2014年5月14日

刑事長2

キャスト

岩切鍛治  ・・・  中村雅俊
川喜多良一  ・・・  石黒英雄
万堂道夫  ・・・  佐野史郎
安永ふみ  ・・・  水野久美
粟津武  ・・・  風間トオル
鳥居理香  ・・・  加藤夏希
岩切康司  ・・・  鳥羽潤
矢敷信夫  ・・・  川崎麻世
岩切小百合  ・・・  黒川智花
稲垣辰治  ・・・  新井康弘
岩切由紀子  ・・・  小林綾子
岸本昭  ・・・  長谷川公彦
田野倉栄二  ・・・  草野康太
稲垣咲子  ・・・  高部あい
松居朱美  ・・・  土肥美緒
あらすじ

警視庁捜査一課の巡査部長・岩切鍛治(中村雅俊)は叩き上げのベテラン刑事。そんな岩切と後輩・川喜多良一(石黒英雄)が街中を歩いていると、田野倉栄二(草野康太)が公園でエリート然とした男に絡んでいた。力ずくで抑えようとする川喜多だったが、弾みでケガを負わせてしまう。しかもチンピラ風の集団に囲まれ、何とかその場を逃げ切るが、翌朝の新聞に揉み合いの一部始終が掲載されていた。チンピラかと思った田野倉はフリージャーナリストだったのだ。事実を知った川喜多は、詫びるため一人で田野倉のもとへ向かう。

その日の夜、岩切と後輩の鳥居理香(加藤夏希)は岩切の姑・安永ふみ(水野久美)が営む小料理屋にいた。カウンターの中には岩切の娘・小百合(黒川智花)の姿も。しばらくすると息子で検察官の康司(鳥羽潤)が、稲垣咲子(高部あい)を連れてきた。3か月前から帰ってこない父・辰治(新井康弘)の行方を探して欲しいというのだ。部屋で、東京のクラブに勤めるホステス松居朱美(土肥美緒)の誕生日パーティーの招待状を見つけ、静岡から上京してきた咲子。捜索願も出したが取り合ってもらえず困っていた。岩切は越権捜査を承知の上で、父親探しを引き受ける。

翌日、ある工事現場で変死体が発見された。顔を確認した川喜多は立ち尽くす。謝罪後に和解し、深夜12時頃まで飲んでいた田野倉だった。所轄は泥酔による転落事故と断定するが、疑問が残る岩切たちは独自に捜査を始める。田野倉が"大きな事件を追っている"と話していたこと、最後に言いかけた「トウヨウ」という言葉を思い出した川喜多は、公園近くに「東洋銀行」があることに気づく。さらに田野倉が絡んだ男は、やり手の支店長・万堂道夫(佐野史郎)だった。

その後、岩切たちは田野倉のアパートで辰治と咲子のツーショット写真を発見する。しかも咲子が言っていた通り、辰治が朱美の常連だったことも判明するが、ホステスの話によれば、誕生日には辰治も朱美も姿を見せなかったという。
その時、意外な人物が来店する…!

スタッフ

【原作】姉小路祐『刑事長 越権捜査』(講談社文庫・刊)
【脚本】田中江里夏
【監督】金佑彦

エンディング曲

輝く時間ときの中で
植村花菜
キングレコード
オフィシャルサイト:http://www.uemurakana.jp
透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで同世代をはじめ多くの人を魅了している植村花菜。2010年に発表した「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、各チャートの上位を長期的に騒がすロングヒットを記録し、社会現象を巻き起こす。本エンディング曲「輝く時間(とき)の中で」は、せつないメロディに、繊細で表現力豊かな植村花菜の歌をのせたとても感動的なバラード曲。
[植村花菜コメント]
タイアップのお話をいただいて、5年前から作り始め、ずっと温めていたメロディーがとてもピッタリとドラマにハマると思い、長年の沈黙を破ってようやく表に出すことが出来ました♪
ドラマの制作スタッフのみなさんと打ち合わせをさせていただき、歌詞を書き下ろしました。 私が今書きたいこととドラマの意向がうまく重なり、とても温かく優しく、かつ力強いバラードに仕上がったのではないかと思っています。
私自身、とても大好きな一曲になりました。
今回タイアップのお話をいただいて、この曲が完成したことを、本当に嬉しく思っています。
ドラマをご覧になる皆様にも、気に入っていただけると幸いです♪
植村花菜
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ

PLACEHOLDERtag end-->