• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 全国初「レジ袋禁止条例」に反発の声...脱プラスチックの行方...

全国初「レジ袋禁止条例」に反発の声...脱プラスチックの行方を追う:ガイアの夜明け

ガイアの夜明け【 あなたの“ゴミ”その行方 “脱プラスチック”に挑む! 】

【11月26日(火)夜10時放送】 「あなたの“ゴミ”その行方」では、私たちの生活や経済活動から出たプラスチックゴミに対して処理が追いつかない深刻な状況や、代替品の開発の難しさを取材。 https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/ 「ガイアの夜明け」過去回が見放題! 見逃した方は、テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD)へ。 https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/ #ガイアの夜明け

ビジネス

テレ東

2019.11.26 ガイアの夜明け

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。11月26日(火)の放送では、シリーズ「あなたの"ゴミ"その行方」第2弾として、"脱プラスチック"に挑む企業や公務員たちの姿を追う。

「東京湾に死体が浮いていた」。今年7月、連絡を受けた番組取材班が現場に向かうと、湾では体長約12メートルのニタリクジラが巨大クレーンに曳航されていた。

gaia_20191126_19.jpg
クジラ・イルカの死骸の漂着は年間約300件。解剖すると、体内からマイクロプラスチックが検出される例が出始めている。マイクロプラスチックとは、レジ袋やペットボトルなどのプラスチックごみが、紫外線や波の力で細かく砕けたもの。海の哺乳類の専門家で国立科学博物館研究主幹の田島木綿子さん(48)は、「(マイクロプラスチックが)悪影響を及ぼした個体があったと思うと怖い」と話す。

gaia_20191126_18.jpg
6月の「G20大阪サミット」では、2050年までに「海洋プラスチックごみゼロ」を目指すことで各国が同意した。日本でも2020年7月から全ての小売店に「レジ袋の有料化」を義務付ける方針だ。国民一人あたり年間約150枚を使用する(※廃棄物資源循環学会調べ)と言われ、海洋汚染の原因の1つと指摘されるレジ袋。環境保護が叫ばれる今、どんな取り組みがなされているのか。

gaia_20191126_17.jpg

全国初のレジ袋禁止条例 その反応は?


年間約25万人の観光客が訪れ、川下りを満喫する保津川(京都・亀岡市)は深刻な問題を抱えていた。川べりの藪の中にはプラスチックごみが点在。

gaia_20191126_16.jpg
14年前から船頭が中心となり清掃を続けるも、コンビニの増加もあり、ごみは年々増える一方だという。保津川遊船企業組合の豊田知八代表理事は、「川は地域を表す場所。海外からたくさん観光客が来て、プラスチックごみの多さに驚くと思う」と嘆く。

亀岡市の桂川孝裕市長は、昨年12月、全国初の「レジ袋禁止条例」を打ち出した。2020年8月の施行を目指し、違反事業者には店舗名公表などの罰則も。桂川市長は「亀岡市から出たごみも地球環境に大きなダメージを与えている。実証実験としてやっていく」と意気込む。

gaia_20191126_15.jpg
だが、反発する事業者は少なくない。亀岡市の小売店は760店舗。同市の環境政策課・山内剛課長(52)が各店を回って説得するも、なかなか賛同は得られない。

また買い手も「不便です。なぜ亀岡だけ」「結果的に別の袋を買ってごみになる。削減の意味があるのか」など、本音をのぞかせる。

7月下旬、亀岡市役所で禁止条例をめぐる事業者との話し合いがあった。その中で、コンビニ各社が加盟する「日本フランチャイズチェーン協会」は、運営に深刻な影響が出ることを強く懸念。「来年8月の条例施行はあまりに拙速」と指摘した。

gaia_20191127_1.jpg
各方面の板挟みとなり頭を抱える山内さん。思いだけではどうにもならない──。事業者の理解を得るため、市民の意識を変えるため、目をつけたのは意外なものだった...。

「なんでレジ袋だけこんな目に」メーカーの悲鳴


押し寄せる"脱プラ"の波。1910(明治43)年創業のレジ袋メーカー最大手「福助工業」(愛媛・四国中央市)は、全国需要の落ち込みを懸念する。

「なんでレジ袋だけこんな目に遭うのか」。同社の大野輝幸取締役・営業業務部長(58)は悔しさをにじませる。「社会的に悪く言われているが、必要なものだと誇りを持って作り続けてきたのに...」。福助工業はレジ袋の生産工場を国内に4ヵ所持ち、売上高は約1000億円、従業員を約3000人抱えているが、大野さんは「このままでは工場の閉鎖も避けられない」と危惧する。

gaia_20191126_13.jpg
窮地に陥る中、大野さんらはある計画を約1年前から極秘に進めていた。「海に流れ込んでも環境に影響を及ぼさないレジ袋」の開発だ。海中で分解するプラスチックの研究をしている群馬大学・粕谷健一教授の協力を仰ぎ、福助工業は世界初の快挙を目指す。

すでに土壌で分解するプラスチックは実用化されている。だが、土壌や淡水に比べ微生物の数が著しく少ない海洋では、分解が起こりにくい。福助工業で20年以上もレジ袋の研究に携わる製造技術部の稲岡雅樹さん(46)は、300種類もの試作を繰り返し、製品化に向け前進する。果たして、世界を変える起死回生の挑戦は実を結ぶのか。

番組ではその他、小泉進次郎環境相に独占インタビューし、亀岡市の取り組みや福助工業が手がけるレジ袋について意見を聞く。

gaia_20191126_12.jpg
環境問題の渦中で奮闘する人々の姿を、今晩10時からの「ガイアの夜明け」で放送。どうぞお見逃しなく!

シリーズ「あなたの"ゴミ"その行方」第1弾が見たい方はビジネスオンデマンドへ!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。江口洋介がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 夜10時

出演者

【案内人】江口洋介【ナレーター】杉本哲太

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧