• #
  • トップ
  • ビジネス
  • ランチ難民になっていたオフィスワーカーを幸せにする...フー...

ランチ難民になっていたオフィスワーカーを幸せにする...フードトラックビジネスの革命児

ビジネス

テレ東

2020.10.1 カンブリア宮殿

cambria_20201001_01.jpg
10月1日(木)夜10時からは「カンブリア宮殿」を放送! 今回の次世代ビジネスの挑戦者は、新しい仕組みで"売れない"を"売れる"に変えた経営者2人。若き経営者が作り上げた、売れない時代に売る極意とは!?

個性を生かして売りまくる! フードトラックビジネスの革命児


cambria_20201001_02.jpg
最近、ランチ時のオフィス街でよく目にする、フードトラック。カレー、イタリアン、アジア料理と並ぶトラックに、サラリーマンやOLが連日行列を作っている。トラックは月曜~金曜まで毎日入れ変わり、個性的で拘りのメニューが手軽に食べられると大好評。そんな個性が魅力のフードトラックを900台近く束ね、ビルの空きスペースを有効活用するプラットフォームを作り上げたのが、メロウ社長、石澤正芳だ。石澤は、これまでフードトラックの事業者が抱えていた問題を次々に改革、トラック事業者、スペース活用したい土地オーナー、"ランチ難民"になっていたオフィスワーカーの全てを幸せにするビジネスに仕立て上げ急成長を遂げている。さらに現在では、弁当以外のフィールドでの活用へも広がり始めている。売れない時代の中で、"個性で売る"モビリティビジネスを生み出した仕掛け人の強さの秘密に迫る。

月1000万円以上売るアパレル店員が続出する画期的システムとは...


cambria_20201001_03.jpg
老舗レナウンの経営破綻、業界大手のオンワードや三陽商会などが大量閉店を検討するなど...アパレル業界の不振は深刻さを増している。実際、実店舗は新型コロナの影響だけでなく、ECやフリマアプリの参入により客足が遠のき、厳しい状況に拍車が掛かっているという。そんなアパレル業界で、月1000万円以上販売するスゴ腕販売員が、今続々と誕生している。なぜ"売れない時代"の中で、売りまくっているのか? その秘密こそ、バニッシュ・スタンダードが作り出したアプリ「STAFF START」にある。元DJという異色の経営者・小野里寧晃が「販売員を元気にするECを作りたい」と考えて生み出したアプリは、4年前のサービス開始以来、大手アパレルをはじめ1000を超えるブランドが導入。いまやアプリを使った流通総額は800億円以上になったという。IT技術と販売員の力を掛け合わせ、"売れない"を"売れる"に変えた画期的なシステムとは...

cambria_20201001_04.jpg
【ゲスト】
メロウ共同代表 石澤正芳
バニッシュ・スタンダード 代表取締役 小野里寧晃

関連情報
【公式Facebook】
【公式Twitter】
@cambrian_palace

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

放送日時:テレビ東京系列 毎週木曜 夜10時

出演者

【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧