2014年1月8日

監察医 篠宮葉月

死体は語る14

キャスト

篠宮葉月 ・・・ 高島礼子
風間亮介 ・・・ 細川茂樹
畑 総一郎 ・・・ 金田明夫
永瀬哲雄 ・・・ 六平直政
池下美由紀 ・・・ 星野真里
春日太一 ・・・ 山崎樹範
坂巻仁美 ・・・ 北川弘美
三沢達也 ・・・ 寺泉憲
三上良一 ・・・ 西田健
三沢直也 ・・・ 蟹江一平
岡 耕介 ・・・ 中村靖日
下田絵津子 ・・・ 小野真弓
野島孝雄 ・・・ 河野洋一郎
鈴木佐和子 ・・・ 舟木幸
池下明 ・・・ 寺中寿之
あらすじ

高架道路下から白骨遺体が発見された。現場に到着した関東監察医務院の監察医・篠宮葉月(高島礼子)に、府中中央署の刑事・春日太一(山崎樹範)が状況を説明する。
一方、警視庁捜査一課の刑事・風間亮介(細川茂樹)は、コンビを組むことになった春日とともに遺留品の捜索にあたり、遺体発見現場から小さな針金とガラス片を発見する。

葉月の調べで遺体は20~40代の男性で、肋骨に刃物傷があったことから殺害された可能性が高いことがわかる。
また左手親指の骨に小さな穴があり、それは骨折治療のキルシュナー鋼線の痕だとわかる。風間たちが見つけた小さな針金は、葉月の言うキルシュナー鋼線で遺体は骨折の治療中に殺害されたらしい。

やがて、遺体は池下明(寺中寿之)と判明。池下は2年前に工場社長の鈴木康一(赤間康一)を扼殺し、現金を強奪した指名手配犯であった。
2年前の事件は、第一発見者である工場長の野島孝雄(河野洋一郎)が池下を目撃していたこと、また現場から池下の毛髪が採取されたことから池下の犯行と断定されていた。

風間と春日は、池下の妹・美由紀(星野真里)と会い、白骨遺体は池下明で何者かに殺害された可能性が高いと告げる。2年前の事件を担当していた春日は風間に、美由紀が池下の息子・大地(後藤奏佑人)を育てていることを話す。春日は2年前から美由紀たちを見守っていたようであった。

それまでも指名手配犯の家族として陰口を言われたりしていた美由紀と大地だったが、「白骨遺体は指名手配犯」という報道によりますます窮地に。美由紀は看護師として働いていたが、何者かが美由紀を中傷するビラを病院関係者にまいたのだ。美由紀は病院の院長・三沢達也(寺泉憲)から別の病院への転職を勧められる。

一方、風間らが見つけたガラス片は外国製の懐中時計であることが判明。殺された鈴木は趣味でアンティーク時計を収集しており、池下が現金と一緒に奪ったものと思われた。
だが春日は、当時奪われたのは現金だけだったと言い、2年前の事件を洗い直すため殺された鈴木康一の解剖記録の再調査を葉月に願い出る。

早速、当時の事件担当者である監察医長・畑(金田明夫)に話を聞き、解剖写真を見た葉月は「池下にこの殺人は不可能です」と断言する…。

スタッフ

【原作】上野正彦
【脚本】安井国穂
【監督】木川学

エンディング曲

輝く時間ときの中で
植村花菜
キングレコード
オフィシャルサイト:http://www.uemurakana.jp
透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで同世代をはじめ多くの人を魅了している植村花菜。2010年に発表した「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、各チャートの上位を長期的に騒がすロングヒットを記録し、社会現象を巻き起こす。本エンディング曲「輝く時間(とき)の中で」は、せつないメロディに、繊細で表現力豊かな植村花菜の歌をのせたとても感動的なバラード曲。
[植村花菜コメント]
タイアップのお話をいただいて、5年前から作り始め、ずっと温めていたメロディーがとてもピッタリとドラマにハマると思い、長年の沈黙を破ってようやく表に出すことが出来ました♪
ドラマの制作スタッフのみなさんと打ち合わせをさせていただき、歌詞を書き下ろしました。 私が今書きたいこととドラマの意向がうまく重なり、とても温かく優しく、かつ力強いバラードに仕上がったのではないかと思っています。
私自身、とても大好きな一曲になりました。
今回タイアップのお話をいただいて、この曲が完成したことを、本当に嬉しく思っています。
ドラマをご覧になる皆様にも、気に入っていただけると幸いです♪
植村花菜
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ