2015年2月25日

今野敏サスペンス

廉恥 警視庁強行犯 樋口 顕

キャスト

樋口 顕  ・・・  内藤剛志
小泉蘭子  ・・・  釈 由美子
樋口恵子  ・・・  川上麻衣子
石田真奈美  ・・・  江口のりこ
樋口照美  ・・・  逢沢りな
楢崎公平  ・・・  宮川一朗太
南田麻里  ・・・  三津谷葉子
柳本行雄  ・・・  小林 健
樫田 臨  ・・・  湯江健幸
木田亮太  ・・・  河合龍之介
ユカリ  ・・・  岸 明日香
植村浩二  ・・・  小木茂光
天童隆一  ・・・  榎木孝明
氏家 譲  ・・・  佐野史郎
あらすじ

警視庁強行犯係の樋口顕(内藤剛志)のもとに、生活安全部少年課の警部補で親友の氏家譲(佐野史郎)が現れる。近頃発生している大学への連続爆破予告事件のうち、4件目が樋口の娘・照美(逢沢りな)が通う大学で、しかも樋口家のパソコンから予告が書き込まれていたというのだ。氏家は近く捜査員が調べに行くと内々の情報を教える。

そんな中、東京・池尻のマンションの一室で殺人事件が発生する。被害者は部屋に住むホステスの南田麻里(三津谷葉子)。第一発見者の石田真奈美(江口のりこ)は麻里の友人で、この日は部屋で飲む約束をしていた。ところが部屋に鍵が掛っておらず、中に入ると既に変わり果てた姿だったと話す。さらに麻里が客の柳本行雄(小林健)によるストーカー被害の相談を警察にしていたことが判明する。ストーカーの被害者が殺されたという事態を重く見た警察庁は、捜査本部に刑事指導官を置くことを決定。犯罪心理を研究しストーカー事件に詳しい警察庁の小泉蘭子(釈由美子)が送り込まれ、樋口は管理官の天童隆一(榎木孝明)から蘭子に付くよう指示を受ける。

氏家が調べを進めると、1年前、麻里は痴漢被害にも遭っていた。しかし相手は一貫して冤罪を主張している。一方樋口は、任意同行に応じた柳本の取り調べを担当。しかし柳本は麻里の家に押しかけたのは1回だけだと言い、犯行を否認する。その後、樋口と氏家は、麻里と同じ店のホステス・ユカリ(岸明日香)の証言から、もう1人ストーカーがいた事実を突き止める。浮上した人物は、前科二犯の樫田臨(湯江健幸)。新たな情報に捜査本部は活気づくが、まずはストーカー行為の詳細を調べるべきだと主張する蘭子。樋口もストーカー殺人と決めつけた捜査は危険だと指摘。天童は「この線を追う以外にない」と突っぱねるが、2人は麻里の素性を探るため、美容師である真奈美の店へ向かう。真奈美の行きつけのバーで出会った2人は、すぐに意気投合。吹聴するところもあった麻里だが、人を惹きつける天性の魅力があったと振り返る。

その矢先、樋口の携帯に妻・恵子(川上麻衣子)から連絡が入る。氏家の情報通り、自宅に捜査員がやってきたが、照美がパソコンの押収を拒んだというのだ。慌てて家に戻った樋口は、照美に拒む理由を問いただすが、やってないのに人権侵害だと耳を貸さない。仕方なくそのまま家を出る樋口に、樫田が池袋にいるとの一報が。現場に急行し捜査員と共に樫田を追い詰めるが、一瞬の隙をついて高校生を人質に。しかも樋口の判断ミスで樫田を取り逃がしてしまう。

スタッフ

【原作】今野 敏
「廉恥 警視庁強行犯係・樋口顕」(幻冬舎 刊)
【脚本】窪田信介

エンディング曲

FLY
BoA
avex trax
オフィシャルサイト:http://avex.jp/boa/
2001年シングル「ID; Peace B」で日本デビュー。 その後2002年1stアルバム「LISTEN TO MY HEART」から6thアルバムまでアルバムは全てオリコンチャート1位を獲得。日本におけるアーティストとしての地位を確立した。最近では、韓国/日本/アメリカと3ヶ国にまたがるスケジュールをこなし、さらには映画やドラマにも出演するなど、ワールドワイドかつマルチな活動を行っている。
[BoAコメント]
自分自身も27歳の一人の女性として、同世代のみんなや幅広く聴いて頂けるように作曲&作詞を行ないました。サビに向かって盛上がっていくメロディーと「希望」をテーマにしてます。
ドラマの映像と一緒に感情を込めて見て聴いて頂けると嬉しいです。時間をかけてじっくりと創り出した、私にとっても大切な一曲になりました。
BoA
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ

PLACEHOLDERtag end-->