2014年4月2日

駐在刑事

奥多摩渓谷・殺意の夜想曲

キャスト

江波敦史 ・・・ 寺島進
加倉井国広 ・・・ 北村有起哉
中瀬由紀子 ・・・ 杉本彩
池原美也子 ・・・ 市毛良枝
小山康彦 ・・・ 竜雷太
小山初音 ・・・ 星野真里
南村陽平 ・・・ 鳥羽潤
河上京子 ・・・ 小野真弓
沢井真紀 ・・・ 小林星蘭
石川博康 ・・・ つまみ枝豆
池原孝夫 ・・・ 鈴之助
重村和幸 ・・・ 本宮泰風
あらすじ

元警視庁捜査一課の刑事・江波敦史(寺島進)は現在は奥多摩・水根の駐在所勤務の警察官。二か月前、闇金融を営んでいた老婆殺人事件の取り調べ中に被疑者の中瀬由紀子(杉本彩)を自殺させた責任で一課を追われたのだ。
実は由紀子は無実で犯人は別にいると考えていた江波は、その時のことを後悔していた。江波を慕う後輩刑事・南村(鳥羽潤)は、一課に戻ってきてほしいと願い水根に訪ねてくるが、「駐在さん」として住民の問題を解決しながらのんびりとした日々を楽しんでいる江波の様子を見てそのまま帰っていく。

ある日、渓谷の崖下で男の死体が発見される。現場に駆けつけた江波は遺体が老婆殺人事件で犯人とにらんでいた男の一人・山崎(山口祥行)であることに驚く。自殺と断定する奥多摩署の石川刑事(つまみ枝豆)に邪魔扱いされながらも、「自殺をするような男ではない」と訴え、南村に連絡をして司法解剖の手配を頼む。

一方、駐在所に戻ると池原美也子(市毛良枝)が駆け込んでくる。ピアノ講師をしている小山初音(星野真里)の父・小山康彦(竜雷太)がリハビリに出かけたまま山中から戻らないと言う。山岳ガイドの河上京子(小野真弓)と池原孝夫(鈴之助)らと一緒に山に入る江波だが、ここでも邪魔扱いされてしまう。
負けるものかと必死で捜索した結果、崖下に小山の姿を見つけ出し背負って下山、この一件で住民たちと江波の距離が少し近づいたようだ。

そんな中、山崎の司法解剖の結果が出る。死因は頭がい骨骨折で、全身の打撲は死後についたものだった。どこかで殺害された山崎が崖上から落とされたのだ。奥多摩署に捜査一課の加倉井管理官(北村有起哉)、南村らが集まり、捜査本部が布かれることになるが…。

山岳の巧妙なトリックの謎を解く駐在所長、江波の活躍を描く。

スタッフ

【原作】笹本稜平「駐在刑事」
【脚本】石原武龍
【監督】皆元洋之助

エンディング曲

輝く時間ときの中で
植村花菜
キングレコード
オフィシャルサイト:http://www.uemurakana.jp
透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで同世代をはじめ多くの人を魅了している植村花菜。2010年に発表した「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、各チャートの上位を長期的に騒がすロングヒットを記録し、社会現象を巻き起こす。本エンディング曲「輝く時間(とき)の中で」は、せつないメロディに、繊細で表現力豊かな植村花菜の歌をのせたとても感動的なバラード曲。
[植村花菜コメント]
タイアップのお話をいただいて、5年前から作り始め、ずっと温めていたメロディーがとてもピッタリとドラマにハマると思い、長年の沈黙を破ってようやく表に出すことが出来ました♪
ドラマの制作スタッフのみなさんと打ち合わせをさせていただき、歌詞を書き下ろしました。 私が今書きたいこととドラマの意向がうまく重なり、とても温かく優しく、かつ力強いバラードに仕上がったのではないかと思っています。
私自身、とても大好きな一曲になりました。
今回タイアップのお話をいただいて、この曲が完成したことを、本当に嬉しく思っています。
ドラマをご覧になる皆様にも、気に入っていただけると幸いです♪
植村花菜
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ

PLACEHOLDERtag end-->