• #
  • トップ
  • ビジネス
  • 新型コロナを封じ込めた台湾のキーマンを取材「中国との関係悪化...

新型コロナを封じ込めた台湾のキーマンを取材「中国との関係悪化を気にするより、感染拡大を防ぐことが重要」:ガイアの夜明け

ガイアの夜明け【新型コロナ 台湾の奇跡!〜日本と何が違ったのか〜】

【10月20日(火)夜10時放送】世界中に感染が広がる新型コロナウイルス。台湾は、4月以降の市中感染者が「ゼロ」だという。なぜ台湾だけがコロナの封じ込めに成功したのか?

ビジネス

テレ東

2020.10.20 ガイアの夜明け

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。10月20日(火)の放送は、新型コロナウイルスの封じ込めに成功したといわれる台湾。現地に住む日本人が、今の様子を伝えるとともに、感染拡大を防いだ2人のキーマンを独占取材した。

クルーズ船が再開 船内は警戒緩めず


累計感染者数535人...新型コロナの封じ込めに成功したといわれる台湾。4月以降、市内感染者ゼロが190日(※10月19日現在)続いており、一部ではあるが生活が戻りつつある。

gaia_20201020_7.jpg
クルーズ船といえば、日本ではダイヤモンド・プリンセス号の新型コロナ集団感染が記憶に新しいが、台湾では、7月に、台湾の中を巡るクルーズ船「エクスプローラードリーム号」のツアーが再開された。通常日本円で約24万円(3人分、2泊3日)がキャンペーン価格で約8万7000円に。台湾在住13年の藤澤潤子さんは、家族でこのツアーに参加。船に乗り込む前には、健康申告書を記入、マスクの着用と手の消毒が求められる。また、船内のレストランに入る前には手洗い、ブッフェスタイルの食事はスタッフが皿に盛り付けるなど、ウイルスに対する警戒は緩めていなかった。

gaia_20201020_6.jpg
また、本来定員3600人のところ、今は1800人に制限。藤澤さん一家は、他の人とあまり接触することなく、プールやシアターでのマジックショーを満喫した。クルーズ船に営業許可を出した政府担当者は、「6月にさまざまな制約が解除され、台湾内の旅行を推進した。台湾でのリスクは低いので、クルーズ船にもチャンスをと思い、再開してもらった」と話す。

中国との関係悪化より市民の安全を優先


なぜ台湾は流行を抑え込むことができたのか...。コロナ対策を主導した中央研究院の特別研究員・陳建仁氏にリモートでインタビューし、その理由を聞いた。

gaia_20201020_5.jpg
陳氏は2016年5月から4年間に渡り、蔡英文総統の右腕として副総統を務めた人物。陳氏は「原因不明の感染症の多くは中国が発生源で、台湾政府は常に警戒してきた。武漢で原因不明の肺炎が流行しているとの情報をネットでいち早く見つけ、すぐに感染防止対策に動き出した」と言う。

gaia_20201020_4.jpg
台湾は2019年12月31日から、中国・武漢からの直行便の検疫を開始。2020年2月6日には、大陸からの入境を禁止した。政治的圧力はなかったのかとの質問に対し、「もちろんあった」と陳氏。「しかし、それを気にしていてはコロナを抑え込むことはできない。中国との関係悪化を気にするより、感染拡大を防ぐことが重要。当局の判断を台湾市民の9割が支持してくれた」と話す。

速やかな対応は、SARSの教訓からだという。2002〜03年に流行し、世界中で多くの死者を出したSARSは、台湾にも多くの被害をもたらした。台北市と中央政府の対立、市の独断による「病院封鎖」が原因で、病院の窓から飛び降りようとする医療関係者も...。この事態の収集を託されたのが、当時、国家科学委員会に所属していた陳氏だった。


gaia_20201020_3.jpg
陳氏は「SARSの経験をもとに法律を改定し、政府の権限を強め、指揮系統を一元化した。感染症対策の制度をひとつひとつ見直し、何をすべきかを洗い出した結果が今の台湾なのだ」と話す。

戻りつつある景気の回復「日本が恋しい」


2月には、閑散として、人がいない夜市の様子を現地のニュース番組が報じていた。その夜市は、今どうなのか。台湾在住3年、現地の食品会社で働く山本真未さんが伝えてくれた。寧夏夜市を訪れると、にぎわいが戻りつつあった。


gaia_20201020_2.jpg
約8割のお客さんがマスクをせず、それは屋台の店員も。店主は、「コロナの影響で売り上げは3割減ったが、今はお客も増え、売り上げも回復してきた。あとは海外からのお客が増えればいいんだけどね」と話す。台湾では3月19日から外国人の入境を制限しているが、その分、地元・台湾の人たちが店に行き、徐々に景気が回復してきているのだ。

台湾在住19年、台北で3軒のお好み焼き店を経営する石村竜勲(たつひろ)さんは、「4月、5月と売り上げがどんどん下がって一番ひどいときは半分近くまで下がった。危ないと思い、どこかの店を閉める考えもあった」と振り返る。しかし6月頃から地元の人たちが再び来るようになり、売り上げがV字回復。「過去最高の売り上げ。20%アップくらい」と笑顔をみせる。客の多くは「いま、日本に行けないからここに来る」と取材に答えてくれた。


gaia_20201020_8.jpg
番組ではこのほか、新型コロナを封じ込めたもう一人のキーマン、中央感染症指揮センターの陳時中指揮官の独占取材や、今なお続く台湾のコロナ対策の厳格なルールや学校の様子、新たに台湾に進出した日系外食チェーンの動向などを伝える。


gaia_20201020_10.jpg
日本では、いつ収束するかわからない新型コロナ。台湾と日本は何が違ったのか...。今晩10時からの「ガイアの夜明け」で放送。どうぞお見逃しなく!

過去の放送が見たい方は、ビジネスオンデマンドへ!

有名医師のアドバイス、医療従事者の声、闘う企業...「新型コロナウイルス」に関する情報はコチラ

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

事実はニュースで、真実はガイアで。松下奈緒がナビゲートする経済ドキュメンタリー番組の決定版。

放送日時:テレビ東京系列 毎週火曜 夜10時

出演者

【案内人】松下奈緒【ナレーター】眞島秀和

人気の記事POPULAR ARTICLE

    カテゴリ一覧