海を渡ったニッポンのお宝を探せ!

いま日本には、世界中から多くの人が集まっています。番組では、ホラン千秋が外国人の集まる地域を訪ね、「ニッポンの好きなところ」を突撃インタビュー。世界と日本の深いつながりを発見しました。インド人の生活を支えるデリーメトロ、日本の支援により、日本人の指導でオリンピックに出場したラオスの柔道選手、エチオピアの経済を変えた「カイゼン」、インドネシアの母子の命を救った母子手帳など全4話を通じ、開発協力の現状をわかりやすく紐解きました。

9月7日(水)

東京都江戸川区西葛西は、インド人が多く住むインドタウン。 西葛西に住むインド人に「ニッポンのいいところ」を突撃インタビュー。 日本の割り勘文化や、トイレの最新設備ほか、絶賛されたのが鉄道技術! 実は日本の鉄道技術は、インドの首都デリーでの地下鉄「デリーメトロ」建設時に活用されていました。
日本の支援によって完成したデリーメトロがいかにデリー市民を支えているかを紹介しました。

9月14日(水)

日本に住む世界各国の人々に、「ニッポンのいいところ」を突撃インタビュー。 思いやりの心を持つ国民性、正直な国民性が好印象の中、ラオスの柔道選手から絶賛されたのは、 日本人の指導力!実は今年、日本人の指導により、ラオスで初めて柔道競技でのリオデジャネイロオリンピック出場が決まったのです。
日本の人材育成支援が、いかに世界の人々の可能性を広げているかを紹介しました。

9月21日(水)

立石に住むエチオピア人に「ニッポンのいいところ」を突撃インタビュー。
東京都葛飾区立石は、エチオピア人が多く住み、リトルエチオピアともいわれています。
エチオピア人が好きな音楽は…演歌!?
そしてエチオピアで有名な日本語だという“カイゼン”について紹介しました。
実はエチオピアでは政府機関の名前に使われているほど浸透しており、 エチオピアの経済成長を支える言葉だったのです。

9月28日(水)

日本に住む世界各国のママたちに集まっていただきインタビュー。 「ニッポンのいいところ」や、自国と日本の出産や子育て文化の違いについて教えてもらいました!
日本で誕生し、母子の健康を守るため、世界の国と地域で活用されている母子手帳には様々な工夫がなされていました。
インドネシアの母子手帳と日本の母子手帳の違いや、インドネシアで実際に使用されている様子も紹介しました。

ページトップへ戻る