2016年12月21日

今野敏サスペンス

烈火 警視庁強行犯 樋口顕

キャスト

樋口顕  …  内藤剛志
藤井麻奈  …  内山理名
赤塚玲司  …  梶原善
樋口照美  …  逢沢りな
谷川茂樹  …  古原靖久
池田裕作  …  泉谷しげる
落合浩貴  …  本宮泰風
佐伯保  …  福本伸一
天童隆一  …  榎木孝明
松岡初子  …  大島蓉子
井上真  …  井上高志
松岡大吉  …  三遊亭円楽
樋口恵子  …  川上麻衣子
坂上哲雄  …  小野武彦
氏家譲  …  佐野史郎
あらすじ

空きビルで男性の焼死体が発見された。遺体の身元は人材派遣会社の営業部長・永沢明(やべきょうすけ)と判明。両手両足に手錠をかけられ、生きたまま火を放たれたとみられる。警視庁強行犯係の係長・樋口顕(内藤剛志)は、残忍な手口に表情をこわばらせた。

捜査会議で、所轄署刑事・藤井麻奈(内山理名)が発言を求めた。被害者が勤めていた人材派遣会社は貧困に喘ぐ若者に融資し、完済するまで過酷な労働を強いることで急成長した悪名高い会社だという。関係者の怨恨による犯行が疑われる。

会議後、樋口は警務部の監察官から声をかけられた。生活安全部警部補の氏家譲(佐野史郎)について聞きたいという。氏家は樋口の親友だ。

監察官は、警視庁に送りつけられてきた写真を示した。それは氏家が安達恭子(松山メアリ)という女性とホテルに入る瞬間を撮ったものだった。恭子は3年前、覚せい剤の密売に加担した罪で氏家が検挙した女性だ。2人が会ったのには事情があるはずだが、監察下にある氏家とは話すこともできない。

樋口はその夜、被害者の勤めていた派遣会社の社長・赤塚玲司(梶原善)を訪ねた。赤塚は1カ月ほど前から殺害予告メールを受け取っているといい、一刻も早く犯人を突き止めてほしいと訴えた。

ほどなくメール発信者の青年が逮捕されるが、その直後赤塚の15歳の娘・真理子(早咲心結)が誘拐されてしまう。犯人は赤塚に対し、貸し付けた債権の回収放棄と、娘の身代金10億円を要求してきた。犯人が指定したタイムリミットは24時間だ。

赤塚は学生時代から出会い系サイトの運営で金を貯え、現副社長の落合浩貴(本宮泰風)の会社を買収、社長に就任した。落合には何の権限も与えず、2人の間には深い確執があった。犯人の目的は、会社を倒産させ赤塚の財産を奪い取ることとみられ、落合が絡む可能性も十分考えられる…。

クラブでの聞き込みで、落合が必ず指名していたホステスの情報が得られる。あろうことか彼女は、氏家と共に写真に写っていた安達恭子だった。彼女は3カ月前に店を辞め、連絡が取れないという。

続いて落合が行方をくらます。人質の命にかかわる緊急事態に、樋口は監察中の氏家を連れ出し、恭子の居場所を突き止めさせる大胆な行動に出る…。

スタッフ

【原作】今野敏

【脚本】大石哲也
【監督】松原信吾

エンディング曲

マスカット
平原綾香 / 作詞・作曲:玉置浩二
EMI Records/ユニバーサル ミュージック
オフィシャルサイト:http://www.camp-a-ya.com/
平原 綾香

[平原 綾香プロフィール]
2003年12月17日に『Jupiter』でデビュー。
2005年の日本ゴールドディスク大賞特別賞をはじめ様々な賞を獲得し、2010年に「第1回岩谷時子賞」において奨励賞、2011年には「平成22年度文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」を受賞。2014年3月『オペラ座の怪人』の続編ミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』でクリスティーヌ・ダーエを演じ、また『昭憲皇太后百年祭』を記念して開催された『昭憲皇太后基金チャリティ奉納演奏』で明治神宮境内本殿に於いて歌唱を行った。2015年5月『サウンド・オブ・ミュージック製作50周年記念版』で、主人公マリア役の吹き替えを担当。 8月には、戦後70年を記念し、ハワイ・真珠湾で開催された『長岡・ホノルル平和友好記念式典』に出席し『Jupiter』を歌唱。そして12月には、音楽を通じて社会貢献、様々な支援のために『平原綾香 Jupiter 基金』を設立。
2016年5月より、12度目となる全国ツアーがスタートする。
デビュー以来、シングル31枚、デュエットシングル1枚、カヴァーアルバム、ベスト盤を含む17枚のアルバムを発表。
2016年4月27日に「マスカット」を含む、9枚目のオリジナルアルバム「LOVE」を発売。
父はサックス奏者の平原まこと。

[平原 綾香コメント]
平原綾香です。
エンディングテーマを歌えて最高に嬉しいです。

タイトルは、「マスカット」。
玉置浩二さんが作詞作曲してくださったこの曲、
とにかくすごいんです。
初めて歌詞を読んだ時の衝撃を今でも覚えています。
私にとって、とっても刺激的な歌詞だったからです。

まだ歌ったことのない大人の“愛の歌”と向き合った時、
そこに見えてきたのは、幼い頃の記憶、父と母のぬくもり、
もう戻れない懐かしいあの頃でした。

水曜ミステリー9は、回ごとに
いろんな感情を引き出してくれるドラマです。
「マスカット」も、このドラマと同じように
観ている方々の心に触れ、ストーリーに寄り添いながら
それぞれの思い出に残る曲になってほしいと願っています。

データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ

PLACEHOLDERtag end-->