2013年10月23日

嘘の証明3

犯罪心理分析官 梶原圭子

キャスト

梶原圭子 ・・・ 片平なぎさ
湯島恭太郎 ・・・ 内藤剛志
野寺弘樹 ・・・ 鈴木一真
梶原隆俊 ・・・ 田口浩正
葉月良太 ・・・ 布施博
紺野恵理子 ・・・ 秋本奈緒美
湯島麻子 ・・・ 中島ひろ子
紺野重男 ・・・ 春海四方
山村加奈 ・・・ 東風万智子
田所幸作 ・・・ 吉満涼太
梓川清 ・・・ 笠原秀幸
大村晶子 ・・・ 斎藤陽子
福田 ・・・ 小須田康人
宏子 ・・・ 田代さやか
白川博明 ・・・ 大西武志
あらすじ

警視庁捜査支援課で犯罪心理分析を担当する梶原圭子(片平なぎさ)はうそを見破るエキスパートと呼ばれている。
ある日、捜査一課の班長・湯島恭太郎(内藤剛志)が休んでいた。それは10年前、日光の友達に会うと言って出かけ、伊豆の海岸で転落死した妻・麻子(中島ひろ子)の法事のためだった。麻子の死は事故か自殺として処理されたが、湯島はその結論に納得していない。なぜ日光へ行くと言いながら伊豆で死亡したのか…それ以来、湯島は心を閉ざし、人を信じなくなったようだった。

法事に出席した麻子の友人・紺野恵理子(秋本奈緒美)から「話したいことがある」と言われ、何かあると感じた湯島は夜に改めて会う約束をした。
ところが、恵理子は待ち合わせの喫茶店に現れなかった。そこへ、女性の変死体が見つかったとの知らせが入る。現場に急行すると、所轄の刑事で大学の同級生・葉月良太(布施博)が湯島を迎える。
葉月の案内で遺体を確認すると、被害者は恵理子だった。恵理子の所持品がなくなっていたことから強盗の可能性が考えられたが、圭子は遺体の表情から、強盗への恐怖や驚きではなく、わずかに悲しみが残っていると判断。強盗と見せかけた顔見知りによる犯行の可能性を示唆する。

そんな中、恵理子の夫・紺野重男(春海四方)の事情聴取が始まる。取調室の様子を見ていた圭子は、紺野には恵理子の死に対して後ろめたい隠し事があると読み取る。圭子の推理だけで強盗の可能性を捨てるのは危険だったが、恵理子が伝えたかったことが気になる湯島は、強盗の線は葉月ら所轄の捜査に任せ、自分たちは紺野の周辺を調べることに。

ところがまもなく恵理子を殺害したと思われる男が遺体で見つかる。男は暴力団の元構成員で、人けのない階段で酔って足を滑らせ頭を打って死亡したようだ。遺留品から恵理子の財布が見つかり、男の部屋からはバッグや犯行に使ったとみられる血の付いた凶器も発見される。
犯人は強盗だった…それでも圭子は、恵理子のあの悲しげな表情が気にかかり、湯島にある提案をする。

スタッフ

【脚本】林誠人
【監督】鈴木浩介

エンディング曲

輝く時間ときの中で
植村花菜
キングレコード
オフィシャルサイト:http://www.uemurakana.jp
透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで同世代をはじめ多くの人を魅了している植村花菜。2010年に発表した「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、各チャートの上位を長期的に騒がすロングヒットを記録し、社会現象を巻き起こす。本エンディング曲「輝く時間(とき)の中で」は、せつないメロディに、繊細で表現力豊かな植村花菜の歌をのせたとても感動的なバラード曲。
[植村花菜コメント]
タイアップのお話をいただいて、5年前から作り始め、ずっと温めていたメロディーがとてもピッタリとドラマにハマると思い、長年の沈黙を破ってようやく表に出すことが出来ました♪
ドラマの制作スタッフのみなさんと打ち合わせをさせていただき、歌詞を書き下ろしました。 私が今書きたいこととドラマの意向がうまく重なり、とても温かく優しく、かつ力強いバラードに仕上がったのではないかと思っています。
私自身、とても大好きな一曲になりました。
今回タイアップのお話をいただいて、この曲が完成したことを、本当に嬉しく思っています。
ドラマをご覧になる皆様にも、気に入っていただけると幸いです♪
植村花菜
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ