中石の家の様子からも金に困っていた様子がなく、金目当ての犯行とも思えなかった。逮捕状を請求するだけの材料がなく、警察は任意で事情聴取していた中石を解放。新たな情報を探す近松に、地元に住むオバちゃん(小柳友貴美)が話しかけてくる。
雅代が若い男とラブホテルから出てくる姿を見たといい…!

スタッフ

【原作】夏樹静子 『被害者へのバラ』(「星の証言」所収)徳間文庫
【脚本】林 誠人
【監督】白川 士

エンディング曲

栞(しおり)
ジャンク フジヤマ
ビクターエンタテインメント
ジャンク フジヤマオフィシャルサイト:http://junkfujiyama.com
超エネルギッシュな歌声とシティーポップサウンドで話題を呼ぶジャンク フジヤマ。
2012年6月にビクターエンターテインメントより『あの空の向こうがわへ』でメジャーデビュー。本エンディング曲『栞(しおり)』は4thシングル(両A面シングル)の2曲目に収録される、これまでのシティーサウンドとはひと味違う、ジャンクフジヤマの奇跡の歌声で奏でる壮大なバラード曲。
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ