なか・・・十朱幸代
なか・・・十朱幸代

秀吉の母。
一人目の夫・弥右衛門との間に長女・ともと長男・藤吉郎(秀吉)を、二人目の夫・竹阿弥との間に次男・小一郎(秀長)と次女・あさひを産む。
土地を荒らし、命を奪う武士を快く思っておらず、百姓を捨てて武士になった秀吉に複雑な思いを抱く。
秀吉が太政大臣に進むと共に、なかも朝廷から大政所に任じられる。
天下統一の最終段階、徳川家康を懐柔するための政略として、秀吉は実母・なかを半ば人質として家康のもとに向かわせる。