• #
  • トップ
  • ドラマ
  • ラブホで目覚めハッと体を起こすと、隣には犬猿の仲の裸の部長が...

ラブホで目覚めハッと体を起こすと、隣には犬猿の仲の裸の部長が...!?

ドラマ

テレ東

2022.1.11 【ドラマParavi】部長と社畜の恋はもどかしい

「1話から中村ゆりかちゃんのベッドシーンにドキドキ...」「中村ゆりかさんが予想以上にまるちゃんでスゴイ! 今後に期待」と早くも話題! 1月12日(水)深夜0時30分からは、ドラマParavi 「部長と社畜の恋はもどかしい」第2話を放送!

「残業女子×定時男子」仕事のやり方も考え方も全く違う二人が繰り広げる"ムズキュンが過ぎる"オフィスラブコメディー!!

「テレ東プラス」では、第1話の内容をプレイバックする!


会社の営業部に勤める"まるちゃん"こと丸山真由美(中村ゆりか)は、頼られることと仕事に生きがいを感じる残業三昧のOL。寝に帰るだけの部屋は散らかり放題で、部屋に着くとベッドに直行。一日の平均睡眠時間は5.5時間、デスクでランチを済ませる確率100%、繁忙期になると全ての食事をデスクで済ませる。
とにかく仕事が大好き! 忙しくて充実してるし、何より会社の役に立ってると思うと嬉しい。正真正銘、どこに出しても恥ずかしくない社畜だと自覚している。
これは、社畜として生きる一人の女性の姿を通して、現代社会の闇を炙り出す本格的社会派ドラマ...ではなく、現代の働き方にメスを入れ、恋に仕事に頑張る真由美と部長の、ちょっとエッチでちょっともどかしい恋の物語。

第1話「社畜のまるちゃんVS定時上がりの堤司部長」



『オリエント・ホープ』は、ホテルや温浴施設で使われるアメニティグッズの製造・販売をする会社。営業アシスタントの真由美が担当するのは、見積書や契約書などの文書作成のほか、営業職の総合的なサポート。入社7年目、大抵の仕事はスムーズにこなせるようになってきた。しかし...

「さすがまるちゃん、仕事が早いね。この見積も今日中にお願いできるかな?」

「はい、いいですよ」

「この契約書、悪いんだけど今日中にお願い出来る?」

「はい、いいですよ」

「まるちゃん、悪いんだけどこれ今日中」

「丸山さん、悪いんですけどこれ今日中に」

「はい、いいですよ!」

気づけばデスクには "今日中リスト"のメモがズラリ。『悪いけど今日中』、いったいいくつあったっけ?

shachikoi_20220111_01.jpg
そんな真由美の必殺アイテムは、箱買いしているブラックボンバーチョコとブラックコーヒー。一口かじればパワーチャージ全開! 自分の中の戦士が目覚め、猛烈な勢いで仕事が出来るのだ。
そんな真由美と対照的なのが、総務部長の堤司治(竹財輝之助)。仕事の鬼ながら定時に上がることをモットーとし、毎日18時きっかりで終業。一切の無駄を排除して時間内に仕事をこなし、ついたあだ名は"定時部長"。現在は総務部だが、真由美が新入社員の頃は営業部でバリバリ仕事をこなしていた。



時刻は定時の18時を回り、社員たちが続々と帰っていく中、営業部では真由美だけがデスクに残っていた。後輩までもが先に帰り、ムッとするのかと思いきや...残業が始まった真由美はニヤニヤ。「もう一度召還するとしよう。いでよ、私の中の戦士!」と、再びブラックボンバーチョコを食べようとした瞬間、人事部の諫山基(丸山智己)がツカツカとこちらに歩いてきた。

「丸山さん、あなた今月の残業を超過していますよ。今すぐ帰りなさい!」

「は、はい!」

あまりの剣幕にオフィスを飛び出した真由美。今月はまだ大丈夫だと思っていたのに、怒られてしまった。ため息をつくが、だんだん怒りが込み上げてくる。

(なんで定時で帰らなきゃならないの? みんなの為に会社の為に、頑張って働きたいのに...。これって時代の流れってやつ? ライフワークバランスってやつ? 私そんなのいらない)

「ファック、働き方改革!」

思わず声に出しながらエレベーターホールに向かうと、堤司が立っていた。ギョッとして立ち止まる真由美。叫びが聞こえていたのか、堤司はこちらをじろりと一瞥するが、ポーカーフェイスのまま。気まずい空気で同じエレベーターに乗り込む。

(周りがどんなに残業しても、絶対に定時に帰る堤司部長。部長の癖に、部下の為に頑張ろうとかないの? 仕事を代わってやろうとかないの?)

いつの間にか怒りの目で堤司を見つめていた真由美。その視線に気づいた堤司。

「なんだ?」

「いえ別に。今日も定時ですね」

「いや、実に9分50秒も残業した」

「はあ? そんなの残業のうちに入らないし」

「れっきとした残業だ。そして、君の仕事に対する姿勢は根本的に間違っている」

「間違ってる? いったい私の何が」

「君は完全なる社畜だ」

「!」

1階に到着し、さっさと歩いて行く堤司。その背中を見送りながら、真由美は「悪かったですね、社畜で」と悪態をつく。部長は、毎日定時に帰って何をしているのだろう。独身で、家族が待っているわけでもないのに。

「...前はあんな人じゃなかった」

※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。
次のページ部長は、毎日定時に帰って何をしているのか?その全貌が明らかに?

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

【ドラマParavi】部長と社畜の恋はもどかしい

【ドラマParavi】部長と社畜の恋はもどかしい

恋と仕事、大切なのはどっち?残業女子×定時男子 仕事のやり方も考え方も全く違う二人が繰り広げる“ムズキュンが過ぎる“オフィスラブコメディー!!

放送日時:テレビ東京系列 毎週水曜 深夜0時30分

出演者

【主演】中村ゆりか

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧